2人の間

 さて今日は寒さも緩んで、過ごしやすそ~な一日ではなく、そんな時期にお悩みの「花粉」の日。そろそろ恐怖の時期が始まりますが、今日は木曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、ダブルスでの2人の間というお話です。
(アンタと私が組んだら、必ずおかしいなるんやけどさぁ、ミーシャ?)

 基本的には、コートを縦に半分こして(間違っても白い大きな犬は出てきません。)、そのそれぞれを守るという事になります。また真ん中を抜かれないようにという事で、2人はやや真ん中に寄ります。これはネットからの距離が長いか、短いかという理由からですが、両サイドを抜くのはネットからコートの端までの距離は短い、角度を付ければつけるほど、この距離は短くなります。それを入れてくるのはよっぽどの技術(「技術でひらく 世界の繁栄」(注釈)というわけではありません。)がないと無理です。という事は真ん中をぶち抜けたら、距離は長いから、必然的に入りやすくなるという理屈です。

 また前述の両サイドにどちらかが振られた場合、振られていない方も、ややそっちの方向に寄ります。(つまり、2人はひもでつながれているようなイメージですね。)これも先ほどのスペースの問題で、その振られた方のスペースをカバーするためです。またその振った方の2人もそっちの方向に寄ります。その理由はその振られた相手の返球は得てして、甘くなる場合がほとんど。ましてやそこからクロスコート・フルアングルで来ることはまずない、来たら相手が「上手かった」わけで、その甘い返球をカバーするためにボールの方に寄るわけです。

 そして前後の位置ですが、基本的には前衛(前の人)を後衛(後ろの人)が追い抜くことはまずありません。なぜなら、前の人よりも後ろにいたら、仮に前の人の頭の上を抜かれたとしても、後ろの人は充分、カバーできます。(内容によりますが)これはストレート方向に動くボールに対して、斜めに動くわけですから、追いつくのは比較的やさしいからです。しかし逆に後ろの人が前の人を追い越していた場合、そこで頭の上を抜かれると、本来の前衛は「外へ逃げる」ボールを追う事になります。また走る距離も長いため、追いつくのはかなり難しくなります。

 という事で、今日のお話はここまで。本来ならば、実地でやった方が説明しやすいんですが、「ここ、よくわからないんだけど…。」とかいうのがありましたら、コメント欄にて。わかりうる範囲で回答しますんで、何なりとお寄せ下さいまし。
(ほいでまぁ、何か無理やり文章書いた言う気がしてならんのやけどさぁ、ミーシャ?)
 
(注釈)技術でひらく 世界の繁栄  1970年代後半(昭和50年代)から1986年(昭和61年)まで使用されていた松下電器産業(現 パナソニック)の企業スローガン。まだほとんどの製品には「National」と入っていた当時です。
スポンサーサイト
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム