バッグの箱

 さて昨日はちょっとお医者さんに行っていた中で、帰りの電車の中でえっらい体格のいい女子高生が、隣に座っていたわけですが、その腕の太さに思わず腰を抜かした私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。4枠目の今週は「アリーナ」、今月はその女子高生の持っていたサンドバッグじゃなかったボストンバッグからこんなお話です。
(これ、アンタもシバかれておいでな、ミーシャ。)

aerial.jpg

boston.jpg

 今月はこちら。アメリカ、マサチューセッツ州ボストンにある「TDガーデン」です。元々は「フリート・センター」という名前でしたが、命名権の関係でこの名前になりました。(「TD」というのは「トンマなドラゴンズ」ではなく、地元の地方銀行、TDバンクノースの事です。)1995年開場の収容人員18000人、NBAのボストン・セルティックス、NHLのボストン・ブルーインズが本拠にしています。

 またここの名物が、「寄せ木細工模様の床」、これは以前の本拠地、ボストン・ガーデンへのオマージュですが、このガーデンの特徴の1つに大恐慌中に建設費の削減を狙って作られた、廃材を利用したものです。でこぼこでボールが不規則に跳ね返るこの床は元々は、ボストン・アリーナの一部であり、1952年にボストン・ガーデンに移されました。現在のTDガーデンの完成に伴い、床は新しいものに換えられましたが、以前のガーデン時代と同じような寄木細工模様のものが新アリーナでも使用されています。

 ということで今日のお話はここまで。今週末からちょっとハードな週になりますので、体調の管理に悩むところです。
(これ、私はアンタのお守りしてるんが悩むんよ、ミーシャ。せやけど、早よ治しや。)
スポンサーサイト

35年前

 さて愛するタイガース、昨日は「死神を生き神にしてしまった」ことにグフフのフ、しかし上との差がなかなか詰まらない「つまらない」私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「サーキット」、今日はこんなお話です。
(これ、アンタが「つまらない」のはいつもの事やろ、ミーシャ。)

ca2e9d0b50b996ce4f7d2dc1daf85202_convert_20170419062915.jpg

Zolder_convert_20170419062903.png

 今月はこちら。ベルギーのサーキットで一番有名なところは「スパ・フランコルシャン」ですが、もう1つの有名どころ、ベルギー東部、オランダとの国境にほど近い、ヒューステン・ゾルダーというところにある「ゾルダー・サーキット」(Circuit Zolder)というコースがあります。1963年に開場、これまでに3度、改修されている(1974年、1986年、2002年)、全長4011mのコースです。

 1973年、1975年~1982年、1984年にF1ベルギーGPが開催され、F1のシーズンオフ時期に合同テストコースとしても使われていました。1983年からはツーリングカーのゾルダー24時間耐久レースが行われています。また自転車競技にも重きを置いており、2002年にサイクルロードレースの世界選手権大会(UCIロード世界選手権)がサーキットコース全てと周辺公道を接続した1周13.1kmコースで行われ、2010年からはシクロクロスの世界シリーズ戦(UCIシクロクロスワールドカップ)の一大会がコースの一部を利用して開催されています。

 そしてここを語るには外せない「ビルニューブの死」、今から35年前の1982年5月8日、9度目のF1ベルギーGPの予選2日目、ビルニューブはピローニが自身の予選タイムを0.15秒上回ったと聞くやいなや、再び予選アタックへと飛び出していきました。予選終了10分前ほどでした。ピローニのタイムを更新することができないままタイムアタックを続ける中、高速S字コーナーの後の長い左カーブでスロー走行中のヨッヘン・マスのRAMマーチに遭遇。マスはヴィルヌーヴの接近に気付き、レコードラインを譲ろうとしました。しかしビルニューブはレコードラインの外から抜いて行こうとし、結果として同じ方向(アウトコース)に動いてしまいました。(この時、ビルニューブの車は推定時速230km/hに達していたといわれています。)この後、ビルニューブの車の左フロントタイヤがマス車の右リアタイヤに乗り上げ、回転しながら宙に舞い上がりました。マシンは前部から路面に激突して150m垂直状態のまま横転して大破し、ビルニューブの身体はシートごとマシンから投げ出され、コース脇のフェンスに叩きつけられ、その夜、32歳の若さで死亡しました。この事故を受けて、コースは1986年に改修され、その事故のあった場所(コース図の(6)と(7)の間です。)にはシケイン上のコーナーが設置され、その名も「ジル・ビルニューブ・シケイン」となっています。現在ではDTMなどのツーリングカーなどで使用されています。

 ということで今日のお話はここまで。今日も元気にお仕事です。少々難儀な部分はありますが、今日も1日、頑張りましょ。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)

理髪師の家

 さて最近雨がちの中、なかなかその坂を超えられない「イマイチの」私。でもけしからん某全国紙がコケたことにクスクス、今日は水曜日、巨大建造物のお話。今週の末が「イースター」(復活祭)ということで、その後に行われるセビリアの春祭りからこんなお話です。
(これ、アンタなんてのが復活しとってやったら、現世はえらいことにあるんやわ、ミーシャ。)

24066180_convert_20170411215438.jpg

manuel_ruiz_de_lopera26_convert_20170411215505.jpg

 スペイン第4の都市、セビリア、この地は世界的にも有名な毎年4月の後半から5月(イースターの2週間後)に行われる「春祭り」(フェリア・デ・セヴィーリャ)でも有名ですが、そこにあるのが「エスタディオ・ベニート・ビジャマリン」(Estadio Benito Villamarín)というスタジアムです。1929年開場、収容人員52500人のスタジアムです。1974年、1982年、2000年に改修されています。リーガ・エスパニョーラのレアル・ベティスがホームにしています。

 当初はエスタディオ・エリオポリス(Estadio Heliópolis)という名でしたが、その後、クラブのオーナーの名前を冠してエスタディオ・ベニート・ビジャマリンに改称されました。さらに2000年の改修工事が終わった際に、当時のオーナー名のマヌエル・ルイス・デ・ロペーラと改称されました。しかし、このオーナーのワンマンぶりがファン層の反発を招き、2010年10月16日にソシオ(アボナード)による投票の結果、元のエスタディオ・ベニート・ビジャマリンに戻されました。

 そしてここの主である「レアル・ベティス」、大体ヨーロッパの街には同じ年に2つチームがあってというのが相場ですが(ない例はアムステルダム(オランダ)のアヤックスがありますが、これはものすごく珍しい例です。)、ここも多分に漏れず、セビリアFCとこのベティスがさんざんやり合っています。元々ケンカ別れしたことが始まりで、ベティスが設立されたこともあって、そのエゲツなさはスペイン一の過激さ、「2部に落ちても、連中に勝ちゃそれでいい」というほどで、過去に何度も中断、没収などの処分をくらっています。

 そして今週の末は「復活祭」(イースター)ですが、その前1週間を「聖週間」(英語でHoly week、スペイン語ではSemana santa)と呼ばれる「受難の週」です。「卵とウサギの祝日」というイメージがありますが、真面目なお話をしますと基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる(カトリック、プロテスタントなどの場合、最早で3月22日、最遅で4月25日、ギリシア正教などの場合は4月4日から5月8日です。)移動祝日です。キリスト教が優勢な国においては復活祭の翌日の月曜日も休日にされていることがあります。(イースター・マンデー ただしアメリカではこの習慣はありません。)ヨーロッパにおける主要株式・債券市場は、復活祭の前の聖金曜日(グッド・フライデー ただし写真週刊誌は袋とじ付きでちゃんと発売されます。)、復活祭後の月曜日に休場します。(基本的にこの週末は4連休になります。) 

 ということで今日のお話はここまで。今日も真面目にお仕事です。さて今日はどうなりますかというところで、1日、頑張りましょ。
(これ、あんまし無理したらいかんよ、ミーシャ。)

3セクの後

 さて愛するタイガース、昨日もまた負けて、今シーズンははや絶望感が漂いそうな中で、足の指の腫れはちょっと収まりつつある私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。1枠目の今週は「野球場」、今日はこんなお話です。
(これ、今日はまたトイレに貼ってある地図に鉛筆投げて決めたんかな、ミーシャ?)

40406351997_01_l.jpg

20150518_convert_20170405065659.jpg

 今月はこちら。昨日の大乱闘の場所にもなった「京セラドーム大阪」です。1997年に開場したセンター122m、両翼100m、収容人員36000人の球場です。大阪市がパシフィック・リーグの大阪近鉄バファローズ(当時)を誘致し、その本拠地(専用球場)として大阪市主体の第三セクター・大阪シティドーム(現・一般社団法人ドームの会)によって建設された多目的ドームです。後に近鉄を事実上吸収合併したオリックス・バファローズもこちらを本拠地として使用しています。また阪神タイガースも4月、8月にホームゲームをここでやっています。(阪神電車が運営会社(旧第三セクター)に出資した経緯があり、本拠地の甲子園に近いことや西大阪線の延伸予定地(現在の阪神なんば線)に近かったことから開場以来、地方開催として主催試合を行っています。)他にも、アマチュア野球、コンサート、展示会などで使われています。

 元々ここは、大阪ガスの工場でした。そこに大阪の政界、財界の意向もあって建てられたのですが、当初はドーム内でのイベント日以外にも商業施設として機能させるべくショッピングモールやアミューズメント施設(ドーム内2階のリックドムじゃなかった「グリンドムモール」及びドーム内9階の「フェスタモール」、ドーム前千代崎駅がある東側の「Padou」)を作り営業していました。しかしイベントが無い日はほとんど来場者が無く、またその利用者を見越して造られた立体式地下駐車場も、利用の低迷と維持管理費の削減のために建設当時の台数の半分近くが解体の上、埋められてしまいました。さらに近鉄の観客動員も初年度以外は伸び悩み、コンサートの利用数も振るわずと赤字が続き、大阪市のドーム建設計画の甘さが露呈、大阪市の税金の無駄遣いの典型と批判されました。

 そして2004年の近鉄バファローズの消滅に伴い、この「大阪シティドーム」も経営破たんし、2006年、オリックス・バファローズの親会社オリックスの不動産部門、オリックス不動産が施設を買い取り、また命名権を「京セラ」が持っています。現在の「京セラドーム大阪」の名前は2017年3月までだったのですが、4月以降もそのまま使われています。

 この球場は「円形球場」ということで、どうしても「醜い」じゃなかった「見にくい」わけですが(スタンドが高くなり死角が多くなるためです。)、特にバックネットに近い内野席ではホームベース付近、一塁、三塁付近の内野席ではその一塁、三塁ベースが見にくいという欠点があります。(ただ、逆にいえばよりコンパクトにまとまっており、コンサート会場としては優秀といえます。)そして全面人工芝を採用しています。

 また先述の阪神タイガースのホームゲームから、その時期はうまいことやれば丸一日、野球漬けになることができます。と他えば、こんな例が…。

 朝7:00  甲子園の高校野球、朝一で開場後に入ります。
   8:00  第1試合が始まります。
17:30~18:00 高校野球が終わります。
 19:00   そのまま阪神電車で難波行きの電車に乗って「ドーム前」という駅で降ります。
    ~22:00  降りてすぐにこの京セラドームにつきます。後はタイガースの試合をお楽しみに…。

 ということもできます。このため、この時期のスタンドには甲子園に来ている出場校の生徒がちらほらいます。

 ということで今日のお話はここまで。お仕事は色々と複雑な部分もありますが、その辺は割り切って考えましょという次第です。
(ほれ、アンタも考えとかんといかんよ、ミーシャ。)   

ピーターの門

 さてとりあえず、私を巡る問題に一応の方向性が見えてきたことに一安心、とはいえ油断できない状況は変わらないものの、現状よりはマシな気もする中でこのお話を書いている私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。今週は「番外」ということでこんなお話です。
(これ、今度は何を持ってきたんかな、ミーシャ?) 

20141118054738_1452153328_10137_8.jpg

 4月以降もこの枠は変わりません。そんな中で、昨日何気に見ていた映画から今回はこちら。ヨルダン南部、イスラエルとの国境のマアーン県にある「ペトラ遺跡」です。1985年に世界遺産に登録されました。敷地面積246㎢(甲子園球場のグラウンド18900個分、徳之島とほぼ同じくらいの大きさです。)の巨大遺跡、ペトラとはギリシア語で「崖」を意味しています。(ここで「崖の上のペトラ」とか言ってはいけません。)紀元前(BC)(注釈)1世紀ごろから、古代ナバテア人の有力都市として栄えました。ペトラの特徴として、スパイス交易の拠点機能と治水システムがあげられます。完全な岩礁地帯(砂岩)であるので、農業には不向きでした。また雨が降ると、鉄砲水となって渓谷内を通過していきました。ナバテア人は、ダムを作って鉄砲水を防ぎ、さらに水道管を通して給水設備を作り上げたことが分かっています。その後、紀元(AD)(注釈)105年に、ローマ皇帝トラヤヌスが反乱を起こしたペトラを降伏させ、106年には、ペトラとナバテア人はローマのアラビア属州として完全に組込まれます。1812年、スイス人の探検家、ルートヴィヒ・ブルクハルトが、12世紀の十字軍以降、最初にヨーロッパへ紹介しました。20世紀の頭から発掘調査が行われ始め、現在でも続いています。2000年の調査段階でも、未だ遺跡の1%程度しか完了していないと推定されています。2014年現在、85%が未発掘とされています。

 そして一番有名なのは、画像にも出てくる「エル・カズネ」と呼ばれる宝物殿です。ほとんどの建築物と同様に、この建造物もまた砂岩の岩肌を彫って造られたものです。エル・カズネは古代ギリシア建築の影響を受けており、貴重な観光地になっています。そしてこれを見たアナタ、「これ、どこかで見たような…?」と思う方は多数おられると思います。それはこちら。

3dc456695d42caaf1d31e1fe5c716a18.jpg

e0182138_1373445_convert_20170329085347.jpg

西側の映画作品「インディ・ジョーンズ ~最後の聖戦~」(1989年)に登場しています。インディ・ジョーンズ博士がヨルダンで聖杯を巡ってドイツのオカルト捜索の親衛隊部隊と追っかけっこをする中で、最後の聖杯が置かれている遺跡の入り口として登場します。さらにこれが世界的大ヒットになったことから、調子こいた関係者がこの中にグッズ・ショップまで出しているというイカレっぷりです。

 ということで今日のお話はここまで。とりあえずは何とかなったということで、私もちょっとあれこれと動いてみましょという次第です。
(ほれ、あんまし油断しとったらいかんよ、ミーシャ。)

(注釈)BCとAD  決して「ブサイクなチビ」(busaiku chibi)とかアシスタント・ディレクターといった体のいい雑用係ではなく、紀年法において紀元(元年、すなわち1年)よりも前の年々を表現する方法です。1年の前年が紀元前1年であり、過去に遡るたびに紀元前2年、紀元前3年・・・と、数値の絶対値が増加します。英語の「Before Christ」の略です。また紀元後の表現で日本語や英語圏では、ラテン語の「A.D.」又は「AD」が使われる。A.D.またADとは「アンノ・ドミニ (Anno Domini) 」の略であり、「主(イエス・キリスト)の年に」という意味です。(スペイン語ではA.C. (Año de Cristo)と書きます。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム