FC2ブログ

アナタにロックオン

 さて私は出戻り先に埋もれることが濃厚な「泥沼の」私。なぜかというと来た新人が1日でやめたというわけで、休みも取れないほどの超過密スケジュールを組んでくるウチの事務所に「バカヤロ~」といってやりたい今日は火曜日、またもや入れ替わった巨大建造物のお話。1枠目の今週は「野球場」、今日はそんなアナタにロックオンしたい、こんな球場のお話です。
(これ、アンタはいっつもロックオンされてんやないの?何なら今からピンポイントでミサイル撃ってあげようか、ミーシャ?)

MINNMLBP_0095_Bergerson_convert_20200707201559.jpg

TargetField-2010_convert_20200707201630.jpg

 今月はこちら。アメリカでも話題の街、ミネソタ州ミネアポリスにある「ターゲット・フィールド」(Target Field)という球場です。メジャーリーグ、ミネソタ・ツインズの本拠地として2010年に開場しました。収容人員39000人、センター123m、両翼103/100mの天然芝の球場です。からくり(東京)ドームのモデルになったメトロドームの後にオープンしました。ミネソタ州は冬はマイナス10度とかいう寒冷地にもかかわらず、ここの芝生は結構いいものになっています。またグラウンドの特徴としてはライトスタンド側のフェンスは高さ約7mあり、左打者に厳しい球場です。

 またこのターゲットとは、ミネアポリスに本社を置く、アメリカの大手小売業です。他にもモータースポーツで有名でした。(インディカーの3強の1つ、チップ・ガナッシ・レーシングの冠スポンサーを2016年まで務めていました。)そしてチーム名の「ツインズ」とはこのミネアポリスとお隣のセントポールという街を合わせて「双子の街」(Twin City)と呼ばれていたことからつきました。(決して善と悪の2面性を持つ双子の兄弟が現れるわけではありません。またその2人が属する集団を「黄金聖闘士」といってもいけません。)

 ということで今日のお話はここまで。最近疲労からかプールに行くこともできない中ですが、ちょっとゆっくりする間を探しましょ。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)
スポンサーサイト



この時期に

♪ホ~ス~ト~でも~、キャバ~ク~ラ~も~、すべてすべて、クラスターだ~か~ら~、祈るように~、今日も出た、コ~ロナの患者が~♪(やしきたかじんの「東京」のメロディでどうぞ)さて今日はちょっと小さな幸せをつかんだ「お手手のしわ」の私。そんな中、愛するタイガースは負けっぱなしに怒りの炎も青ざめる今日は水曜日、巨大建造物のお話。今週は「番外」ということでこんな所を語ってみましょ。
(これ、何が「お手手のしわとしわを合わせて『幸せ』」とかいうとんのよ、それは仏壇屋さんのCMやろ、ミーシャ。)

P023527018_480.jpg

420400936d58e9ab85c67dcc4dc7c874_640px_convert_20200701202354.jpg

 只今絶好調のコロナ、某所では連日2桁出てますが、そんなところから一時話題になったホテルがあります。ミーシャの家からもほど近い、大阪、北の玄関口の新大阪駅の近所に「大阪コロナホテル」というそのものずばりのドストライクな名前のホテルがあります。新大阪の駅の東口から徒歩2分、東淀川区西淡路というところにあります。1970年に開業してもう今年で50年、大阪でも結構、老舗のホテルです。名前の由来は諸説あり、太陽のコロナからくる輝かしいイメージからとったという説が有力です。(ただ、オーナーが一度変わっており、現在のオーナーはその当時のオーナーさんとは別人です。)

 またこのホテルは新大阪の駅に近い、また裏通り(ほとんどのオフィス関係、ホテルなどは西側の淀川区内にあるんです。)ということもあって、意外に多いのが「会議、研修」で使う例、研修や会議、展示会などで会議室の貸し出しもおこなっており、新大阪駅から徒歩2分という利便性もあって、宿泊以外にもよく利用されています。ちなみにミーシャもここで採用試験の対策の合宿研修をやったことがあります。その時に懇親会でプロ野球のオールスター・ゲームがテレビに映っていたのですが、食事その他そっちのけで、そのテレビを見ていたんです。(1999年です。)

 ということで今日のお話はここまで。今週も半分が過ぎましたが、あのトラさんたちのお馬鹿っぷりは「どうにかならない?」と思う次第です。
(ほれ、サッサとお風呂入っといで、アンタが一番危ないんやからね、ミーシャ。)

音の箱

 さて今日も蒸し暑い毎日、そんな中でヒ~コラとお仕事していた「萌える」私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。4枠目の今週は「アリーナ」、今週いっぱいでしばらく放送がお休みになるNHKの朝ドラ「エール」から、こんなお話です。
(これ、アンタのどこが「萌える」なわけ?アンタはむしろ「炎上」の方が似合ってんやないの、ミーシャ?)

36_image_convert_20200624212705.jpg

36_image2_convert_20200624212729.jpg

 2020年の朝ドラ「エール」、有名な作曲家、古関裕而と妻・金子をモデルにしていますが、その金子の出身地は愛知県渥美郡高師村(現在の愛知県豊橋市)ですが、この地は陸軍の師団が置かれていました。(2006年の朝ドラ「純情きらり」でもヒロインの恋人がこの師団に入営するくだりが出てきます。)花火とちくわで有名、新幹線も止まる東三河地方の中心、豊橋市、ここに「フェニックス・ドーム・アリーナ」(豊橋市総合体育館)というアリーナがあります。豊橋市内中心部、野球場、美術館などもある豊橋公園の中にあります。1989年開場、収容人員3000人、バスケットボールのB1リーグ、三遠ネオショッカーじゃなかったネオフェニックスが本拠にしています。また展示会やコンサート、各種イベントにも使用されます。

 元々はこの近所にあった豊橋市体育館というものがあったのですが、1985年に総合スポーツ公園計画が浮上し、その過程でできたものです。そのため、実質的には「移転」に近いものです。またこの近所の球場では年に数度ドラちゃんたちが試合をやっていますが、地元の出の藤井淳志がな~ぜか「神ッてる」ことが度々あります。

 ということで今日のお話はここまで。そろそろこのお馬も「給油」のお時間です。ちょっと明日に残らないようにということで、チョロッと入れてきましょ。
(こら、あんまし飲んでばっかりではいかんよ、ミーシャ。)

ダイブ一発

 さて昨日は講習に行って、ビルの中で危うく迷子になりかけた私。(間違っても館内放送で呼ばれたわけではありません。またこの不安からか、この建物を爆破してもいけません。)今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「お城」、この間の大河ドラマから、あんな飛び技一発で倒された今川義元から、今日はここのお話です。
(これ、その爆破は妹がやりましたっていうんやろ、ミーシャ。)

pic_001_02.jpg

sunputyo.jpg

 今川義元は静岡を本城としていましたが、今日はそこから、「駿府(静岡)城」(静岡県)というお城があります。今から約650年前の室町時代、今川範国が駿府守護職に任じられて以降、駿河国は今川氏によって治められました。9代義元の今川氏全盛の頃、徳川家康は7歳から18歳までの間、人質として駿府に暮らしました。1560年(永禄3年)今川義元が桶狭間で織田信長に討たれた後、今川氏は急速に衰退し、1568年(永禄11年)武田氏により駿府を追われました。徳川家康は、駿府の武田氏を1582年(天正10年)に追放した後、1585年(天正13年)には駿府城の築城を開始し、浜松城から移りました。しかし徳川家康は、1590年(天正18年)に豊臣秀吉により関東八国、250万石に移封され、豊臣系の中村一氏が駿府城の城主になりました。その後、徳川家康は、関ヶ原の戦いに勝利し、1603年(慶長8年)に征夷大将軍に任じられ江戸幕府を開きます。隠居後の1607年(慶長12年)には大御所として三たび駿府に入りました。この時に天正期の城が拡張修築され、駿府城は壮大な新城として生まれ変わりました。城には三重の堀が廻り、堀に囲まれた曲輪を内側かえあ「本丸」、「二ノ丸」、「三ノ丸」とする典型的な輪郭式の縄張りとしています。大御所の城にふさわしく、築城に際して「天下普請」として全国の大名が助役を命じられ、各地から優秀な技術者や多量の資材が集められました。また、安倍川(「安倍川餅」の元です。)の堤の改修や城下町の整備なども行われ、現在の静岡市街地の原形が造られました。

 その後、家康の子、徳川頼宣が駿河50万石の藩主になり、一度天領(直轄領)を経て、3代家光の実弟、徳川忠長が駿河大納言としてこの地に入り、その後の所業不行き届き(大井川に橋をかけた、みだりに殺戮を繰り返したなど)のために改易された後は再び「駿府城代」を置く天領になり、明治に至ります。この間に何度か火災に遭い、そのたびに修復を繰り返しています。明治になった際に「駿府」は「静岡」と改められ、戦後は公園となり、三の丸部分には県庁などの官庁街になっています。

 ということで今日のお話はここまで。今日も元気にお仕事に行ってきましょ。
(ほれ、コケんようにね、ミーシャ。)

1人じゃないよ

 さてここ最近、私の周りで巻き起こるややこしいお話にちょっとへきえき、さらにはこの結果を受けての中身がかなりきつい中身になっているのに、その分について私に何の説明もなかったことにやや怒りの炎が収まらない私。結局、私は元いた所に出戻る格好になったわけですが、その割を食って、本来の所属の者は休みを取れて、代打に行く者はろくすっぽ休みを取れないことに、上と交渉せんといかんなと思う今日は水曜日、巨大建造物のお話。2枠目の今週は「スタジアム」、今日はそんなケンカは1人でやっちゃいけないところから、こんなお話です。
(まぁそないに怒らんと、せやけど、一度ゆっくり話をしてみてもええかもしれんね、ミーシャ。)

17fc17cfe6a5e9707e3edb87c9677f74eade317b_convert_20200610212707.jpg

img_b6dccd6cc922afe650499963df6081a8310050_convert_20200610212758.jpg

 今月はこちら。イギリス、リヴァプールにある「アンフィールド」(Anfield)というスタジアムがあります。1884年開場、今シーズン絶好調のぶっちぎりのトップ、プレミアリーグの名門、リヴァプールFCが本拠にしています。収容人員54000人、他とこに比べるとちょっと小さめです。元々は同じ町の宿敵、エヴァートンFCのホーム・スタジアムとして建設。1892年、クラブ経営陣の内紛によりエヴァートンがグディソン・パークにホーム・スタジアムを移した後、このスタジアムをホーム・スタジアムとすべく新たに設立されたのがリヴァプールFCです。その後、現在に至るまで何度も大規模な改装を重ねています。現在のところUEFAの4つ星認定スタジアムです。UEFAヨーロッパリーグ決勝戦までは開催可能であるが、UEFA欧州選手権とUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦は開催できません。(この2つは、もう1段上の「5つ星」スタジアムになります。)またこのため、何度か拡張計画が出てはボツになっています。

 4つのスタンドからは綺麗に整備されたピッチを見渡すことができます。スタンドの名称は、アンフィールドロード・エンド、センテナリー・スタンド、メイン・スタンド、そして「聖地」ともいえるコップ・スタンド。アンフィールドロード・エンド、センテナリー・スタンドが2層、コップ・スタンドとメイン・スタンドが1層構造となっています。そしてここの名物が「You'll never walk alone」(お前たちは決して1人で歩かないだろう → 『ファンの私らがついてますよ。』という意味です。)、世界でも屈指の知名度を持つ、サッカーの応援歌ですが、これはこのチームが最初に始めたものです。1970~80年代にその絶頂期を迎えたクラブでしたが、「ヘイゼルの悲劇」「ヒルズボロの悲劇」などでチームは弱体化したのですが、今また再び戻ってきました。また著名人のファンも多く、次回作を最後に降板する6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグもその1人です。

 ということで今日のお話はここまで。何だか妙にひっかけたい気分(間違っても女性をナンパすることではありません。)になってきました。そろそろご飯もできました。スパ~ンとひっかけて、早く寝ましょ。
(ほれ、一晩寝たら落ち着くからね、ミーシャ。)

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム