振れば振るほど

 さて昨日は豪雨とぬかるみに悩まされた「ぬか喜びの」私。今日は土曜日、最後に残ったテニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、この「降る」、そして例のノッポちゃんの「イップス」疑惑からこんなお話です。
(これ、アンタの場合は「糠に釘」やないの、ミーシャ?)

 テニスが上達してきて、試合に出場したりすると練習以上にミスの重要性がわかってきます。そうすると、相手コートにとにかくミスをしないで返球するような意識が高まり、思いっきり打てなくなるような時期があったりします。(いわゆる「イップス」とは似て非なるものです。)ここで、「丁寧に打つ」という部分ではいいのですが、得てして、そんな場合は「置きに入っている」場合がほとんどです。野球でもそうですが、カウントをそろえに行こうとしてスライダーなどを投げることが多々ありますが、そうなると、相手にとってはしめたものでして、レベルが上がると、相手のそういったショットを待って、攻撃に転じるのが上手いです。

 そこで重要なのが「回転」です。回転をかければ、ショットを打つ時に振りきっても、相手コートに入る確率が上がります。力加減でショットの強弱を調整すると、繊細なタッチが必要になりますし、ちょっとした力加減のミスで、相手のチャンスボールになってしまいます。その点、回転を意識して常に振りきれるようになれば、相手にとっては打ちづらくなります。またグリップをギュッと握ると(誰ですか?アンタが握ってるのは別のものだろ?とか言ってるのは?)、ボールは飛びます。逆に緩~く握るとそこでボールの力を吸収しますんで、そんなに飛びません。

 これをやるには「ミニ・テニス」、カラオケボックスじゃなかったサービス・ボックスの中でラリーをする練習がありますが、これをフルスイングで出来たら大したもんです。ショートラリーの時に振りきって回転をかけながら、サービスライン内におさまるように打てるようになると、回転をかける感覚が養われます。得てしてアウトするのが怖くて、スイングが縮こまる方がいますが、この場合は逆にヘッド・スピード(スイング・スピード)を上げれば上げるほど、回転がかかってコートに入ります。(ただし、ボールの真後ろをモロに当てないようにしましょう。)ミーシャの必殺技、「ショートアングル・ショット」、ボールの外側をこすってネットを超えた後に急速に落ちて、外へ逃げるショットですが、この練習をやると、打てるようになります。ただし、フォアハンドの方がやりやすくなります。ボールの外側をこするため、外から巻き込むような打ち方になります。フォアハンドの場合はそのまま巻いたらいいのですが、バックハンドの場合は両手打ちの方の方が打ちやすくなります。(左手のフォアハンドというイメージのためです。) 

 という事で今日のお話はここまで。今日からちょっと短い「夏休み」です。その一つ目は「お墓参り」、コーヒー飲んで、朝ドラ見て、行ってきましょ。
(ほれ、ご先祖様にちゃ~んとお願いしといでや、ミーシャ。)
スポンサーサイト
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム