ここがキモよ

 さて愛するタイガース、昨日もヘタレなざまをさらけ出したことにかなりお怒りの私。お仕事もあまりうまくいってなくて…。ということで昨日は降臨も飛ばして、今日は土曜日、グルメのお話。1枠目の今週は「食材」、そんなへばりつつある身に聴くかもしれない、こんな食材のお話です。
(これ、悪い事はそんなに続かへんよ、ミーシャ。)

6b4dea83c4e4d22f7328e500cc4800b5.jpg

 今月はこちら。私も大好き、「レバー」です。日本で主に食用にされているレバーには、牛・豚・鶏、鴨のものがあります。 世界の三大珍味として有名なフォアグラも、ガチョウに特殊な餌を与えて脂肪肝にさせた肝臓で、レバーの一種です。(グルメに持病持ちが多いと言いうのはうなずけますな。)レバーはビタミンA、ビタミンB群、鉄分、葉酸等を多く含んでいます。なかでも、葉酸、鉄分は造血を助ける働きがあり、貧血防止や妊婦など、多量の鉄分摂取が必要な人には理想的な食べ物であるといわれています。(妊婦のビタミンAの過剰摂取は催奇形性がある為、摂取は慎重に行う必要があるんですが。)

 主な調理法は、焼肉の焼きレバー、焼き鳥の串レバーなどが挙げられます。牛レバーの料理の定番としては、ニラと合わせて炒めるレバニラ炒めがあります。(「さっぱりしたものが食べたいから、今日はレバニラ炒めにするわね♡」とか言うトチ狂った方がたまにいてます。)また、レバーを生のまま刺身状にスライスし、塩と胡麻油などにつけて食べるレバ刺しがあります。しかし、血の味がするなど、癖が強く、また、火を通しすぎるとボソボソした食感となるので、好き嫌いがはっきりしやすい。(そのため、私の周りでまともに食える方はほんの数人です。)加熱調理の場合には、血抜きをしなければならず、この下処理をしなければ、血の味が強く残ってしまい、美味しく仕上がりません。牛乳などに浸して、マスキングで臭みを消す方法もあります。

 そして私も大好きだった「レバ刺し」、1996年(平成8年)にO157の感染多発を受けてレバーなどの食肉の生食を避けるよう通達し、1998年(平成10年)に生食用のレバー及び食肉の加工基準を策定しました。日本各地の自治体や保健所は、レバ刺しには生食用基準に沿って加工されたレバーを用いるよう指導しました。しかし、2011年4月に金沢で起こった食中毒事件(ただし、これは「ユッケ」が原因であり、「生レバー」とは何の関係もありませんが…。)から、2012年3月30日、厚生労働省は飲食店や販売業者が「牛」のレバーを生食用で提供することを禁止する方針を打ち出し、内閣府の食品安全委員会においても「提供禁止は妥当」とする見解が出たことを受け、同年7月1日から食品衛生法に基づき提供禁止とすることとなりました。違反すれば2年以下の懲役か200万円以下の罰金の刑事罰が科され、実際に罰金刑はかかった例もあります。

DSC_0001+(2)_convert_20131223215434.jpg

 ということで今日のお話はここまで。今日からちょっとの「お休み」です。「何も見なかったことにしよう」というわけにはいきませんが、それなりにリフレッシュしましょということで今日の所はここまでに…。
(これ、ミーシャ。みんなが言うとったよ、『ミーシャ、最近ボクたちとお話してくれないんだ…。』ってね。お休みの間に、ゆっくりお話しとったげね。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム