始まるよ。

 さてここにきて、お仕事はちょっと上向いてきたかなと思う中、何だかんだと前の所属は「私がいたことのありがたさ」を実感しているだろうと思うカン違いの果ての私。今日は火曜日、映画のお話。3枠目の今週は「ドラえもん」、このブラジルという所に引っかける所はないんですが、始まりということで、こんなお話です。
(これ、そういうのを「自意識過剰」というんやけどね、ミーシャ。)

 最初のオープニング・クレジットの部分は歴代のもので4種類あります。
(1)「ぼく、ドラえもん」  大山のぶ代がだみ声と共に、ブチ上げる名曲。元々の番組のオープニングと同じ曲で、第1作「のび太の恐竜」(1980年(昭和55年))と第2作「のび太の宇宙開拓史」(1981年(昭和56年))のオープニングとして使用されました。また、第3作「のび太の大魔境」(1982年(昭和57年))の予告でも使用されていました。さらに第5作「のび太の魔界大冒険」(1984年(昭和59年))ではジャイアンが「おれはジャイアンさまだ」と平行して歌っています。他にも第17作「のび太と銀河超特急」(1996年(平成8年))でも挿入歌的に使われていました。

(2)「ドラえもんのうた」 ある程度以上の年齢の方なら、「これぞオープニング」というべき曲です。第3作「のび太の大魔境」から第25作「のび太のワンニャン時空伝」(2004年(平成16年))まで使用されていました。とはいえその中でも色々ありまして…。
a)大杉久美子版 初代のテレビ版のメイン・テーマ(1979年から1992年10月までの13年半で使用しています。)
b)山野さと子版  2代目のもの(2002年9月まで使用)、第10作「のび太の日本誕生」(1989年(平成元年))から登場しました。演奏や楽器のバランスが変わったために曲の印象は異なります。ごくわずかにテンポが遅くなり、軽快なオリジナルと比較してやや落ち着いた曲調になりました。
c)吉川ひなの版  第19作『のび太の南海大冒険』(1998年(平成10年))のオープニング主題歌として使用されました。歌はエンディングもやった吉川ひなのによるものです。音程をオリジナルから長2度下げ、ハ長調に修正してあります。(原盤はニ長調(#2つ)です。)
d)ウィーン少年合唱団版 第21作『のび太の太陽王伝説』(2000年(平成12年))のオープニング主題歌として使用されました。編曲は山下康介、編曲監修とピアノ演奏は山下が師事する羽田健太郎(「渡る世間は鬼ばかり」のピアノの方です。)によるものです。ウィーン少年合唱団による歌が話題となりました。音程をオリジナルから短3度上げ、ヘ長調(♭1つ)に修正してあります。

(3)「ハグしちゃお」 夏川りみがやっていたもの(「涙そうそう」だけではありません。)、第26作「のび太の恐竜 2006」(2006年(平成18年))と第27作「のび太の新・魔界大冒険 ~7人の魔法使い~」(2007年(平成19年))に採用されています。テレビ版のオープニングが変わったのは初めて、2005年の声優陣の交替からこの分も変わりました。テレビ版では2005年1月から2007年5月まで使用しています。

(4)「夢をかなえてドラえもん」 maoがやっている現在のもの。第28作「のび太と緑の巨人伝」(2008年(平成20年))から採用されています。大山のぶ代ら声優陣によるアニメ第2作第1期で長年使われていた「ドラえもんのうた」と同様、歌詞にひみつ道具の名称が織り込まれていたり、示唆されたりしています。(「タケコプター」「どこでもドア」「タイムマシン」「四次元ポケット」)また、メロディの一部に「ドラえもんのうた」が使われています。

 また、現在のようにアバンパートが入るようになったのは第3作「のび太の大魔境」からです。『のび太と鉄人兵団』からはのび太が「ドラえも〜ん!!」と叫ぶシーンまでをアバンパートとして入れる構成になりました。その前の第1作『のび太の恐竜』、第2作『のび太の宇宙開拓史』では、アバンパートはなく、配給会社社紋(東宝)の直後からオープニングテーマがスタートしていました。その後、藤子・F・不二雄氏の存命中の作品(第16作「のび太の創世日記」(1995年(平成7年)まで)では大杉版時代と同様、のび太の泣き言までをアバンパートとする構成が貫かれました。同氏の逝去後の作品では、アバンパートからOPに入る際の泣き言がのび太の代わりにスネ夫・ジャイアンによるもの(第20作「のび太の宇宙漂流記」(1999年(平成11年))だったり、逆にドラえもんが「のび太く〜ん!!」と泣き言をあげるパターン(第25作「のび太のワンニャン時空伝」(2004年(平成16年))もありました。

 ということで今日のお話はここまで。今日もまたドタバタの中で書いてみましたが、私も「お姉ちゃ~ん!!」とかやってみたいものですなという次第です。
(あのねぇ、ミーシャ。アンタにそんなん呼ばれても、こっちはごっつい難儀なんやわ、全くもう!!)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム