運動会の車

 さて昨日からやってきつつある「台風」、そんな中でウチとこの近所の小学校は運動会、このいつ降るかわからん状況でと言うのもチト可哀想な気もする中、今日もこのお話を書いている「予定通りの」私。今日は日曜日、ミニカーのお話。最初に戻りまして、「市販車」、その「運動会」からこんな車のお話です。
(何か無理やり話を持ってきてへんかな、ミーシャ?)

P1010325_convert_20120930074438.jpg

P1010326_convert_20120930074501.jpg


 今月はこちら、FRとしては最後の12気筒ベルリネッタ、365GTB4(デイトナ)のレース・バージョンとして18台のみ製造された「365GTB4 コンペティツィオーネ」(1971年)です。元々商業的に成功した「365GTB4」をベースにしているため、走行性能は充分と言ったモデルでしたが、フェラーリ自体が企画したものではありません。各地域のディーラーが持っていたプライベート・チームの特注品という位置づけで製造されました。アルミボディのクルマも何台かありましたが、大抵はオリジナルのスチールボディでした。ただし、カロッツェリア・スカリエッティの手により可能な部分は軽量化されています。エンジンもチューンされ、サスペンションはサーキット走行に合わせてセッティングが変更可能となっています。

 フェラーリのプライベート・チームと言えば、「NART」(North American Racing Team)というのが有名ですが、これはマリオじゃなかったルイージ・キネッティ(これでピンときた方は、キノコにも反応するでしょ?)によって設立されたチームです。車体は白と青に塗られていました。オーナーのルイージ・キネッティはエンツォ・フェラーリの友人で、アメリカでフェラーリのディーラーをやっていました。フェラーリにとってアメリカは「ドル箱」市場ですから、それなりの発言力はあり、かつそういう特注品も出せるわけです。そのため市販車でも「アメリカ」と名乗る車は多々あります。

 ちなみにこのディーラーというものはたま~にF1マシンに広告がついていたりします。これは顧客の多い地域のみですが、一番有名なのは「CORNES」(コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド)(日本)です。現在フェラーリは世界を3つに分けて管理しています。その3つは
(1)アメリカ   アメリカ、ニュージャージー州イングルウッド・クリフに「Ferrari North America」という現地法人があり、ここがカナダからアルゼンチンまでのフェラーリの販売を統括しています。
(2)アジア、中東 中国、上海にある「Ferrari Asia Pacific」という現地法人が中近東から極東までの販売を統括しています。この地域でのドル箱はやはり日本でして、売り上げの4割を握っています。(世界的に見ても5番目の規模です。)
(3)ヨーロッパ  マラネロの本社の中に「Ferrari Europe」という別法人がありましてヨーロッパを3つに分けています。
a)Ferrari North Europe イギリス、スラウという所に本社があります。イギリス、オランダ、北欧地域を担当しています。
b)Ferrari Southwest Europe  フランス、ルヴェロワベレという所に本社があります。フランス、ベルギー、イタリア、イベリア地域を担当しています。
c)Ferrari Central East Europe ドイツ、ウィールスバーデンというに本社があり、ドイツ、オーストリア、東欧、トルコ、イスラエルを担当しています。

 ミニカー自体はサンクスのフェラーリ(6)(2009年)のものです。そして皆さん『お楽しみの』諸元はこちら。

車名          365GTB/4 コンペティツィオーネ

デビュー        1971年
製造          1970年~73年
全長          4425mm
全高          1245mm
全幅          1760mm
ホイール・ベース    2400mm
トレッド(前)     1440mm
    (後)     1425mm
車重          1200kg

エンジン        フェラーリ ティーポ251
形式          水冷レシプロ V型12気筒 DOHC2バルブ
総排気量        4390.3cc
ボア×ストローク    Φ81×71.0(mm)
Vバンク角       60度
最大出力        352馬力/7,500rpm
最大トルク       44.0kg-m/5,500rpm
圧縮比         8.8
燃料噴射システム    ウェーバー社製 40DCZ20 6連キャブレター
点火システム      ツイン・プラグ、2コイル

駆動方式        後輪駆動方式(FR)
変速機         前進5速 マニュアル縦置き(+後退1速)
差動システム      リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        鋼管スペース・フレーム
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式 
       (後)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式
ブレーキ   (前)  ディスク
       (後)  ディスク
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ+ホイール(前) 7.5L×15+215/70VR15
        (後) 7.5L×15+215/70VR15
燃料タンク容量     98リットル

ボディ・スタイル    2ドア・ベルリネッタ
乗車定員        2名

 という事で今日のお話はここまで、実車は資料も少ないもので、長い割には薄い文章になりましたが、「たまにはこんなものも」という事で、勘弁してやってください。
(こら、ミーシャ。ま~たそんな無理やり「引き延ばした」文章ばっかり書くんやから!)
スポンサーサイト
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム