記録の記憶

 さてお外は昨日から降った雪が残り、そんな中でワインを開けながら、テレビの格付けチェックを見ていた「映す価値なし」の私。100万円のワインと5000円のワインというお話ですが、今日日5000円のワインでも、大したもんですよという中、今日は金曜日、テニスのお話。今週は「番外」ということで、こんなお話です。
(ほいでまぁ、今日はどんなマニアックなお話なんかな、ミーシャ?)

 もうすぐ2015年シーズンも始まりますが、今日はそんなところから「連勝記録」「年間最多勝記録」について語ってみたいと思います。この連勝というものは1人勝ちの時によく出るわけですが、最近では分散するせいか、あまり出なくなりました。男子のATPツアーでは1984年、ジョン・マッケンロー(アメリカ)がやった42連勝、2位は2011年にノヴァク・ジョコヴィッチ(セルビア)がやった41です。女子のWTAツアーでは1983~84年にマルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)がやった74,2位は1989~90年にシュテフィ・グラフ(当時 西ドイツ)がやった66です。

 一方、年間最多勝、最多勝率でいうと、これは最近の大会の数が多くなったということで、最近の選手のほうが有利になります。単純に試合数からいうと、1位はフェデラーの92勝(2006年)、2位はマッケンローの82勝(1984年)です。ただし、勝率はこの2人が逆転しまして、1位はマッケンローの82勝3敗(0.965 1984年)、2位がフェデラーの81勝4敗(0.953 2005年)です。女子は同率1位、ナブラチロワとグラフが86勝(1984年/89年)を叩き出しています。しかし勝率はといいますと、1位はナブラチロワの86勝1敗(0.9885 1983年)(この1敗さえなければ、年間無敗どころか年間グランドスラム、最多連勝記録も74では収まりついてません。)、2位はグラフの86勝2敗(0.977 1989年)(これもまた然り、彼女の場合、2年連続年間グランドスラムという今後、まず出ない記録がかかっていました。)

 ということで今日のお話はここまで。今年もまた、どんな記録が生まれるのか?記録はいつか破られるものですが、その瞬間を楽しみにしていましょということで、今日はテレビでとんねるずのテニスを見ることにします。
(これ、さっさと朝ごはん食べてしまいや、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム