ビールの球場

 さて今日この時間にも、このブログは「拍手」責めにあっている「ホメ殺しの」私。何のことかと言うと、閲覧者の数は増えてないのに、拍手の数だけがやたらと尋常じゃない域まで増えているんですが、そんな中で今日はお仕事のせいでプールに行けなかったんで、順番入れ替えまして「巨大建造物」のお話。1枠目の今週は「野球場」、そんな時にちょっと落ち着くべく飲みたいビールから、こんな球場のお話です。
(確かに、アンタの文章がそんなにウケるとは考えにくいんよね~。せやけど、ちょっと不安なのはようわかるんやわ、ミーシャ。)

buschstadiumaerial_convert_20141201212527.jpg

Busch_Stadium_Panorama_Crop.jpg

 今月はこちら。アメリカ、ミズーリ州セントルイスにある「ブッシュ・スタジアム」(Busch Stadium)です。メジャーリーグ、セントルイス・カージナルスの本拠地です。レンガと鉄骨を使用した典型的な新古典主義の球場。外野が大きく開けているため、セントルイスのシンボルであるゲートウェイ・アーチやダウンタウンが見渡せます。2006年に開場しました。センター121.9m、左右102mの44000人収容の天然芝の球場です。

 このカージナルス、元々観客動員力の高いチームですが、2014年の観客動員数は354万人でMLB全体でも2位。2007年には動員率(1試合あたりの観客数/球場定員)99.7%という圧倒的な数字を残したこともあります。 (メジャーで最もチケットが高額で入手困難といわれるボストン・レッドソックス(2015年シーズンは外野席で136ドル(日本円で約15000円、1ドルは108円で計算します。)、一番高い内野ダッグアウト裏で3400ドル(同じく36万円強)です。)でさえ、2007年の動員率は94.5%でした。)

 そして、このスタジアムの名前「ブッシュ・スタジアム」の名前の由来は、飛行機の窓から落としたガラスの瓶を拾った原住民がそれを捨てに行くネタではなく、1953年から1996年まで、地元企業でもあるアンハイザー・ブッシュ社(バドワイザーの製造元です。)がオーナー企業でした。(現在はスポンサー)ブッシュ社の会長だったオーガスト・ブッシュは長年に渡ってオーナーを務め、辣腕を振るいました。カージナルスの黄金時代を築いた功労者として1985年に永久欠番「85番」に指定されています。

 ということで今日のお話はここまで。明日はフェラーリの納車ですが、今回もまたもやピン・ショットになるため、お仕事同様、頭を悩ませそうです。
(これ、そこで「悩み多き年頃なんです。」とか言うつもりやないやろね、アンタがやりそうなネタはみんなバレてんやから、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム