6と8

さて昨日は大豪雨の中でお仕事。しかしその中でさっさと決着をつけて、ただいま実家に来ている「寄生虫の」私。とはいえ、お部屋のこぐまはちょっと別のお部屋でおりこうさんにという中、今日は日曜日、ミニカーのお話。2枠目の今週は「F1」。今週はこんなお話です。
(これ、パパもママも言うとったよ、「あの子が来ると、冷蔵庫の中身が恐ろしいペースで減るからかなんのよ。」ってね、ミーシャ。)

P1000650_convert_20140807205302.jpg

今月はこちら。FR時代のF1としては最後、「246 F1」(1958年)です。後々に「248 F1」というモデルは登場します(2006年)が、今回のモデルとは「F1」という以外は全く共通点はありません。この年から、レギュレーション改訂によりアルコール燃料の使用が禁止され、航空機用ガソリン燃料(Avgas)の使用が義務付けられました。また、決勝レースの最低走行距離が 500Kmから300Kmに短縮され、燃料タンクが小さいコンパクトなマシン作りが可能になりました。フェラーリはこれらの変更への対応策として、F2用に開発したV型6気筒1500ccエンジン「ディーノ」をスケールアップする方法を選びましだ。オリジナルのディーノF2プロジェクトが立ち上がるのとほぼ同時に、F1プロジェクトもそこから派生しました。古い4気筒ユニットや、ランチアから派生した8気筒エンジンより軽量かつパワフルな新型エンジンが早急に求められていたのです。65度V6、DOHCヘッド、デュアルイグニッションなどの基本レイアウトは、このマシンのもとになったF2ユニットと同じで、F1ボディに搭載するための小さな変更点が若干あったに過ぎません。(ちなみに偶然かどうかはわかりませんが、1989年に復活したV12エンジンのバンク角は65度でした。)

6気筒2400ccを意味する246がサーキットデビューを果たしたのは1958年1月のアルゼンチンGPでした。そしてこのマシンはマイク・ホーソーンをワールドタイトルへと導きます。しかしこの年は成功だけでなく、悲劇ももたらしました。フェラーリはドライバーズタイトルを取り戻すが、シーズン中にドライバーを2人、事故で亡くしました。シルバーストーンでルイジ・ムッソが、ニュルブルクリンクでピーター・コリンズが命を落としたのです。勝利数は、フランスでホーソーンが挙げた1勝と、コリンズがイギリスで挙げた1勝、計2勝にとどまりました。最大のライバルはスターリング・モス駆るヴァン・ハールじゃなかったヴァンウォールで、同チームはこの年初めて制定されたコンストラクターズ・タイトルを獲得しました。

ミニカーはダイドーのもの(2004年)、それを多少の修正が入っています。そして「ためになる」諸元はこんなものです。

車名          246F1

デビュー        1958年
全長          4030mm
全高           980mm
全幅          1500mm
ホイール・ベース    2160mm
トレッド(前)     1240mm
    (後)     1240mm
車重           560kg(燃料、ドライバー含む)

エンジン        フェラーリ ティーポ
形式          水冷レシプロ V型6気筒 DOHC2バルブ
総排気量        2417.337cc
ボア×ストローク    85×71(mm)
Vバンク角       65度
最大出力        280馬力/8,500rpm
圧縮比         9.8
燃料噴射システム    ウェーバー社製
点火システム      マニュエッティ・マレッリ社製
燃料          シェル
オイル         シェル

駆動方式        後輪駆動方式(FR)
変速機         前進4速 マニュアル縦置き(+後退1速)
差動システム      ZF社製 リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        鋼管スペース・フレーム
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式
       (後)  独立懸架 ド・ディオン式 板バネ
ブレーキ        4輪ドラム
ステアリング      ウォーム・アンド・セクター
タイヤ         エングルベール F1
ホイール        16インチ
燃料タンク容量     160リットル

デザイナー       ヴィットリオ・ヤーノ/カルロ・キティ
ドライバー       マイク・ホーソン/ピーター・コリンズ

 ということで今日のお話はここまで。台風がどうなるのか、まだまだ「トロい」足を引きずる中で、今日はおうちに帰るわけですが、ちょっと気になる次第です。
(これ、あんまし出歩いたらいかんよ。ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム