イギリストーストの亜流

 さて今日はお仕事終わって、真面目にプールで2000mほど泳いで、よく考えると今週はこの1年のこのウケないブログの総括をしなくてはいけないことに気付いた「間抜けな」私。今日はその都合、ラストのグルメのお話。3枠目の今週は「ご当地グルメ」、今月はこんな時に食べたい、こんなお話です。
(これ、アンタもよ~続くもんやね、ミーシャ。)

594fb292d3b62901e9d37158bb37fe897f2d93fb.jpg

b2369eaa.jpg

 青森県にあるとあるパン製造会社、「工藤パン」(地元では『くんどパン』と呼ぶらしいんです。)、ここのドル箱に「イギリストースト」なるものがあります。工藤パンの看板を背負って立つ超ロングセラー。マーガリンとグラニュー糖の絶妙なハーモニーが格別です。 マーガリンとグラニュー糖がサンドされてあるのみで、砂糖のじゃりじゃりした食感とマーガリンとパンの相性が申し分ない。ズバリで飛び上がるほどおいしいわけではないんですけど、おやつに土曜のお昼にと当たり前のように出てくるだけあり、帰省すると必ず食べてしまうという方は多数いてはります。しかも、裏の表示を見ると、450kcalを超え、かなりのハイファットフードだということがわかったんです。普通に部活をやっていた学生時代はよかったが、大人になって食べ過ぎると結構危険なわけです。

B16WHLcCcAAPG7Y.jpg

 またこれをなぜ「イギリス」と呼ぶかですが、「山型食パン」を「イギリスパン」と呼ぶことからこの名が付きました。またこの分はちゃんとイギリス大使館に使用許可を取ってあるため、パッケージにもユニオン・ジャックが描かれています。ところがところが、これが「ヒミツのケンミンshow」で紹介されると調子こいたか、「「イギリスフレンチトースト」とかいうわけのわからん物が登場しました。本家のイギリストーストはマーガリンとグラニュー糖味なのに対し、フレンチらしくカスタードクリームがサンドされているらしいんです。(普通のフレンチトーストとは卵と砂糖と牛乳の混ざったものにパンをひたして、それを焼いたものです。)

 ということで今日のお話はここまで。私もこのパンはちょっと食べてみたいなとか思うんですが、いかんせん超カロリーなものでして、ちょっと悩む次第です。
(これ、アンタは酒飲みのくせにこんな甘いものも好きって、普通そんな人いてへんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム