FC2ブログ

サーブの位置

 さて今日も暑い、暑い。とはいえそろそろガソリンが切れそうになっている「ガス欠の」私。そして愛するタイガースはただいま、ドラちゃんをシバキ倒しているものの、その裏ではけしからん某全国紙も勝っているんで、さてどうなる?という中、今日は木曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、以前にやったような気もしますが、今月はこんなお話です。
(アンタのガソリンはブドウから作ってんやろ、ミーシャ。)
(うん、「ロマネ・コンティ」とか「シャトー・マルゴー」とか言うブランドが付いてるんだよ、お姉ちゃん。)


 テニスのサーブ、レシーブは立つ位置を変えるというお話を以前にやったことがあるかと思いますが、サーブでも立つ位置を変えます。基本的にはセンターマークから両方のサイドラインの間から打てば、どこから打ってもいいわけですが、人によって、またやる中身によって、立つ位置が真ん中の方に立つ人、あるいは端っこの方に立つ人と色々あります。それぞれの理由を解説しますと…。

(センター)大島でも指原でもなく、コートの真ん中のセンターマーク付近に立ちます。ここからであれば、両サイドを狙うよりもセンターを狙う方が狙いやすいんです。(特にデュース・サイド(右側)、ここからセンターであればレシーブが右利きの場合、バックハンド側になります。ましてやネットが低いこともあって、ここへフラットを打つ方は多数います。)短所としては、コースの振り幅に乏しい事、またコート・カバーリングの都合、シングルスではほとんどこのパターンです。

(端っこ)イジけているのではなく、コートの端っこ、サイドライン付近に立ちます。、ここからであれば、むしろ両サイドを狙う方が(意外と)狙いやすくなります。球種としてはスライス、スピンなど回転系のサーブの方が使いやすくなります。短所としては、端っこに寄る分、コート・カバーリングに難が出る事、そのため、コースを相方の存在で消すことのできるダブルスでよく使われます。(また、その方が自分とこの相方のカバーがしやすいんです。)

 とはいえ、相手にしてみたら「あれ、立ち位置を変えた」って思いますわね。 実はそれが狙いです。 相手は「これが来るかも?」と 考えるのです。 何にしも相手に何かを考えさせることが重要です。 その中で反応が遅れてミスになったとか言う例は多々あります。そしてその考えの逆を付けば、ポイントに結びつくわけです。 だから コースが相手に読まれることをあまり気にしなくてもいいと思います。 コースが読まれていることを 利用するくらいの気持ちでプレーをするメンタリティーを目指してください。大事なのはコースを読むことではなく、最終的に「相手からポイントを取る」ことですから。(とはいえ、あまり合わせられ続けていると、サーブ側は「おや?」、レシーブ側は「イケんじゃない!」とか思いあがって、えらいことになる例は多々あります。)

 ということで今日のお話はここまで。週末はビヤガーデン2連チャンです。ということで今日も真面目に書いたお話がだ~れも読まないのは「?」と思う次第です。
(これ、それこそ「自業自得」というんよ、ミーシャ。)


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム