戻ってきたプロトタイプ

♪馬も~肥~え~て~ 太る 馬脚~をあらわし 苦~しげに~ 沈~む 重い脚~が~ 鳴~る~は~ 警告ランプよ~、讃え~よ 馬鹿力~ い~ざ~ゆ~け~ 遥かかなたの上~り坂を~♪(藤山一郎の「丘を越えて」のメロディでどうぞ、わからん方は明日のNHKのカーネーションの再放送を見てください。)さて最近、タイガースはどうなのよという部分がやや消えつつある中、このお話を書いている「日焼けの跡がお恥ずな」私。脚に小学生みたいな焼跡が付いてしまいまして、それを消すために「日サロ」(決して「アルサロ」ではありません。また今日が日曜日だからといって、日曜日にお茶を飲みに行くわけでもありません。)も考えんとと思う中、今日は日曜日、ミニカーのお話。本来の枠に戻りまして、1枠目の今週は「市販車」。公道を走ることはできませんが、こんな車のお話です。
(これ、アンタどんな日焼けをしたんよ、ミーシャ。それにその曲で無理やりフルコーラスかましてんやないんよ、こら!)

P1010361_convert_20140706052655.jpg

P1010362_convert_20140706052715.jpg

 今月はこちら。プロトタイプレーシングカーを投入するのは、1973年の312PB以来、21年ぶりに製造された「333SP」(1994年)です。ステアリング・メーカー「MOMO」の社長であり、現役レーサーでもあるジャンピエロ・モレッティが、フェラーリ副社長のピエロ・ラルディ・フェラーリ(当時)に提案したことからこの企画は始まりました。自分のクルマでレースを楽しんで欲しい、そんなフェラーリの新たな決意をかたちに表したモデルです。アメリカのIMSA選手権が1994年から生産エンジンをベースにしたWSCクラスが創設される機会にあわせて開発されました。ただ、活動はフェラーリ自身のワークス参戦ではなく、プライベーターへの供給・サポートという方法で行われました。

 車名「333」の由来は、エンジン1気筒あたりの排気量 (333.09cc) から。パワフルなエンジンと最新技術を活かしたシャシーが功を奏し、333SPは2000年まで長い現役生活に恵まれ、世界中のサーキットで数々の勝利を重ねました。その中には依頼者、モレッティの引退レースとなった1998年のデイトナ24時間も含まれています。

 ミニカーはサンクスのフェラーリ(その6)(2009年)から、そしてお約束の諸元はこんなものです。

車名          333SP

デビュー        1994年
製造          1994年
全長          4569mm
全高          1025mm
全幅          2000mm
ホイール・ベース    2750mm
トレッド(前)     1660mm
    (後)     1572mm
車重           862kg

エンジン        フェラーリ ティーポF129B
形式          水冷レシプロ V型12気筒 DOHC5バルブ
総排気量        3997cc
ボア×ストローク    Φ85×58.7(mm)
Vバンク角       65度
最大出力        600馬力/11,000rpm
最大トルク       36.7kg-m/5,800rpm
圧縮比         11.0
燃料噴射システム    ボッシュ社製 モトロニックM5.2 電子制御
点火システム      マニュエッティ・マレッリ社製 電子制御

駆動方式        後輪駆動方式(MR)
変速機         前進5速 マニュアル横置き(+後退1速)
差動システム      リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        鋼管スペース・フレーム
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式 
       (後)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式
ブレーキ   (前)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
       (後)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ+ホイール(前) 7.5J×18+225/40ZR18
        (後) 10.0J×18+265/40ZR18
燃料タンク容量     88リットル

ボディ・スタイル    オープン・ベルリネッタ
乗車定員        1名

 ということで今日のお話はここまで。今日もあれこれとドタバタですが、ちょっとは楽したいなとか思う次第です。
(これ、ミーシャ。何やの、今日の文章は、全くもう、訳の分からんことば~っかり書くんやから!)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム