値上がり、値下がり(その2)

 ♪あんな~、ウチらは野球を見て~、騒ぐんや~け~ど~、長い回だった、つらく悲しい、一人きりの長い回だった~、投手の心は~、打線のヘタレぶりに~、悪夢のように、すすり泣いていた~♪(甲斐バンド「安奈」のメロディでどうぞ)さて愛するタイガース、昨日はご愛嬌で一休み、それでも神宮の杜に鳴り響く「六甲おろし」の大合唱(決してウィーン少年合唱団ではありません。)、その裏で商店街の福引きでUFJじゃなかったUSJのペア・チケットを当てて、商店街中に名前を呼ばれた「フライデー」な私。今日は日曜日、ミニカーのお話。4枠目の今週は「考察」、先月は値段のお話でしたが、今月はその続編という事で「錬金術」のお話です。
(せやから、悪いことはできへんもんやね~、ミーシャ。)

 電脳新古車市場(ネット・オークションともいう。)では玉石混合、様々なものが並んでいます。とはいえ、このような傾向があります。

(1)出てすぐは「売り手市場」
出てすぐは、売る側も同じことを同じように考えますから、当然「強気な」値段になってしまいます。また「次はないかも…?」という消費者心理から、「ここで決めないと」という事でエスカレートして、後でよ~く考えると「何でまた?」という例は多々あります。

(2)とはいえ、その裏では?
とはいっても、それだけの数が出てくるわけですから、なかなか「目に留まる」という例は少なめです。そして、人間心理上、またもに見ているのは最初の2ページくらいなものでして、いかに目に留まらせるようにするか?というポイントがあります。(この心理を逆用したのが「注目のオークション」、「色枠」とかいう有料オプションです。)

(3)原価に比例する売値
市販車よりもF1、GTカーなどのレーシングカー、さらには企画版と言ったところの方が原価の高い分、売値も高くなります。また時間と共に平均の売値は下がっていきますが、F1の場合、出るタマ数が少ない(間違っても投球制限という「球数」のことではありません。)とはいえ、物によってはかなりの高レベルを維持している例があります。(その例はロータス F1、JPSカラー(黒と金)の最後ら辺のモデルなんてのは)

 という事で、このお話を踏まえまして、その「対策」とは…?
(売る側) 画像を一ひねりしてみましょ
と言っても、パネマジとかいうわけではなく(これでどえらい目に遭った方は一人や二人ではないでしょう。)、バックを工夫してみましょという事です。よく目立つように「格子柄のバック紙」を使っている方がいました。

(買う側) ページはよ~く繰ってみましょ
最初は優先枠になっていますから、2,3ページ繰ると「一般枠」になります。この辺りを狙うと案外、良さげなこともあったりします。

 という事で今日のお話はここまで。最近首を突っ込むSNSが「止まっている」ため、チト不安な中、明日からは新年度になります。また新たにがんばりましょという事で、今日の所はここまでに…。
スポンサーサイト
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム