Mの意味

 さてお正月休みも今日でおしまい、そんな中で昨日は雪も消え、初詣に行った「信心深い」私。今日は日曜日、ミニカーのお話、1枠目の今週は「市販車」、今月はこんな車のお話です。
(これ、アンタもず~っと飲んでばっかりではいかんよ、ミーシャ。)

P1010373_convert_20150104055809.jpg

P1010374_convert_20150104055837.jpg

 今月はこちら。去年の1月にご紹介した「456」(1992年)のマイナー・チェンジ版、「456M GT/GTA」(1998年)です。この「M」はイタリア語で改良を意味するmodificato(英語ではmodification)を表します。(決して「masohistic(マゾヒスティック)」というわけではありません。)デザインは奥山清行が手がけています。前後のバンパー形状が変更されフォグランプが丸くなった他、ボンネットがカーボン製(ということは、結構高いわけですね。)に変更されヘッドライト後部のエアダクトが廃されたこともあり、456よりも丸みを帯びた印象を与えるぐらいですが、ASRと呼ばれる「トラクション・コントロール・システム」が標準で付いたのはこのモデルが初めてです。

 内装も456では同時期の348やF355に通じる角張った印象を与える内装でしたが、456Mでは空調の吹き出し口が丸いものに変更され、550マラネロや、その後の360モデナに共通した丸みを帯びたデザインに改められています。樹脂部品は塗装が経年で痛む例が多いが、これはフェラーリに限らず同時期の欧州車では多く見られた現象です。なお、2000年代初頭にコノリーが自動車用の皮革事業から撤退したために、456/456Mはコノリー製の内装を持つ最後の4座フェラーリとなりました。

 ミニカーはサンクスのフェラーリ(3)(2007年)から、そしてお楽しみの「諸元」はこちら。

車名          456M GT/456M GTA

デビュー        1998年
製造          1998年~2004年
全長          4763mm
全高          1300mm
全幅          1920mm
ホイール・ベース    2600mm
トレッド(前)     1585mm
    (後)     1606mm
車重          1690kg(AT 1770kg)

エンジン        フェラーリ ティーポF116B
形式          水冷レシプロ V型12気筒 DOHC4バルブ
総排気量        5473.9cc
ボア×ストローク    Φ88×75.0(mm)
Vバンク角       65度
最大出力        442馬力/6,250rpm
最大トルク       56.0kg-m/4,500rpm
圧縮比         10.6
燃料噴射システム    ボッシュ社製 モトロニック M5.2 電子制御
点火システム      マニュエッティ・マレッリ社製 電子制御

駆動方式        後輪駆動方式(FR)
変速機         前進6速 マニュアル縦置き(+後退1速)/
            前進4速 オートマチック縦置き(+後退1速)
差動システム      リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        アルミチューブ・スペース・フレーム
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式 
       (後)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式
ブレーキ   (前)  ベンチレーテッド・ディスク
       (後)  ベンチレーテッド・ディスク
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン (パワー・ステアリング)
タイヤ+ホイール(前) 8.5J×17+255/45ZR17
        (後) 10.5J×17+285/40ZR17
燃料タンク容量     110リットル

ボディ・スタイル    2ドア・ベルリネッタ
乗車定員        2名+2名

 そして全然関係ないお話ですが、ウチとこの今年の年賀状はこちら。

P1020060.jpg

 子供時分は父親が木版で刷っていました。歴代モデルの総選挙をやった中での1位の1991年モデル、同じ未年のものをデジタル・リマスター仕様で完全復刻したものです。12年前にも登場しましたが、このときは若干色が違います。今回は当時のままを再現しています。ただ、使った版が若干黄ばんでいるため、その分も出てしまっているのはお約束ですが…。

 ということで今日のお話はここまで。皆さんも今年も一年、頑張りましょということで、今日のところはここまでに…。
(これ、ミーシャ。「歴代モデルの総選挙」なんてどこでやっとったんかな?それにそのネタはパパがひっちゃきでやっとったやつやから、そんなんパクったら怒られるよ、全くもう!!)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム