最終戦

 さて愛するタイガース、昨日のお話はめんどくさいからパス。今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「サーキット」、今シーズンの最終戦という事で、こんなコースのお話です。
(まぁそないに言わんと、ミーシャ。)

adelaide-f1_convert_20171018055523.jpg

Adelaide_Street_Circuit.jpg

 現在のF1の最終戦はアブダビですが、1995年まではオーストラリアで行われていました。その1995年まで行われていたコース、「アデレード市街地サーキット」というコースがあります。1996年以降はメルボルンでシーズン開幕戦の3月にグランプリが開催される前は、オーストラリアと言えばこのアデレードでした。全長3780mの市街地と、一部競馬場の跡地の公園の中の特設コースを使ったコース。カクカクと、短いストレートを90度の直角コーナーで繋いだ、いかにも”街の中”という印象が強いコースでした。現在はツーリングカーなどの「箱車」レースで使われています。

 コースはこんなところ。(F1の場合は薄いグレーの線になります。)
(1)フリンダース・ストリート
最初のシケインを抜け、次の90度ターンを抜けた後の2つ目の90度ターン、1994年、ベネトンのミヒャエル・シューマッハはタイトル争いの相手、ウィリアムズのデーモン・ヒルを阻止すべく、(わざと)ヒルにぶつけてしまいました。
(2)モルトハウス・コーナー
バック・ストレートに入ってしばらくで出てくる高速コーナー、1995年、予選でミカ・ハッキネンが生死に関わるような大クラッシュを演じてしまいます。ただ、幸運だったのはコース脇にいた医者が脳神経外科の専門だったために、辛くも一命をとりとめました。(そのため、マクラーレンはハッキネンの後釜を考え、テスト・ドライバーのヤン・マグヌッセンを座らせようとも考えていました。)
(3)デケットヴィル・ヘアピン
バック・ストレートの終わりに出てくるヘアピン、1986年、ナイジェル・マンセルがここで後輪がバースト、そのままリタイヤとなり、チャンピオンはプロストの元に転がり込んできました。

 という事で今日のお話はここまで。1日ではなかなか疲労も抜けないような気もする中ですが、今日も1日、頑張りましょ。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)
スポンサーサイト

スヌーピーの家

 さて3か月前の「高速道路での停車追突事故」が実は刑事事件になったことに「あれまぁ?」と思う中、昨日はやたらと水を飲んでいた(間違っても「酒を飲んでいた」のではありません。)「馬車馬の」私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。2枠目の今週は「スタジアム」、今日はこんなお話です。
(これ、アンタも巻き込まれる可能性は高いんやからね、ミーシャ。)

metlife-stadium-768_convert_20171011055434.jpg


frank-20120818180103_convert_20171011055313.jpg

 今月はこちら。アメリカ、ニュージャージー州イースト・ラザフォードにある「メットライフ・スタジアム」(MetLife Stadium)です。ニューヨークのマンハッタンから電車で約30分ぐらいのところにある2010年に開場した収容人員82000人のスタジアム、NFL(アメフト)のニューヨーク・ジャイアンツ、ニューヨーク・ジェッツが本拠にしています。前のホーム、ジャイアンツ・スタジアムの老朽化に伴って新築されたスタジアムです。当初はジェッツは別のスタジアムに移転予定だったが、五輪招致失敗で同スタジアムに本拠地を構えることになりました。(以前のジャイアンツ・スタジアムにもジェッツは後からやってきました。)スタジアム周辺はメットライフ・スポーツ・コンプレックス(メドウランズ・スポーツ・コンプレックス)と呼ばれており、競馬場などがあります。

 ただ、アメリカの場合、新球場の建設ラッシュが各スポーツで続いていますが、その建設費の減価償却などの費用がチケット代に跳ね返ってくるという影の部分があります。一番安いのはメジャーリーグ(野球)ですが、これは年間162試合(ホーム&アウェイ)、またキャパシティの大きさなどが主な理由です。逆に一番高いのはNFL(アメフト)、これは年間16試合(ホーム&アウェイ)しかない、必ずしも全てのチームと当たらないという事で、対戦カードによってはプレミア化が激しくなるからです。(また、一部の州では「ダフ屋」が合法になっているというのも、この跳ね上がりに拍車をかけています。)

 また以前にも書いたことがありますが、このスタジアムの入居者であるジャイアンツとジェッツの冠は同じ「ニューヨーク」ですが、このスタジアムのある場所はニューヨークから川を渡ってお隣のニュージャージー州、ニューヨークに比べると物価もちょっと安い目、また比較的交通の便がいいという事で、日本人の方も多く住んでいます。(例えていうなら大阪市とお隣の尼崎市(兵庫県)など)

 という事で今日のお話はここまで。今日もお仕事、1日また頑張りましょという次第です。
(ほれ、あんまし無理したらいかんよ、ミーシャ。)

坊ちゃんの才能あり

 さて愛するタイガース、昨日はGを沈めてグフフのフ。おとといの危険球に「のし紙つけて」返り討ちにしてやったことにクスクス。でも今日は1日、冷たい雨の降る1日。そんな中、真面目にお仕事、何とか終わらせてこの後はコーヒーでも飲んで(間違っても「おっぱい」飲んでではありません。)早寝しましょかと思う、ちょっと「のんびり」の私。今日は月曜日、順番変わって、巨大建造物のお話。1枠目の今週は「野球場」、只今行われている国体、そして危うく「ボチャン!」と落ちかけた私、そして俳句の毒舌先生からこんな球場のお話です。
(これ、ま~たそんな無理やりひっかけてくるんやから、ミーシャ。)

bocchann_convert_20171002211528.jpg

P1450007_convert_20171002211543.jpg

 今月はこちら。今年の国体の開催地は愛媛県ですが、その中にある「松山中央公園野球場」(松山坊っちゃんスタジアム)という球場があります。2000年に開場した収容人員30000人、センター122m、両翼99.1mの天然芝の球場です。プロ野球の試合もできるほどの施設で、過去に何度か試合をやっています。

 元々あった松山市営球場は松山城のお城の中にあり、この球場が老朽化が激しくなったために、改修その他が提案されましたが、史跡地であることから現地での改修を断念して、この球場を作ったという経緯があります。高校野球の愛媛県予選の決勝の会場、並びに独立リーグの愛媛マンダリンパイレーツの本拠でもあります。

 公募により命名された愛称「坊っちゃんスタジアム」は、松山市を舞台にした夏目漱石の小説「坊っちゃん」に因んでいます。(ちなみに隣にサブ野球場が2003年に完成しましたが、なんと「マドンナスタジアム」という名前です。)もともと「野球」という言葉は、松山市出身で夏目漱石らとも交遊関係にあった俳聖・正岡子規が作ったと俗に言われています。これは、子規の幼名の「升」(のぼる)に引っ掛けて「野(の)球(ボール)」という雅号を用いていたことが元になっています。ただし、これは「ベースボール」の日本語訳として作られたものではありません。(「ベースボール」を、初めて「野球(やきゅう)」と日本語に訳したのは、中馬庚という方です)もっとも、「打者」「走者」「四球」など、数多くの野球用語の日本語訳を子規が作り出したのは事実ですし、実際に子規自身も野球らしきものを楽しんでいたといわれています。こうした関係もあり、現在に至るまで松山市をはじめ愛媛県内は高校野球が特に盛んで、全国的に名を知られる強豪校も多いんです。(有名どころでは松山商業、宇和島東、済美など、出身プロ野球選手では藤田元司、西本聖、岩村明憲などがいます。)

 また只今行われている国体(国民体育大会)ですが、今年(2017年)の開催地は愛媛県です。この開催地は全国を東、中、西の3地域に区分。さらに地域内を3ブロック(東地域:北海道・東北・関東、中地域:北信越・東海・近畿、西地域:中国・四国・九州)に分け、ブロックや地域で調整、5年先まで決めます。(2017年現在までに決まっているのは、福井県(2018年)、茨城県(2019年)、鹿児島県(2020年)、三重県(2021年)、栃木県(2022年)までです。)

 という事で今日のお話はここまで。そろそろもお湯も沸きました。コーヒーでも飲んでおきましょという次第です。
(ほれ、風邪ひいたんと違う、ミーシャ。ちゃ~んとお布団かぶって寝とかんといかんよ。)

西の端

 さて愛するタイガース、ここにきてガス欠気味の事態に、ちょっとこの後が気になる私。今日は火曜日、巨大建造物のお話。4枠目の今週は「アリーナ」、今日はこんなお話です。
(これ、アンタもガス欠気味やないの、ミーシャ?)

2ef5e810969e23fd78ad60944ebf9868_convert_20170926062953.jpg

12050_aa3810cb_convert_20170926063005.jpg

 今月はこちら。ポルトガル、リスボンにある「MEOアリーナ」です。この「MEO」とはPT(プロジェクト・チームではなくポルトガル・テレコム)の移動電話部門のブランド名です。(日本でいうと、NTTドコモ光とかいうイメージですね。)1998年開場の収容人員20000人、各種スポーツイベント、コンサートなどに使用されています。

 元々は1998年のリスボン万博用に建設されたものですが、その理由は当時、コンサート、会議、そして大規模なスポーツイベントに対応できる多彩な施設がなかったからです。 リスボン市内もポルトガル国内の両方の既存の施設は、最大でも4000人と容量が限られていたため、世界クラスの屋内スポーツ競技のような非従来型のイベントに適応するのが困難でした。 既存の会場のもう一つの欠点は、現代のコンサート、ミュージカルを主催し、適切なライブTVカバレッジを得るために必要と考えられる技術的インフラストラクチャーの欠如でした。

 そしてこのアリーナの屋根は何と木製、これはかつての海上帝国を生んだ木製の帆船からです。世界の海洋と15世紀のポルトガルの発見を祝う世界博覧会の一環として、木材はコンクリートや鉄鋼よりも適していると考えられました。

 という事で今日のお話はここまで。今日からまた新しい場所になりますが、今日も1日、頑張りましょ。
(ほれ、今日もいい1日にするんよ、ミーシャ。)

みね子の道

 さて選挙のはがきにのたうち回る今週はややもすると「プールは全休?」になるかもしれないと考えている私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「サーキット」、来週最終回の朝ドラ「ひよっこ」、主人公の谷田部みね子からからこんなサーキットのお話です。
(これ、また何を無理やりひっかけてんかな、ミーシャ。)

67b20d85b6_convert_20170920203829.jpg

24d9e961999ae44fd4692a7bf1487729_l_convert_20170920203817.jpg

 自動車雑誌などで昔、よく特集されていた「谷田部テストコース、最高速は何とホニャララキロ」というものがありました。その舞台となったのは茨城県奥茨木村じゃなかった谷田部町(現 つくば市)にあった日本自動車研究所の高速周回路、通称「谷田部テストコース」です。1964年(昭和39年)に完成した全長5512m、1.5kmのストレート2本を半径400mの半円コーナーでつないだオーバル周回コースです。(さてここで計算してみましょう。1500×2+2×400×3.14=3000+2512=5512ですね。わからなかった方はお子さんの小学校の算数の教科書をよ~く読んでおきましょう。)元々は運輸省(現 経済産業省)の所管の財団法人 日本自動車研究所の前身、財団法人 自動車高速試験場が1961年(昭和36年)に設立されたことから始まりました。

 その最大の特徴は、円曲線部最大角度45度のバンク。(間違っても「貯まる」わけではありません。)谷田部の高速周回路の設計速度は、180km/hで、バンク内も180km/hで走行していれば、ステアリングを直進状態にしたまま走れました。(逆に言えば、180km/h以下では、コーナーのアウト側にステアリングを切らないと、バンクからずれ落ちてきてしまいます。)

 そして数々の伝説を生んできたこのコースも、2005年(平成17年)、つくばエクスプレスの開通に伴い、茨城県東茨城郡城里町の城里テストセンターに移転となり、テストコースとしての役割を終えました。コースの一部はまだ残っており、金網越しに見ることもできます。ちなみにミーシャは「つくば」とくれば、「筑波科学博」(1985年(昭和60年))ですが、「父親もこの手には乗るだろう。」と高をくくっていたものの、「小学生が大阪から、(東京よりまだ向こうの)筑波まで1人で行くには遠すぎる。」という事で却下されたことがあります。(まだその当時は常磐線くらいしかなかったんです。)

 という事で今日のお話はここまで。今週はちょっとドタバタになる週ですが、慌てず、騒がずで乗り切りましょという次第です。
(ほれ、アンタがドタバタするとロクなことにならへんのやわ、ミーシャ。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム