映画館

 さて辟易するお仕事、何やら私に何を期待するか、今イチはっきりしない中で、このお話を書いている私。今日は火曜日、映画のお話。今週は「番外」ということで、映画を見るこんな場所のお話です。
(まぁ、そんなにボヤかんでも向こうには向こうの言い分があると思うよ、ミーシャ。)

 映画館、一昔前は『流し込み制』(一度入場すれば、途中退出しない限り、最終回の上映終了まで、何度でも鑑賞可能)を採用してきたのですが、近年主流となっているシネコンやミニシアターでは『入れ替え制』を採用しており、チケットに指定された回の上映が終わった後は、観客は速やかに劇場から退場しなくてはいけません。(これで途中から入って、いい席を取ろうということは2度や3度ではありません。)いずれの方式においても、入口を出た後の再入場は基本的に許可されていないのです(流し込み制であれば、改めて入場料が必要)が、トイレや自動販売機・売店などが館内に設置されていない等の事情により、入場時の半券を提示することで、その半券記載の上映時間内であれば許可するシステムをとる館もあります。

 日本では、厚生労働省が監督官庁であり、直接的には所在する都道府県又は市が設置している保健所の監督を受けています。また、都道府県ごとに、生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律に基づく「興行生活衛生同業組合」(これには、映画館以外に演芸場や貸しホール等も加盟していますが、間違っても客の割り振り、ネタの割り振りをマークシートを提出して決めているわけではありません。)を組織しています。なお、この組合はあくまで任意加盟であり、例えば、シネコンがオープンする際に、地元の既存映画館と対立するケースもあり、その結果、そのシネコンは組合に未加盟のままとなっている例もあります。(ただし、大手のTOHOシネマズ、109シネマズ、MOVIX、イオンシネマなどはほとんど入っています。)

 また劇場を含め、映画館内は禁煙です。これは消防法の規定や近年の公共建築物における全面禁煙化の風潮で決まっている。最近では、上映の前に携帯電話の電源を切っておくことを促す広告が目立ってきています。また飲み食いの類も他人の鑑賞を妨げることがあってはならないため、売店で販売されるメニューの多くは、食べても音をあまり発しないポップコーンなどのものが主体となっています。

 ということで今日のお話はここまで。何やら無理やりつなげたような文章ですが、今月も終わりました。来月もどうなりますかというところで、そろそろ私も飲んじゃいます。
(これ、あんまし飲んでばっかりではいかんよ、ミーシャ。)
スポンサーサイト
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム