モデナの件

 さて昨日はあっさりと住職の降臨も終わり、ワイン1本開けて、グ~スカの一夜が明けまして、今日も真面目に文章を書く中で、昨日は愛するフェラーリのF1新車発表会、2015年モデル「SF15-T」とかいう車名とデザインに「ま~た、とってつけたようなネタを…。」とか思った私。今日は土曜日、ミニカーのお話。明日がちょっと別のお話を書く関係で、ちょっと詰めて書いているために、1枠目の「市販車」、今月はこんな車のお話です。
(これ、「とってつけた」ってアンタも人のことは言われへんのやないの、ミーシャ?)

P1010375_convert_20150131075610.jpg

P1010376_convert_20150131075630.jpg

 今月はこちら。フェラーリのV8モデルとしては5代目となる「360モデナ」(1999年)です。販売の時期がF1におけるスクーデリア・フェラーリの黄金期と重なり、当時の史上最多の販売台数を記録しました。アメリカ、アルコア製のアルミニウム押し出し材によるオールアルミ製スペースフレームにボデイ外装もアルミ製であるこのモデルはF355からフルモデルチェンジされてボディー剛性からエンジンに至るまで、まったく新しい発想で作られたモデルでした。発売当初からその独特のスタイルとその大きさゆえに前モデルのF355を好む人もたくさんいました。(逆のことがメルセデス・ベンツのSクラスやEクラスで起こっています。1998年の4代目、W220型Sクラス、1995年の3代目、W124型Eクラスの登場の際、そのあまりの違いに古くからのメルセデス・ユーザーが、先代の新車への交換を要求するなどの事態が発生したことがあります。)

 スモールフェラーリは昔からクルマ後方のボディー剛性(特に捻じれ剛性)が弱く、特にF355まではそこが弱点となっていました。リアのボディー剛性の弱さから通称ヘアーラインクラックと言うひび割れがリアフェンダーのショルダーの所に出来ていた車が多数あります。360モデナはフレームデザインを根本的に見直した為に大幅にこの問題は改善されました。クルマ自体の大きさは355より大きくなったのにフレーム単体の重さが70%ほどに抑えられた為に車重も軽く仕上がりました。エンジンに関してはまったくの別物で加速はF355と比べるべくもありません。

 またこの車はテレビのバラエティ番組で、ナインティナインの岡村隆史が「免許取立ての若葉マーク」の時にこれに乗せられたことがあります。当時取り立てでいきなり、こんな高性能車に乗せられたわけですが、マニュアルではなくオートマのものでした。とはいえ、結構青ざめていたわけですが…。

 ミニカーはダイドーのもの、そして今日も出るのよ「諸元」はこちら。

車名          360モデナ/360モデナ F1

デビュー        1999年
製造          1999年~2004年
全長          4490mm
全高          1215mm
全幅          1925mm
ホイール・ベース    2600mm
トレッド(前)     1669mm
    (後)     1617mm
車重          1430kg(AT 1450kg)

エンジン        フェラーリ ティーポF131B
形式          水冷レシプロ V型8気筒 DOHC5バルブ
総排気量        3586cc
ボア×ストローク    Φ85×79.0(mm)
Vバンク角       90度
最大出力        400馬力/8,500rpm
最大トルク       38.0kg-m/4,750rpm
圧縮比         11.0
燃料噴射システム    ボッシュ社製 モトロニックME7.3 電子制御
点火システム      マニュエッティ・マレッリ社製 電子制御

駆動方式        後輪駆動方式(MR)
変速機         前進6速 マニュアル横置き(+後退1速)/
            前進6速 セミ・オートマチック横置き(+後退1速)(360モデナ F1)
差動システム      リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        アルミ・スペース・フレーム
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式 
       (後)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式
ブレーキ   (前)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
       (後)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ+ホイール(前) 7.5J×18+215/45ZR18
        (後) 10.0J×18+275/40ZR18
燃料タンク容量     95リットル

ボディ・スタイル    2ドア・ベルリネッタ
乗車定員        2名

 ということで今日のお話はここまで。今日は夕方に新車が来ます。さ~て、どうなりますか?今月もまた、読んでやってくださいまし。
(これ、アンタはもう、完全に舞い上がってしもうとってやね、しまいに墜落するよ、ミーシャ。)
スポンサーサイト
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム