増殖したもの

 さて実家からの2日目、昨日は紅白を見ながらウツラウツラ。しかし「年越しそば」のダシがごっつい濃いことにちと首をひねる中、今年も早起きさんでこのお話を書いている「トチ狂った」私。新年あけましておめでとうございます。今日は木曜日、ミニカーのお話。今週は「番外」ということで、去年1年間でここまで増殖しましたっていうお話です。
(これ、アンタもまぁ、よ~続くもんやね、ミーシャ。)

P1020048.jpg

P1020057_convert_20150103065036.jpg

 基本的に増え続けるものなわけで、そこでかなり絞る分を絞る必要があります。私の場合、64サイズのみ、これ以外は手を出すことはまずありません。その中で、去年は新たに手を出した「トヨタ」、ピンクのクラウンから始まったお話ですが、以前のものを探し出して、12台押し込み、フェラーリ(その10)の新ネタ2台と合わせて、もうほぼ満杯のところまで来ました。多少つめれば、まだ入ることは入るんですが…。(しかし、どう考えても右上1/4は、無理やり度がありありなわけですが・・・。)さらにはこのお隣には「バス」の車庫が新たに置いています。

 実家のF1もティレルの8台が増え、「次来たら、どうしましょ?」という状態です。フェラーリはまだ多少枠はありますが、余っているケースをこっちへ回さんといかんかなと思う次第です。去年のラスト、「今年はこうなる、大予想」で、F1はウィリアムズと予想していますが、その対抗にはフェラーリ(その4)、出たら面白いような気もしますが、出そうなところでこんなところを…。

 F2012(2012年) 段付きノーズがカッコ悪~いと言ってました。
 150°イタリア(2011年) 名前がフォードからケチがつきました。
 F300(1998年)  一度出ていますが、イモラでやった「タワーウイング仕様」なんてのを・・・。
 641(1990年)   /2のほうが有名ですが、FIATのロゴが青地に白抜きではなく、赤地に白抜きのものです。
 639(1988年)   V12エンジンのテスト用に作った車。1988年シーズンに投入される予定でしたが・・・。
 156/85(1985年)最も世界チャンピオンに近づいたモデル。
 126C3(1983年)  フェラーリとしては初めてカーボン・モノコックを採用しました。
 312T5(1980年) 名車312Tシリーズの最終型、しかしある意味「ロッキー」な部分もありました。
 312B3(1973年) ラッセル車ノーズなんてやったら、結構ウケそうですが・・・。

 ということで今年はウチとこの車も「新車」になります。ということで、今日のお話はここまで。今年も「収集」は続くんですが、「収拾」に悩むところで、今年も始まりました。みなさんにとっても良い1年になりますように…。
(まぁせやけど、アンタとパパとお兄ちゃんとでかき集めたのは知ってるけどね、ママがごっつい怒っとってやったよ。「これ以上増えたら、燃えないゴミの日にみんな出す!」って、私ももう抑えきれんから、あとはママとお話しときね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム