FC2ブログ

ハイテク・ブランド

 さて蒸し暑い中でのお仕事、そんな中、明日から1人同僚が休みを取っての行き先がなんと「東京」ということで、「ヤバいんじゃないの?」と大騒ぎになった中、このお話を書いているという「濃厚接触者1号」の私。今日は木曜日、テニスのお話。1枠目の今週は「道具」、今日はこんなお話です。
(これ、ま~たそんなややこしいネタをやってまぁ、ミーシャ。)

 オーストリアのラケット・ブランド、ヘッド。現在の男女の世界ランク1位、ジョコヴィッチとアシュリー・バーティが使用しているブランドでも有名ですが、かなりのハイテク・ブランドでもあります。また同じメーカー内でラケットを比較するには「ヘッド以上にわかりやすいメーカーはない」と考えており、メーカーにこだわりがなければヘッド内で完結できるという強みがあります。それぞれの性格が全然違い「好みを見つけやすい」「細かい味付けに派生しやすい」ため、結構ハマる方はハマります。

 ではそんなヘッドが生み出したテクノロジーはこんなもの。

(1)チタン素材
1999年に登場した「Ti S6」から始まったものです。元々チタンは衝撃や腐食、高温にも強い。 耐久力に優れたチタンをフレームに採用し中空構造で高い反発性を実現しています。そして一躍バカ受けしたのが「Ti ラジカル」、ラジカルシリーズの4代目ですが、ツアーモデルでありながらも295gという軽めな設定、よくチタンを使用しているからラケットが軽い・・・こんな言葉も飛び交ってましたが・・・実は「チタン」自体は素材としては重たい部類に入ります。但し強さが際立っていた事でラケットに使用するカーボン素材を減らす事で軽量化に成功し、これを使ったアンドレ・アガシの復活と共に大ベストセラーになりました。

(2)インテリファイバー
2001年に登場したピエゾ・エレクトリック理論を基にラケットが打球時に受ける衝撃を電気エネルギーに変えて、ラケットのしなりをコントロールするという仰天テクノロジー、衝撃を受けた瞬間だけ、一瞬硬度が上がり、しなりによるコントロールのずれを消すという仕掛けです。

(3)フレックスポイント
2006年に登場したもの。フレームの両サイドに細い丸い穴をあけて、そこの強度を意図的に落とすことで、ボールをくわえ込む度合いを上げたものです。

(4)グラフェン
2012年に登場したもの。現在はこの進化版、グラフェン360°となっていますが、この世で最強のカーボン素材(といってます。)グラフェンをフレームのトップ部とお尻部分に搭載して強度と軽量化を実現したといわれています。

 他にもCAPグロメット(ストリングが完全にフレームの中に入り込む形、これで振った時の空気抵抗が減る(振り抜きがよくなる)とい合われています。)、ノーダル・テクノロジー(ラケットのスイート・スポット(芯です。)、一番力の入るポイント、そして一番衝撃の来ないポイント、この3つは近いところにあるのですが、完全に揃えられるのは難しかったものを実現した。)などがあります。

 ということで今日のお話はここまで。ただグリップの形が合う人、合わない人がはっきりする(かなり扁平なグリップのため、他社から変えるとちょっと違和感がという人も多いんです。)ため、私も一時考えましたが、結局没にしました。今月の予定もそろそろ決まりつつありますが、何とか乗り切りましょ。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)
スポンサーサイト



ボールの交換

 さて現在の地でのお仕事は8月のお盆ごろまでということになったことで、そのあたりのコスト計算をしている私。そしてこの中で口封じされたりとか?とか妙な予感もする今日は木曜日、テニスのお話。今週は「番外」ということで、こんなお話を書いてみましょ。
(これ、アンタは香港にでも行ってくるか?プーさんも待っとるよ、ミーシャ。)

 テニスの試合、たま~にボールを交換している例があります。試合で使うボールはほとんどがプレッシャーライズド・ボールといって与正じゃなかった「与圧された」ボールになります。(間違っても風船が飛んでくるのが気に入らないからって、建物を爆破してはいけません。また「クズ」「カス」などとこき下ろしてもいけません。)このガス圧は普通の気圧よりも高く、この反発力でボールはポンポンとはねるわけです。これがプロの試合ともなると、恐ろしいほどのパワーでバカスカ打たれるので、徐々に中の気圧が下がって、はね具合が悪くなるわけです。ですから、ニューボールに交換直後は反発力が大きく、同じスピードでラケットを振っても速いボールが打てる理屈になります。これにより、交換直後のサーバーは有利といわれます。もしプレー中にボールがプレー続行不可というほど激しいダメージを受けた場合は、そのポイントはやり直しとなります。とはいえ、そのタイミングその他はまちまちでして、色々な試合方式がありますが、1セット・マッチ以下ではこれをやることはありません。私の経験ではアメリカで出たトーナメントで3セット・マッチでしたが、最終セットは新品になったとかいう例はあります。

 それではプロ・ツアーレベルでの場合を見てみましょう。
(1)1回に使うボールは6個
当然スタンドに入った(「ファウルボールにご注意ください。」とかいうアナウンスが流れるわけではありません。)とかいう場合は係員が飛んできます。その人に渡しましょう。(間違っても持って帰ってはいけません。またネット売買してもいけません。)ボールパーソンが審判台の下に置いてある冷蔵庫から毎回、取り出しています。

(2)最初は7ゲーム、そこから以降は9ゲームごとに交換
最初が7ゲームなのは、試合前のウォーミング・アップ(15分です。)で打ち合うためにその分の消耗を考慮しているからです。以降は9ゲームごとに6個すべてを交換します。

(3)では、使い終わったボールは?
これは様々な使われ方をします。お土産グッズとして売り出されたり、あるいはチャリティに出したりとかいう例があります。またもう少しレベルが下がると、一括で回収して、その分は練習会などで使うということもあります。子供の試合では、「負けた子がもらう」という例もあり、これは「そのボールでもっとうまくなりなさい」という意味があります。

 このため、ウィンブルドンなどでは大会前日からその選手が出場する最終日まで、各自1日あたり最低3個の新しいボールが無料で練習用に提供されることになっています。それらのボールは、練習後は大会側に返却しなければなりません。そんなこんなで毎年54000個ほどのボールが使われます。(決して卵50000個ではありません。「豚肉7000kg、卵1日50000個、鶏肉3000kg 餃子1日100万個 食は万里を超える」とかいうCMを考えてはいけません。)

 ということで今日のお話はここまで。何やら蒸し暑い中ですが、マスクがそろそろ息苦しくなってきたことに悶えつつ、今週も頑張りましょ。
(ほれ、世間様はアンタが悶えとっての所を見たいんやないの、功徳が足らへんってお釈迦様も言うとってやったでしょ、せやから現世で苦しみ、ミーシャ。)
(お姉ちゃん、いくら最近イライラするからって、ボクに八つ当たりしないでよ、まったくもう!)

後から

 さて今日も蒸し暑い1日、そして結構マスクがきつい日々の「息苦しい」私。今日は木曜日、テニスのお話。4枠目の今週は「テニス・トーナメント」、今日はこんなお話です。
(まぁ、結構大変やね、ミーシャ。)

view-from-my-seat-high.jpg

 この時期はイギリスでの芝生コートの大会がメインになってきます。その集大成が「ウィンブルドン」なわけですが、その前哨戦と言うべき「イーストボーン国際選手権」というトーナメントがあります。冠スポンサーの関係で名称は色々と変わりますが、女子トーナメントとしては、かなり歴史は古い方で1974年から始まりました。2017年以降は男子も加わり、男女共催のトーナメントになります。WTAツアーの格付けとしては「プレミア」、上から4つ目のカテゴリーになります。女子の最多の優勝者はマルチナ・ナブラチロワ、11度(そのうちに5連覇という例もあります。)の優勝回数を持っています。

 またこのイーストボーンはイギリス海峡に面しており、イギリス有数のリゾート地として知られています。海岸線には灯台と小石の多い砂浜があり、ビーチに沿ってプロムナードが続き、ヴィクトリア朝からの瀟洒なリゾートホテルが軒を連ねています。ロンドンから100kmほどの所にあります。

 ということで今日のお話はここまで。体力的にもそろそろきつくなってくるところですが、何とかうまいこと乗り切りましょという次第です。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)

つけ上がる

 さて昨日も講習に行って、その後はプールに行っての中でなかなか元に戻らないことに「モヤモヤの」私。今日は木曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、今日はこんなお話です。
(ほれ、そんなに焦らんと、ミーシャ。)

 ありがちな例、相手が妙に自分の打っているボールにタイミングが合っているという例ですが、合わせやすい人、合わせにくい人というのはどうしても出てしまいます。(人間様の関係でもそういう類はありますな。)

(合わせやすい人)  そんなに打ち方が変てこではない人(ボールの出どころが見やすい)
           ボールにそんなに回転をかけずに打つ人(そんなに「予期せぬ変化」が少ない)

(合わせにくい人)   かなり変てこな打ち方をする人(タイミングが取りにくい)
           (偶然もありますが)ボールに妙な回転のかかる人(その判断が遅れがちになります。)

 こう考えてみると、得てして初級者の方の方が相手にしてはやりにくいということになってきます。例えば、ちょっとボールに押されたために、ボールにシュート回転がかかって思っていたより外に行ったとか、相手の打ったボールに偶然当てただけでカウンターで入ったとかいう例です。

 そこで厄介なのが、「私、イケんじゃない♡」とか勘違いして、調子に乗ってつけ上がる例、こうなると相手はイケイケで来るわけで、こうなってしまうと下手したら収拾がつかなくなることもあります。またこの中で、「もっとエグいところに打たないと…。」ということでリスクの高いプレーに出て、ミスをするという悪循環になったりもします。そうならないためには…?

 「相手はそんなに経験がない」  →  「長い打ち合いはそうそうやったことがない」
 「長い打ち合いはそうそうやったことがない」  →  「その打ち合いで相手の体力を奪う」(プロレスのマット技と同じですな。)
 「その打ち合いで相手の体力を奪う」 → 「体力を奪った所で動きの停まった相手を沈めに行く」

 また「自分から打ちに行くことには早々慣れていない」という点から、わざと緩いボールを打って打たせに行くという手もあります。ただこれもあまりやりすぎると「球出し練習」になってしまうきらいもあります。そのためにわざとぶつけるというのもありです。(いわゆる「報復死球」的なやつです。)

 ということで今日のお話はここまで。今週は年に1回の教育研修の関係で6連投のお仕事になりますが、何とか乗り切りまして、5日間の有休をどこで使うかを考える次第です。
(ほれ、なかなか休みを取られへんのはわかるけど、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)

本家の復活

 さて出戻りも何とやら、この状況でちょっと交渉事を考える中、雨に打たれた私。今日は木曜日、テニスのお話。2枠目の今週は「選手」、今日はこんなお話です。
(まぁ雨に打たれて、どないやったんかな、ミーシャ?)

spo17100109300037-p44.jpg

 テニス発祥の地、イギリス、かつては名選手もいましたが、なかなかテニス峡谷とは言えないような状況が続いていました。そんな状況を変えるべく、男子ではアンディ・マリーなどが出てきましたが、女子でもジョアンナ・コンタ(Johanna Konta)という選手がいます。1991年5月17日、オーストラリア、シドニー生まれ、右利き、バックハンド両手打ちのこの方、ハンガリー系移民でホテル経営者の父と歯科医の母の間に生まれ、8歳からテニスを始めます。2008年にプロに転向。 そして2012年に国籍をイギリスに移します。

 2017年に自己最高の4位までランキングを上げましたが、その後はちょっと低迷、しかし2019年にはイギリスの女子選手としては36年ぶりとなるフレンチ・オープンのベスト4入り、本来であれば一番苦手なコートのはずですが、ここまで行ったことは結構なものです。また大坂なおみと相性がよく、2015年全米オープンや2017年全豪オープンなど3度対戦し、すべて勝利しているというちょっと「天敵」じみたなアナタです。

 ということで今日のお話はここまで。その交渉もどう持っていくか頭をひねるわけですが、下手したら首を絞めるような気もします。ちょっとうまい事やってみましょ。
(ほれ、あんまし策に走るとコケるよ、ミーシャ。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム