白い棚田

 さて愛するタイガース、まだやってたの?という中、昨日はエラー絡みのサヨナラ勝ち。しかしこの時期になると出る「引退」「移籍」話に「さて、次は?」と思う「野次馬な」私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。今週は番外ということで、自然が造ったこんな場所のお話です。
(せやね~、もうアンタの年で現役って人は少ないわね、ミーシャ。)

Tr00100420110322113229780.jpg

Tr00100420110322114849196.jpg

 今月はこちら。トルコ西部、ヒエラポリス・パムッカレです。イスタンブールからデニズリへ。パムッカレやヒエラポリスのあるパムッカレ・タウンまでは車で約20分の所にあります。パムッカレとは、トルコ語で「綿の宮殿」という意味です。綿とあるのは昔からこのあたりが良質の綿花の一大生産地であることによります。二酸化炭素を含む弱酸性の雨水が台地を作っている石灰岩中に浸透し、炭酸カルシウムを溶かした地下水となり、その地下水が地熱で温められて地表に湧き出て温泉となり、その温水中から炭酸カルシウム(石灰)が沈殿して、純白の棚田のような景観を作り出したものです。棚田の畦(うね)の部分は、流れてきた植物片などがひっかかり、これに石灰分が沈着して次第に堤のように成長します。このような景観が約200mの高さにわたって形作られています。規模はずっと小さいが、同種の微地形が鍾乳洞内にもみられることがあり、これを畦石池といいます。またこの丘の一番上には遺跡があり、2世紀(五賢帝の時代、中国では三国志のもうちょっと前の時代です。)頃、ヒエラポリスというローマ帝国の温泉保養地として栄えました。ローマ帝国時代にも地震で破壊されるが、その後復興。しかし1354年の大地震で完全に廃墟と化します。1988年にはユネスコの世界遺産、世界で32しかない複合遺産に登録されています。

 日本ではタバコのマイルドセブンのCMでこの地を使ったことで一躍有名になりました。(1985年(昭和60年))



 このCMの撮影は悪天候にたたられ、本来の予定していた期間を大幅にオーバーし、最後のチャンスでようやく撮ったものです。また最後に白い飛行機雲が出てきますが、これは後からCGで編集したものです。

maisen.jpg

20120808_2434120.jpg

 そしてそのマイルドセブンですが、日本で一番売れているタバコとして有名ですが、元々は1977年(昭和52年)にセブンスタ-の軽い版として登場しました。現在は「マイルド」と言う表示を使えなくなったために、「メビウス」(MEVIUS)というブランドになりました。「MILD SEVEN」の頭文字「M」「S」を両端に置き、「EVOLUTION(進化)」から「EV」、さらにJT自身を示す「I(わたし)」とユーザーを示す「U(=YOU、あなた)」(この2文字でブランドの繋がりを表現)を組み合わせた造語です。初代のものはセブンスターと似たようなパッケージでしたが、その後1994年(平成6年)、2004年(平成16年)、2006年(平成18年)、2010年(平成22年)、2012年(平成24年)とパッケージのデザインを変更しています。そして現在の「メビウス」で7代目になります。(画像の左から、それぞれのものになります。ミーシャはタバコは一切吸いませんが(吸ってるのは別のものやろ、ミーシャ?)、昔、セブンスターのパッケージの星の数を数えたことがあります。一番良かったものはやっぱり初代のものですな。)

 ということで今日のお話はここまで。月末のドタバタになりそうですが、今日も一日、がんばりましょという次第です。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)
スポンサーサイト
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム