振れば振るほど

 さて昨日は豪雨とぬかるみに悩まされた「ぬか喜びの」私。今日は土曜日、最後に残ったテニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、この「降る」、そして例のノッポちゃんの「イップス」疑惑からこんなお話です。
(これ、アンタの場合は「糠に釘」やないの、ミーシャ?)

 テニスが上達してきて、試合に出場したりすると練習以上にミスの重要性がわかってきます。そうすると、相手コートにとにかくミスをしないで返球するような意識が高まり、思いっきり打てなくなるような時期があったりします。(いわゆる「イップス」とは似て非なるものです。)ここで、「丁寧に打つ」という部分ではいいのですが、得てして、そんな場合は「置きに入っている」場合がほとんどです。野球でもそうですが、カウントをそろえに行こうとしてスライダーなどを投げることが多々ありますが、そうなると、相手にとってはしめたものでして、レベルが上がると、相手のそういったショットを待って、攻撃に転じるのが上手いです。

 そこで重要なのが「回転」です。回転をかければ、ショットを打つ時に振りきっても、相手コートに入る確率が上がります。力加減でショットの強弱を調整すると、繊細なタッチが必要になりますし、ちょっとした力加減のミスで、相手のチャンスボールになってしまいます。その点、回転を意識して常に振りきれるようになれば、相手にとっては打ちづらくなります。またグリップをギュッと握ると(誰ですか?アンタが握ってるのは別のものだろ?とか言ってるのは?)、ボールは飛びます。逆に緩~く握るとそこでボールの力を吸収しますんで、そんなに飛びません。

 これをやるには「ミニ・テニス」、カラオケボックスじゃなかったサービス・ボックスの中でラリーをする練習がありますが、これをフルスイングで出来たら大したもんです。ショートラリーの時に振りきって回転をかけながら、サービスライン内におさまるように打てるようになると、回転をかける感覚が養われます。得てしてアウトするのが怖くて、スイングが縮こまる方がいますが、この場合は逆にヘッド・スピード(スイング・スピード)を上げれば上げるほど、回転がかかってコートに入ります。(ただし、ボールの真後ろをモロに当てないようにしましょう。)ミーシャの必殺技、「ショートアングル・ショット」、ボールの外側をこすってネットを超えた後に急速に落ちて、外へ逃げるショットですが、この練習をやると、打てるようになります。ただし、フォアハンドの方がやりやすくなります。ボールの外側をこするため、外から巻き込むような打ち方になります。フォアハンドの場合はそのまま巻いたらいいのですが、バックハンドの場合は両手打ちの方の方が打ちやすくなります。(左手のフォアハンドというイメージのためです。) 

 という事で今日のお話はここまで。今日からちょっと短い「夏休み」です。その一つ目は「お墓参り」、コーヒー飲んで、朝ドラ見て、行ってきましょ。
(ほれ、ご先祖様にちゃ~んとお願いしといでや、ミーシャ。)
スポンサーサイト

名前が長い

 さて昨日は胃に悪い勝ち方をした愛するタイガース、その裏で皿を積み上げていた私。今日は木曜日、テニスのお話。2枠目の今週は「選手」、今日はこんなお話です。
(これ、その「皿を積み上げる」というのも胃に悪いんやないの、ミーシャ?)

rotator-02_convert_20170806210516.jpg

 今月はこの方。インマクラーダ・コンセプション・"コンチタ"・マルティネス・ベルナット(Inmaculada Concepción "Conchita" Martínez Bernat)、俗にコンチータ・マルティネスと呼ばれます。1972年4月16日、スペイン北部、ピレネー山脈にも近いモンソン生まれ、右利き、バックハンド片手打ちの方です。1歳年上のアランチャ・サンチェス・ビカリオとともに、長年にわたりスペインの女子テニス界をリードしてきた2強豪でした。

 1988年にプロ入り、そして国内では無敵だったアランチャ・サンチェスに圧勝したことで、一躍、有名になります。赤土の多いスペインで育った選手らしく、マルティネスも長い間“クレーコート巧者”の印象が強かったのですが、1994年に芝生のウィンブルドン選手権で初の4大メジャー決勝進出を果しま。その決勝戦で、マルティネスは同選手権で10勝目を狙ったマルチナ・ナブラチロワをフルセットで破り、スペインの女子テニス選手として最初のウィンブルドン優勝者になりました。そしてサンチェスが2002年末に引退の後、2006年まで現値気を続けたのですが、アキレス腱の故障から引退する事になりました。引退後はスペインの女子代表チーム監督などを経て、現在は同じスペインのガルビネ・ムグルッサのコーチをしています。(なお、ムグルッサは今年のウィンブルドンをで優勝しており、スペインの女子選手としては師匠のマルティネス以来2人目となります。)

 ただ、この方は案外気性の激しい部分がありまして(そうでなかったら、プロで飯を食えるわけがありません。)、日本の伊達公子に結構「カモ」にされていました。跳ね上がるトップスピンを伊達公子が上がりっぱなを叩くわけですから、当然、伊達公子の方が有利になります。(通算で6勝2敗と伊達公子の方が勝っています。)とある年の大会で、伊達公子に負けた彼女は怒りのためにロッカールームでラケットをへし折り、それをごみ箱に捨てて帰りました。(道具は大切に使いましょう。)そこにいた伊達公子はそのごみ箱にあったラケットをこっそり持って帰ったんです。(そしてこのラケットはテレビに出ました。NHKの「課外授業 ようこそ先輩」という番組で伊達公子が出た際に、このラケットについて解説していました。) 

 という事で今日のお話はここまで。今日も暑くなりそうですが、1日、頑張りましょ。
(ほれ、あんまし無理したらいかんよ、ミーシャ。)

滑らないお話

 さて毎日、暑い中、真面目にお仕事、でもそんな夏ももうすぐ終わるんですねと思う「ひと夏の」私。間違っても、この夏に「火遊び」とか「ニャンニャン」とかやっているわけではありませんが、今日は木曜日、テニスのお話。1枠目の今週は「名品」、最近、世に出た、「これは久々に当たるかもしれない」と思う、こんなもののお話です。
(これ、アンタはなんでそう、意味ありげなネタで来るわけ、ミーシャ。)

7H923.jpg

 今月はこちら。プリンスの「グリップ・プラス」というローションです。ローションと聞くと、9連マットの上での密着とかいうことを想像しがちですが、この場合はいたって健全なものです。テニスのグリップは元々はレザーが巻いてありました。ところが、そのレザーも使っているうちにツルツルになってしまいます。こうなると、打った衝撃で滑るわけです。その滑りがコントロールを狂わせる(間違っても、人様の人生を狂わせているのではありません。)と、やってて変なところに力が入ったりすることがあります。

 そうなると、レザーを巻き直すか、はたまたグリップ・テープを巻くか?という事になってきます。しかしレザーをきっちり巻くのは結構難しい(革を引っ張りながら巻くために、それなりの力がいります。ちなみに私はテニスショップの店員に「市販品と変わらないほどの仕上がりです。」と言われたこともあります。)、またテープを巻くとその分ちょっと太くなるとどっちもどっちな選択肢です。

 そこで出てきたのは「じゃ、滑り止めの液でも」という事で出てきたのがこれです。私は以前、老人介護じゃなかった野球のロージン・バッグを使っていました。滑り止めとしては炭酸マグネシウム(体操などで使います。)松脂(野球のロージンはこれです。)などがありますが、私も半信半疑で使ってみたところ、「これはいい!!」と思いました。ただ、私の場合、ラケットのフレームのブランドの兼ね合いがあるため、ちょっと大人の事情で、そのラベルをはがして使っています。

 という事で今日のお話はここまで。今週はちょっとドタバタしていますが、なかなか休める時がないのもまた難儀なものです。
(これ、そんな休める時がないとか言いながら、そういうやらし~ネタだけはポンポンとまぁ、出てくるもんやね、ミーシャ。)

30年の生死

 さて昨日の山の中での大苦戦はひとまず、何とかなった中、今日も真面目にこのお話を書いている私。今日は木曜日、テニスのお話。4枠目の今週は「名勝負百選」、今日は先ごろ終わったウィンブルドンから「世紀の番狂わせ」と言われたこんな試合のお話です。
(ほれ、今日はまた何やの、ミーシャ?)

 1987年、今から30年前になりますが、ウィンブルドンの男子シングルスの2回戦、結果はこちら。

 ピーター・ドゥーハン  7-6   ボリス・ベッカー
               4-6
               6-2
               6-4

 第1シード、ベッカーは1回戦のノバチェク戦をあっさり、ストレート・セットで勝っています。一方ドゥーハンは1回戦をフルセット、最後は9-7というもつれた試合をやってきました。そしてこの試合はセンターコートではなく、1番コートで行われました。当然センターコートに比べれば、客数は全然少ないわけです。そして試合は第2シードのレンドルがセンターコートで試合をしている裏で始まりました。

 しかししかし、ベッカーはこの年は不調も不調、10代選手の3連覇という「もう誰もできないでしょう」という記録もここでチャラになります。この際にささやかれたのは「もしも、センターコートでやったならば、この番狂わせは起こらなかっただろう」と言われています。その理由がセンターコートと1番コートのオーバーハングの広さ、野球でもそうですが、ファウル・グラウンドの広い球場(例 甲子園球場)は比較的大きく見えます。そのため、センターコートの持つ独特の雰囲気にドゥーハンが影響されなかったという事なのです。まぁこれは「あとから何とでもつけられる」と言ってしまえばそれまでです。しかしこの7月22日、ドゥーハンは「ルー・ゲーリック病」(筋萎縮性側索硬化症)のために56歳で亡くなりました。

 また面白いことにウィンブルドンの場合、シード選手の決め方に独自の解釈があります。普通は世界ランキングの順番に従うのが相場ですが、ここにウィンブルドン独自の「芝生コートでの実績を加味する」という要素が入ってきます。そのため、この年は「期待値も含めて」世界ランキング2位のベッカーを第1シード、1位のレンドルを第2シードとしました。 (他にも実例は多々あります。) 

 という事で今日のお話はここまで。幾分、古い試合ですので、ちょっと記憶を頼りに文章を書いていますが、ちょっと書庫を整理しておきましょ。
(ほれ、お部屋を片付けときや、ミーシャ。)

こんな相手は嫌だ

 さて今日は雨に降られずにやれやれと思う中、私の補助についている方が「女性」という事で、ミスると「このハ×~!!」と言われそうな気もする、「小心者の」私。今日は木曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、最近、結構面白いと思うヤクルト・スワローズのマスコット、つば九郎がやる「こんなホニャララはいやだ」にひっかけて、今日はこんなお話です。
(確かにあれは面白いけどね、ミーシャ。)

 テニスの試合、基本的には時間の制限はありません。ただし、ポイントとポイントの間、ゲームとゲームの間、セットとセットの間は時間が決められており、それぞれ20秒、1分30秒、2分と決められています。特にポイントとポイントの間の20秒は意外に色々ありまして、意外に短いものです。(ただし、テレビ放映の上ではトッププレーヤーは20秒以上かかっています。)よくある例で、ボールを20回もついていたら、20秒なんてあっという間です。 さらに前のポイントを取られていたら、20秒で気持ちを整理する必要があります。と言うか、反省するよりも、サービス前は、次のポイントに集中することです。自分のサービスが入ると信じて、サービスの入る立体的イメージを持つことです。

 そこで「こんな相手はいやだ」という事でちょっと考えてみました。
(1)やたらと間延びする方
それしかやるネタがないのか、ポイントとポイントの間を目一杯とって、そのポイントをプレーしようとする方のことですが、こっちが勝っている時にこうされると結構嫌なものです。ただ、負けている場合はこれは結構使えます。少し時間を稼ぐためですが、リラックスする余裕が欲しいのです。 (いわゆる「タイムアウト」というものですな。テニスの試合では奇数ゲームが終わるとチェンジ・オーバーで一度椅子に座ります。この時にあれこれ考えるわけです。)

(2)やたらとセカセカする方
この後、デートにでも行く予定なのか、やたらとサッサとプレーしようとする方のことですが、これもこっちが負けている時にこうされるとついつい「相手のペースに合わせてしまう」ため、気持ちの整理がつかずに一気に突っ走られる危険があります。 (ここで慌てて手を打つと、余計に傷口を広げるきらいがあります。そこで「お茶でも飲んで、考えよう」という余裕が欲しいわけですが、決して、このお茶に睡眠導入剤が仕込んであるわけではありません。)

 それでは今日の締めはこんなところで…。
「リードしている時は、そのままのリズムで、リードされたら時間稼ぎをしましょう。」
という事で、夏休みも始まりましたが、またもやドタバタとしそうです。
(ほれ、暑いから無理せんようにね、ミーシャ。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム