親子2代の「あと少し」

 さてく昨日はお仕事、車の慣らしも兼ねて車で通勤したことが、職場で大騒ぎ、「ミーシャ、見せびらかしてんじゃない?」とか言われている「傷心の」私。今日は木曜日、テニスのお話。2枠目の今週は「選手」、こんな選手のお話です。
(これ、そんな言うても「見せびらかしてる」のはホントの話やないの、ミーシャ?)

helena-sukova-05109299_convert_20150212071516.jpg

 今月はこの方。1980年代のダブルスの名選手、長身から繰り出されるサーブとネットプレーで有名でしたヘレナ・スコバ(Helena Suková チェコスロバキア(現チェコ))という選手です。1965年2月23日、チェコスロバキア、プラハ生まれ、両親、そして実弟もテニス選手という「テニス一家」に生まれた彼女は1981年にプロ入り、共産圏であるチェコスロバキアにおいては父親がチェコスロバキア・テニス協会の会長という要職、母親も代表チームの監督ということで、国の援助を受けてスルスルとキャリアを積み重ねていきました。

 そして迎えた1984年、このお話の中でも書きましたが、彼女は4大メジャーの最終戦、オーストラリアン・オープンの準決勝、年間グランドスラム間違いなしと言われたナブロチロワ相手に逆転勝ちして一気にその名前を知らしめることになります。ただ、これが災いしたのか、その後もスコバは4大メジャーのシングルスでは運に恵まれず、1989年はオーウトラリアン・オープンで2度目、1993年はUSオープンで2度目の準優勝に終わります。後の2回は、決勝で敗れた相手はシュテフィ・グラフでした。この2人は、1983年夏の初対戦ではスコバが勝利しましたが、その後はグラフの21連勝で終わっています。スコバはWTAツアーのシングルスでは「10勝」(ここで2ケタの勝ち星にこだわったというわけではありません。)をあげていますが、ダブルスの名手としてよく知られ、ツアー通算「68勝」を挙げました。4大メジャーでも女子ダブルスでは9勝、混合ダブルスでは5勝を記録しています。1990年にスコバは同じチェコのヤナ・ノボトナとペアを組み、4大メジャーダブルス3連勝を記録したが、USオープンの女子ダブルス決勝で敗れ、1984年のマルチナ・ナブラチロワ&パム・シュライバー組以来の「ダブルス年間グランドスラム」を逸しています。

 そんな「あと少し」の彼女にも、年齢的な衰えが訪れ、1995年のウィンブルドンではシングルス2回戦で日本の神尾米に敗れてしまう。1998年7月に33歳で現役を引退しました。引退後は心理学者、チェコでのテニスの普及そして、モナコにあるスポーツ・チャリティ財団「ピース・アンド・スポーツ」のメンバーにもなっています。

 またスコバ家はマルチナ・ナブラチロワと深い関係があり、母親ベラはチェコスロバキアのテニスの指導を通じてナブラチロワと知り合い、彼女のプロでのキャリアの最初に深く関与した人物です。1975年、ナブラチロワがアメリカへ亡命した際、当初、「(亡命のうわさがある)ナブラチロワをチェコスロバキアから出国させることは認められない」という当局の判断を、「(当時のランキング上位選手である)ナブラチロワをUSオープンに出さなければ、チェコスロバキアという国自体が笑いものになる。」という事で政府上層部を動かしたのはこの母親ベラでした。結局、ナブラチロワはこの時にアメリカへ亡命するわけですが、その際の説得に行ったのもこの人でした。このあたりの件はナブラチロワの自叙伝『ナブラチロワ』(原題「Being Myself」)にも書かれていますが、ニューヨークのホテルでナブラチロワ、アメリカでの身元保証人、ベラ、そして大使館の職員の4人で会談したものの、結果は変わらず、ナブラチロワはアメリカへ亡命しました。その管理責任を問われることになったベラは、その7年後、脳しゅようのため、娘のヘレナの成長を見ることなく50歳で亡くなりました。

 ということで今日はお休みですが、今週から始まった、自宅マンションの修繕工事のため、ベランダの片づけその他、今日もドタバタとしそうです。
(これ、ちゃ~んと段取りしとかんといかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム