FC2ブログ

この時期になると…。

 このお話を読んでもらっているお兄さん、お姉さんのみなさん、おはようございます。ボク、きのうのヒーロー、ブランコです。いや~、きのうはさぁ、落ちてくるボールが甘かったんでねぇ。というのはおいといてボクはミーシャを呼んできま~す。

 さて愛するタイガース、昨日はツバメをシバキ倒して、グフフのフ。送別会で第2ラウンドで撃沈して、帰ってきたのは丑三つ時という人間的に「イカレきった」私。今日は土曜日、グルメのお話。3枠目の今週は順番入れ替わりまして、「レシピ通りにやっても、決して同じものができない」料理教室、今月はこんなお話です。
(これ、アンタら2人は大分とヤキが回ってきてるみたいやね。一回きれいにしとったげようか?)

2013030714492859b.jpg

 ミーシャのおうち、この時期になると出てくる「いかなごの釘煮』、春先になると各家庭でイカナゴを炊く光景が見られます。また毎年3月末頃、出荷された釘煮が阪神地区、東播磨地区のスーパーに山積みされるようになると、春の訪れとして兵庫県淡路島や播磨地区から神戸市にかけての瀬戸内海東部沿岸部(播磨灘・大阪湾)ではいかなごの釘煮という郷土料理で親しまれています。佃煮の一種で、水揚げされたイカナゴを平釜で醤油やみりん、砂糖、生姜などで水分がなくなるまで煮込むものです。この際、箸などでかき混ぜるとイカナゴが崩れ、団子状に固まってしまうため一切かき混ぜません。炊き上がったイカナゴは茶色く曲がっており、その姿が錆びた釘に見えることから「釘煮」と呼ばれるようになりました。「くぎ煮」は神戸市長田区の珍味メーカーである株式会社伍魚福(ごぎょふく)の登録商標です。

レシピはこちら。
・醤油 150G   ・たまり醤油 50G   ・酒 50G   
・みりん 150G・ざらめ 250G~350G   ・土しょうが 50G 

(1)生イカナゴをよく洗い、ザルにあげてしっかり水を切ります。土しょうがは、皮つきのまま千切りにしておきます。
(2)アルミフォイルで落とし蓋を作り、指で5か所程「穴」を開けておきます。
(3)お鍋に砂糖・醤油・たまり醤油・酒・みりんを入れ、しっかり煮立たせます。
(4)煮立ったところに、イカナゴをパラパラと少しずつ入れ、最後まで続けて広く入れていきます。
 これが第1のポイントで、一気に入れるとイカナゴ同士がひっついてしまい、煮汁がまんべんなく廻らないのです。
 (5)入れ終わった時に念のため、中心付近はまだ火が通っていませんので、指で煮汁の通る穴をあけてやってください。そして、しょうがをふりかけます。
(6)先程用意しておいたアルミフォイルの蓋を入れますと、すぐに吹いてきますので、1分ほどアク取りをして、あとはそのまま強火で20分ほどほっておいて大丈夫です。ハシでかきまわさないでください。できあがって冷やし終わるまでこのままでいいのです。これが第2のポイントです。(ここからはお鍋から離れないで下さい。好きなテレビ番組がある時や友達が来ている時などは、炊くのはやめておきましょう。)(7)煮汁が見えにくくなってきたら中火にして5分程、ほとんど見えなくなってきたら極弱火にして5分ほど炊けばできあがり、火からおろしてそのまま冷やします。
 最後に迷った時は、終わりにしましょう。そうすれば焦げません。

 という事で、今日のお話はここまで。ご飯と一緒に食べるとこれがまた、おいしいのなんのってまぁ、そんなこんなでご飯も炊き上がりましたんで、今日もこれから『いただきま~す!』という事で、いかがなもんでしょうか?
(こら、ミーシャ。全くもう、ロクなシメ方せ~へんのやから!しまいにお鍋も「炎上」さしたろか?)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム