変えるもの

 さて今日は雨が降った一日。そんな中、新車の段取りをあれこれと算段している中でお仕事もドタバタの私。今日は火曜日、映画のお話。1枠目の今週は「ボンド」、その「変える」から今月はこんなお話です。
(ま~た、うまい事持っていくわけでしょ、ミーシャ?)

 ボンドの中でもたまに出てくる「変換装置」、色々なものを変えていますが、例えば、こんなものが…。

voice-changer-machine001_convert_20150106213422.jpg

(1)電話の音声変換装置
第7作「ダイヤモンドは永遠に」(1971年)に登場します。声を別人のものに変換してブロフェルドを欺く物で、元々は、Qが前年のクリスマスに子供に作ってやったものです。

atac-communicator_main_convert_20150106213319.jpg

(2)ATAC(Automatic Targeting Attack Communicator)
第12作「ユア・アイズ・オンリー」(1981年)に登場します。「自動目標攻撃発信機」と日本語では訳されますが、何のことかと言うと潜水艦から発射される弾道ミサイル(SLBM submarines to launch ballistic missiles)を超低周波(間違っても肩こりの治療で使うものではありません。)でコントロールするためのものです。アルバニア沖に沈んだこの装置を巡って、ボンドはこれを巡って、ソ連の関係者と争います。

goldeneye-satellite_main_convert_20150106213341.jpg

(3)ゴールデンアイ
第17作「ゴールデンアイ」(1995年)に登場します。2つの衛星、ペチャとミーシャ(決して、私のことではありません。)からなる旧ソ連の衛星兵器。ロシアとキューバに制御センターがあり、核攻撃に対する報復用のもので、電磁パルスを発射し、あらゆる電子機器を使用不能にします。イギリスはその存在を「たぶんガセでしょ?」ということでナメてかかっていましたが、実際にホントに使用してしまいました。ただ、全然関係ないお話ですが、この映画は中盤に出てくる「戦車で街中を破壊しながら追っかけっこ」が一番笑えるんですが…。

gps-encoder001_convert_20150106213358.jpg

(4)GPSエンコーダー
第18作「トゥモロー・ネバー・ダイ」(1997年)に登場します。 今や欠かせない存在になった「グローバル・ポジショニング・システム(Global Positioning System, GPS, 全地球測位網)」は複数の衛星からの電波の受信時間の差を基に位置をはじき出しますが、これをいじることで実際の位置とのズレを生じさせるものです。映画の中では偽のGPS電波でイギリス海軍の軍艦デヴォンシャー号を中華人民共和国の領海におびき寄せた上に、デヴォンシャー号と中国人民解放軍のミグ戦闘機を自らが所有するステルス艦によって撃沈、撃墜し、さらに情報操作で両国間の戦争を演出し大きな利益を得る計画のために使用されています。

 ということで今日のお話はここまで。マッサンの歌も2番になりました。年も改まりまして、そろそろ私も変わる時期です。新車の件はちょっと気になりますが、納車の日が決まらんと動かないわけで、ちょっとドタバタとしそうです。
(ほれ、ミーシャ。ちゃ~んとすることしとかんといかんよ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム