エンドロールの歌

 さて昨日は何とか最後にまくり倒して、そこまでの目標をクリアして、おつりまでつけた「確変状態な」私。とはいえ、この後の反動は結構、怖い気もしますがという中、今日は火曜日、映画のお話。3枠目の今週は「ドラえもん」、今月はこんなお話です。
(これ、その辺はアンタがきっちりしとったからやで、ミーシャ。)

 現在まで35作ある、映画作品のエンドロール、毎回大物歌手が出てきますが、今年、2015年モデル「のび太の宇宙英雄記」ではmiwaの360°という曲が使用されていますが、歴代のものはこんな方が出ていました。

1980  ドラえもん のび太の恐竜                         大山のぶ代「ポケットの中に」
1981  ドラえもん のび太の宇宙開拓史                   岩渕まこと「心を揺らして」
1982  ドラえもん のび太の大魔境                       岩渕まこと「だからみんなで」
1983  ドラえもん のび太の海底鬼岩城                   岩渕まこと「海はぼくらと」
1984 ドラえもん のび太の魔界大冒険                    小泉今日子「風のマジカル」
1985  ドラえもん のび太の宇宙小戦争                    武田鉄矢「少年期」
1986 ドラえもん のび太と鉄人兵団                      大杉久美子「わたしが不思議」
1987 ドラえもん のび太と竜の騎士                      大山のぶ代「友達だから」
1988  ドラえもん のび太のパラレル西遊記                 堀江美都子「君がいるから」
1989 ドラえもん のび太の日本誕生                      西田敏行「時の旅人」
1990  ドラえもん のび太とアニマル惑星                   武田鉄矢「天までとどけ」
1991  ドラえもん のび太のドラビアンナイト                  白鳥英美子「夢のゆくえ」
1992  ドラえもん のび太と雲の王国                      武田鉄矢「雲が行くのは…。」
1993  ドラえもん のび太とブリキの迷宮                    島崎和歌子「何かいい事きっとある」
1994  ドラえもん のび太と夢幻三剣士                   武田鉄矢一座「世界はグー・チョキ・パー」
1995  ドラえもん のび太の創世日記                      海援隊「さよならに、さよなら」
1996  ドラえもん のび太と銀河超特急                     海援隊「私の中の銀河」
1997  ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記               矢沢永吉「Love is you」
1998  ドラえもん のび太の南海大冒険                    吉川ひなの「ホットミルク」
1999  ドラえもん のび太の宇宙漂流記                     SPEED「季節が行く時」
2000  ドラえもん のび太の太陽王伝説                     由紀さおり・安田祥子「この星のどこかで」
2001  ドラえもん のび太と翼の勇者たち                    知念里奈「Love you close」
2002  ドラえもん のび太とロボット王国                     KONISHIKI「いっしょに歩こう」
2003  ドラえもん のび太とふしぎ風使い                     ゆず「また会える日まで」
2004  ドラえもん のび太のワンニャン時空伝                  島谷ひとみ「YUME日和」
2006  ドラえもん のび太の恐竜2006                      スキマスイッチ「ボクノート」
2007  ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜       mihimaru GT「かけがえのない詩」
2008  ドラえもん のび太と緑の巨人伝                      絢香「手をつなごう」
2009  ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史                    柴咲コウ「大切にするよ」
2010  ドラえもん のび太の人魚大海戦                      青山テルマ「帰る場所」
2011  ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜    BUMP OF CHICKEN「友達の唄」
2012  ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜     福山雅治「生きてる、生きてく」
2013  ドラえもん のび太のひみつ道具博物館                 Perfume「未来のミュージアム」
2014  ドラえもん 新・のび太の大魔境                      Kis-My-Ft2「光のシグナル」
2015 ドラえもん のび太の宇宙英雄記                      miwa「360°」

 第17作『のび太と銀河超特急』(1996年(平成8年))までの主題歌は、1984年(昭和59年)公開の『のび太の魔界大冒険』を除いて武田鉄矢が作詞。絵コンテを読んで作詞し、その詞に合う曲を作れる人に曲を依頼するという流れで制作されていました。歌い手は初期の作品は岩渕まことでしたが、1990年代以降は殆どの楽曲を武田鉄矢あるいは1994年に復活した海援隊が担当しました。武田本人が一番気に入っていると認め、藤子・F・不二雄も気に入っていた曲は第6作「のび太の宇宙小戦争」(1985年(昭和60年))に登場した『少年期』です。藤子・F・不二雄の死去後、武田は「藤子先生が亡くなった今、僕はドラえもんの映画の作詞を引退します」と宣言し、勇退します。以降は毎回違った作詞家・作曲家が担当しています。ただし、第30作『のび太の人魚大海戦』(2010年(平成22年))では映画30周年を記念して、再び武田が挿入歌の作詞・歌を担当しました。映画シリーズの主題歌を請け負ったことのある団体や個人としては、ウィーン少年合唱団・矢沢永吉・SPEED・スキマスイッチ・青山テルマ・福山雅治などが知られています。また、小泉今日子・西田敏行・島崎和歌子・吉川ひなの・柴咲コウといった公開当時にアイドルや俳優として活躍していた芸能人もやったことがあります。なお第24作『のび太とふしぎ風使い』(2003年(平成15年))、第25作『のび太のワンニャン時空伝』(2004年(平成16年))では公開当時のテレビ版のエンディングを使用していました。(ちなみにオープニングはテレビ版と同じものです。現在のものはmaoの「夢をかなえてドラえもん」です。(2008年(平成20年)~))

 私もほとんどのものは聴いたことがありますが、一番良かったのは「少年期」(武田鉄矢、第6作「のび太の宇宙小戦争」(1985年(昭和60年)))、「さよならに、さよなら」(第16作「のび太の創世日記」(1995年(平成7年)))の2つかと思います。最近のはどうも軽~い気がしまして…。

 ということで今日のお話はここまで。国民的に注目されるネタですんで、その知名度も結構なものです。来年、2016年モデルは誰がやるのか?私もちょっと気になる所です。
(これ、ええ年して映画館で見てんやないんよ。というてもレンタルとかも人様の目があるからね~。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム