FC2ブログ

ちょっとスリムに

 さて愛するタイガース、昨日は宇宙人のホームランで燕を打ち落として、他とこが共食いした結果、トップに立ったことにグフフのフ。でも、1点しか取れない打線にちょっと不安な「大きなお世話の」私。今日は日曜日、ミニカーのお話。1枠目の今週は「市販車」、今日はこんなお話です。
(これ、まだ2試合しか終わってへんくせにまぁ、そこまで祭り上げるもんやね、ミーシャ。)

P1020474_convert_20190331070516.jpg

P1020475_convert_20190331070535.jpg

 いつの世も世界の高級車の代名詞として君臨するメルセデスのトップ・モデル、Sクラス。堂々とした車体サイズ、数々の安全装備その他、他の高級車の目標にもなっていました。今日はそこから「S600」(W220型 1998年)というモデルになります。Sクラスとしては4代目になります。

 販売面で不振だった(あまりに大きすぎると環境保護団体からやり玉に挙がったこともその一因です。)先代、W140型に対して大幅にコンセプトを見直したモデルです。ボディサイズは先代より一回り小さく(5125×1885×1490(mm)から5045×1855×1445(mm)とちょっとずつ削っています。)なり、フロントマスクは小さめのラジエターグリルと丸みを帯びたヘッドランプで、威圧感を与えないフレンドリーな外観となっています。ドアはプレスドア(窓枠部をプレスでドア外板と一体成形したドア。最近の車両に多く見られます。)になりました。これは従来のSクラスから大胆に変更された最たるものです。車体の前後はイギリス・ジャガー風に強く絞り込まれ、ボディ全体はなだらかな丸みを帯び、各部のプレスラインも減らされスムーズなものとなり、各部クロームメッキも最小限にしました。このため、高級大型セダンでありながらクーペ風のスポーティな外観を持ち、一般や新規の顧客層からは特に好評を呼んだのですが、Sクラスならではの威厳や強い威圧感はなくなり、一部顧客からは不評な面もありました。2002年に登場した後期型ではこれを踏まえ、ヘッドライトおよびグリルが大きくなりました。

 エンジンは3200ccのV6、4300/5000ccのV8(AMGは5500cc)、5800ccのV12(AMGは6300cc)、後期には3800ccのV6、4300/5000ccのV8(AMGは5500cc スーパーチャージャー)、5600ccのV12 ツインターボ(AMGは6000cc同じく)が搭載され、ミッションも2003年11月からは、5000cc車に電子制御7速オートマチック・トランスミッション「7G-TRONIC」が装備されました。従来の5速オートマチック・トランスミッションとほぼ同等の重量ながら、各ギア間のギア比が接近したことにより、一層なめらかで素早いシフトチェンジを行うとともに、加速時にはアクセル開度に応じて2段を一気にシフトダウン。加速性能の向上を図っています。

 装備面では「ナビゲーションシステム」の導入や、余分な燃料消費を抑えるため、シリンダーを一部カットする「アクティブシリンダー」の採用などがあります。また、Sクラスでは初の四輪駆動車である「4MATIC」が登場しました。(ただし、5000cc車のみです。この当時は構造上、4MATIC車は左ハンドルのみになります。2014年に登場した現行のW205型 4代目Cクラスより右ハンドル車も存在します。)また、世界で初めてドアミラー内蔵式のターンシグナル・ランプを採用したモデルでもあります。この装備はW220の登場以降、世界中のメーカーが模倣・追随しています。なお、この装備に関しては、安全性の向上に寄与し得るとの調査結果もあります。

 ミニカーはマイストの物。ただ、車体幅と車軸の幅が合ってなくて、かなり奥目になっています、そして今日も出てくるオバケじゃなかった諸元はこちら。

車名          S600

デビュー        1998年
製造          1998~2005年
全長          5045mm
全高          1445mm
全幅          1855mm
ホイール・ベース    2965mm
トレッド(前)     1575mm
    (後)     1575mm
車重          1960kg/1985kg

エンジン        メルセデス M137/M275
形式          水冷レシプロ V型12気筒 SOHC3バルブ/V型12気筒 SOHC3バルブ ツインターボ
総排気量        5785cc/5513cc
ボア×ストローク    84×87.0(mm)/82×87.0(mm)
Vバンク角       60度
最大出力        367馬力/5,500rpm 500馬力/5,000rpm
最大トルク       54.1kg-m/4,250rpm  81.6kg-m/1,800rpm
圧縮比         10.0/9.0
燃料噴射システム    ボッシュ社製 電子制御
点火システム      ボッシュ社製 電子制御

駆動方式        後輪駆動方式(FR)
変速機         メルセデス社製 前進5速 オートマチック縦置き(+後退1速)
差動システム      ZF社製 リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        スチール・モノコック
サスペンション(前)  独立懸架 マルチリンク
       (後)  独立懸架 マルチリンク
ブレーキ        4輪ベンチレーテッド・ディスク
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ         (前)225/55ZR17(後)225/55ZR17
燃料タンク容量     88リットル
ボディ・スタイル    4ドア・セダン
乗車定員       5名

 ということで今日のお話はここまで。4月からは新生活になります。ちょっと大変かもしれませんが、あまり大幅に変えると厄介な部分も出てきますので、その辺は上手にしときましょ。
(ほれ、みんな応援しとるよ、ミーシャ。)
スポンサーサイト



プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム