FC2ブログ

謎の城

 さて今日もまたトチ狂ったプール・ネタを延々とやり倒して、ラストに「15分泳いでみましょか?」とかいう調教師の悪魔のささやきに乗って再びその「悪魔の末脚」を見せてきた「ジョーズ」な私。このお話は来週やりますが、今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「お城」、ついに始まりました2020年モデルの大河ドラマ「麒麟がくる」からこんなお城のお話です。
(これ、ま~たアンタは悪さば~っかりしてんやろ、先生からお話は全部回って来とってなんやわ、ミーシャ。)

pic_kameyama-castle02_sp_convert_20200122214220.png

kameokatyo_convert_20200122214155.jpg

 今年の大河ドラマの主人公は明智光秀、その光秀は1571年の比叡山焼き討ちの後、長らく近江坂本(滋賀県大津市)に居城を持っていましたが、1578年に丹波攻略の拠点とするために丹波亀山城を築城しました。今日のお話はここです。保津川と沼地を北に望む小高い丘(荒塚山)に築かれましたが、正確な史料が残っていないため全容は分かっていません。光秀は近隣の村から人を呼び寄せ、城下町を形成しました。その後1580年に丹波国を拝領した光秀は、本格的な城下町の整備と領国経営に着手します。ただ光秀は畿内総括という立場上、この城にいるわけにもいかないため、通勤にも便利な元の近江坂本城に住んでいました。そこでこの地には光秀の家臣筆頭、斎藤利三(娘はお福、のちの「春日局」です。)が城代並びに支配代として居住することになります。そのわずか2年後に「本能寺の変」が起こります。

 亀山城はその後、羽柴秀俊(小早川秀秋)によって修築され、1610年、岡部長盛の代に天下普請により近世城郭としての亀山城が完成します。この築城にあたっては城づくりの名手・藤堂高虎が縄張りを務め、五重の層塔型天守が造営されました。現存する古写真は、明治初期に撮影されたものです。明治の廃城令により、廃城処分となり、所有者が転々とします。紆余曲折の末、荒れ果てた城跡を宗教法人大本が入手し現在に至ります。石垣は大本によって修復されており、総合受付で見学を申し込むと内堀跡や本丸付近の石垣を見学することが可能です。またこの時に「亀山」の地名を現在の「亀岡」と改めました。

 またこの地は山陰道の抑えとして、かなり重要な位置にあり(京都市内へ西から入る最終の関門です。この先の老ノ坂峠を抜ければ五条通(国道9号)を通って京都市内まで道は一本です。)、徳川政権も京都の公家勢力、西国大名の抑えとして譜代の大名を送り込んでいました。(同様の例は彦根(滋賀県)、大和郡山(奈良県)、和歌山(和歌山県)、姫路(兵庫県)などがあります。)

 ということで今日のお話はここまで。色々とありますが、日々頑張りましょということで、これからちょっとお食事です。
(ほれ、あんまし夜更かしせんようにね、ミーシャ。)

 
スポンサーサイト



今年の話題

 さてお仕事はちょっとマシになった感もある中、そんな油断をしないようにと考えている「石橋ではなく鉄橋を叩いて渡る」私。今日も真面目にプールで搾った水曜日の晩、持ってきたのは巨大建造物のお話。今週オープンしたこんなスタジアムのお話です。
(これ、鉄橋は叩いたら響くんと違う、ミーシャ?)

AS20191229001217_comm_convert_20200115213433.jpg

new_kyosta_04_convert_20200115213450.jpg

 2020年の大河ドラマ、「麒麟がくる」、主役は日本史上最も謎の多い人物と言われる明智光秀、去年の「ハコテン」じゃなかった「いだてん」か知らんが、史上最低をただき出して大河ドラマの歴史に泥を塗りたくった「黒歴史」は置いといて、今年はかなりの力が入ったものになるはずですが、その明智光秀の本拠、京都、亀岡にある「サンガスタジアム by Kyocera」(京都府立京都スタジアム)が今日のお話です。収容人員21600人、2018年から建設が始まり、この1月にオープンしました。現在Jリーグ2部(J2)の京都サンガが今年から新しい本拠地とします。

 元々サンガが使用している京都市右京区の西京極総合運動公園はJリーグのスタジアムの基準を満たしていない(トイレの数が少ないというのが真相です。)ため、「改修するか?はたまた新しいところに引っ越すか?」というお話が生まれ、このスタジアムの構想は2002年のFIFAワールドカップ(TM)の開催地云々というところから始まりました。そしてこのスタジアムの建設地は2転3転して、京都市伏見区、城陽市、亀岡市の3つに絞られ、2012年に亀岡に建設されることが決まりました。

 そして建設は始まったわけですが、現在の亀岡市追分町(JRの山陰線の亀岡駅の北側)ではなく、当初はもっと北側の保津川公園に建設される予定でした。しかし、ここが天然希少生物のアユモドキの生息地となっていることから、2016年の着工を先延ばしして、かつ建設予定地も変更したために、ここまで時間がかかったわけです。

 そしてここの売りは「スタンドとピッチの距離が近い」、陸上競技兼用の場合、トラックがあるせいでかなり間延びした感があるわけですが、ここはかなり近いです。ただラグビーやアメフトなどもできるようにしているため、大阪、吹田のパナソニック・スタジアムばりではありません。(ピッチのサイドラインからバックスタンド最前列までが7m50cm、吹田は7mとほぼ同じですが、ゴール裏からスタンドまでの距離がちょっと違います。)

 ということで今日のお話はここまで。何だかんだと書きましたが、最近「♪」で始まるネタを探しています。「こんなネタあるよ。」という方がありましたら、コメント欄にて…。
(これ、最後はお願い調で締めてんかな、全くもう!そんなウケへんネタば~っかり書いてんやないんよ、ミーシャ!)
 

遠いのよ

 さて只今大雨、そんな中、昨日は最後に車を車検に出して、3連休の段取りをしていた私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。1枠目の今週は「野球場」、今日はここにしましょ。
(ほれ、今日はどんな「オチのない」お話なんかな、ミーシャ?)

IMG_3008-2000x1200_convert_20200108062534.jpg

DSC02763_R_convert_20200108062252.jpg

 2017年シーズンから使用しているメジャーのアトランタ・ブレーブスの本拠地ですが、アメリカ・アトランタ郊外にある「サントラスト・パーク」(Suntrust Park)という球場があります。2017年開場、センター122m、両翼102m/99mの天然芝の球場です。ただ、アトランタ市内から20kmとちょっと郊外(大阪市内から花園ラグビー場、吹田スタジアムへ行くぐらいの距離です。)にあるため、車でないと行きづらいところに引っ込みました。球場のスタイルとしてはオーソドックス。グラウンドが近く、客席は内野4階建てとかなりの迫力があります。目新しさを探せば、昨今の流行である複合型という点です。周辺は再開発の結果、娯楽施設やホテル、ショッピングセンターが連なり、かなり以前とは変わりました。またこの「サントラスト」とは地元の銀行の名前です。

 元々、1997年から使用していたターナー・フィールドは、アトランタ市内にある1996年のアトランタ五輪のメイン会場として使用された陸上競技場(オリンピック・スタジアム)を野球場に作り変えたもので、多額の維持費がかかり、保有権を持つアトランタ市からは各種リノベーション費用1億5000万ドルの提供を断られました。また、旧本拠地は地下鉄の最寄駅から約1マイル(1,6km 徒歩20分弱ですが、日本の感覚ではこれを「遠い」と感じるにはちょっと無理やりな感もありますな。)も離れており、球場周辺のフリーウェイの慢性的な渋滞によりファンは車で球場に来るのも大変な状態に陥っていました。これらの費用の問題や、借用権が2016年で満了することなどを考慮し、2013年11月にブレーブスは本拠地移転の計画を発表。2014年9月から建設が始まり、2017年のシーズン直前に完成しました。

 ということで今日のお話はここまで。今日はその手伝いに行った地でついに「ハイエースのデビュー」です。初心者マークでもつけるか?というわけにはいきませんが、何とか乗り切りましょ。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)

50年前

 さて昨日は実家に行く途中で、危うく積み忘れたコアラのコロちゃんを積みなおして、VR映像でよみがえった美空ひばりに「なんだかね~?」と思いつつ、バカスカと酒を開けていた私。新年あけましておめでとうございます。今日は水曜日、巨大建造物のお話。今週は「番外」ということで、こんなお話です。
(ほれ、コロちゃんにごめんねて言うときや、ミーシャ。)


18G121037_01_880x660_convert_20191231080648.jpg

20150512_896023.jpg

 今から50年前の1970年、1つのモニュメントが建ちました。大阪、吹田市にある「太陽の塔」です。大阪万博用に芸術家の岡本太郎が制作したものです。テーマ館の一部として、母の塔・青春の塔・大屋根(長さ292m、幅108m、高さ約30m)とともにつくられました。 塔の頂部には金色に輝き未来を象徴する「黄金の顔」、現在を象徴する正面の「太陽の顔」、過去を象徴する背面の「黒い太陽」という3つの顔を持っています。 構造は、鉄骨、鉄筋コンクリート造りで一部軽量化のため吹き付けのコンクリートが使われています。 「太陽の塔」は過去・現在・未来を貫いて生成する万物のエネルギーの象徴であると同時に、生命の中心、祭りの中心を示したもので、博覧会開催期間中、テーマ館の来館者(約920万人)に多くの感動を与えました。

 また意外に知られていないのは、当時は屋根があったこと。そしてこの塔の中にも入ることができたことがあります。内部には原生生物から人類に至るまでの生命の進化の過程を表現した「生命の樹」(高さ約41m)があり、博覧会以降原則非公開だったものを復元・再生し、2018年3月より公開しています。

 そしてそれから50年、現在の大阪の社会インフラはこの時に建造されたものがほとんどです。3本の環状道路、10本の放射道路、梅田の地下街、大阪(伊丹)空港の拡張、地下鉄の整備などがその例です。また新幹線が16列編成になったのもこの時です。(これで初めて新幹線に乗ったって方は多いと思います。)また関西地方のJRの最速列車「新快速」はこの時に生まれました。他にも万博出展品の鉄道貨物運賃が2割引きとしたなどがあります。(とはいえ、決してコントラバスのケースに人様を乗せて運んではいけません。)
 
 ということで今日のお話はここまで。しばらくここからお話を書くことになりますが、今年もまた宜しくお願い致します。
(ほれ、ミーシャ。また1年、頑張らんといかんよ。)

首都の箱

♪昔、隣のヤンキーお姉さんは~、クリスマスの日、私に言~った~、『今夜~、8~時~になれば~、彼~氏が家に~、や~って来る~』、違うよ、それは妄想だけのお~話~、アンタは去年、別れたはずでしょ?あの日~、ワ~ンワン泣いて~、『彼~と別れた~!!』って言~った~で~しょ~う~、

恋人はサンタクロ~ス、手の早いサンタクロ~ス、い~つも2~ま~た~か~け~て~る~、
恋人はサンタクロ~ス、手の早いサンタクロ~ス、今日も別のとこ~

 あれからいくつ年が過ぎた~ん~でしょう~、今も彼氏を取っ換えるけ~ど~、ある日~、遠い町へと~、拉致ら~れ~て、しまったわ~♪(松任谷由実の名曲「恋人がサンタクロース」のメロディでどうぞ)さて今日から3日間、手伝いに行っている中で、今日はクリスマス、このメロディが頭の中をワンワン流れる「ネタ使いまわし」の私。今日は火曜日、巨大建造物のお話。4枠目の今週は「アリーナ」、今日はここにしました。
(こら、ミーシャ、ま~たアンタはこの時期になったらこのネタもってくるんやから、ウケへんのをわかっててさぁ、全くもう!!)

1200px-Madrid_Arena_convert_20191224192538.jpg

madrid-pabellon-multiusos_convert_20191224192306.jpg

 今月はここです。スペイン・マドリードにある「マドリード・アリーナ」(テレフォニカ・アリーナ)です。2002年開場の収容人員10000人のアリーナ、バスケットボールやテニスで使用されます。特にテニスは結構格上の大会で使われることが多く、男子のマドリード・マスターズ、女子のWTAファイナルもここで行われていました。

 元々、このアリーナは2012年のマドリード・オリンピックの招致活動の一環として整備される計画の1つでした。もしもオリンピックの開催地になれば、ここはバスケットボールの会場になる予定でした。ところが、マドリードはオリンピックの招致にことごとく敗れ、結局このアリーナを含めた各種の「箱モノ」が残ったという結果になったわけです。(同様の例は「ワンダ・メトロポリターノ」があります。)

 ということで今日のお話はここまで。ちょっとそろそろ締めに入るところですが、今日は早めに寝て、サンタさんを待ちましょ。
(これ、アンタはサンタさんが来るような年かいな、全くもう!)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム