FC2ブログ

最近見なくなった

 さて年度末のラストのオーラスに「コーヒーカップ」を運んでいたお仕事、とりあえず、何とか1年が経ちました。あれこれと色々あった今日は火曜日、映画のお話。今週は「番外」ということで、こんなお話を書いてみましょ。
(これ、そこで「ひ×かたパーク」行ってグルングルンと回ってくるんやろ、ミーシャ。)

 4月以降も殆ど変更なく、このお話は進んでいきます。ただし、細かい部分は変わっているかもしれません。ただ3枠目の「ドラえもん」は、今年が連載50周年ということで「ドラえもん」自身にフォーカス(フライデーではありません。)を当ててみたいと思います。

 そんな中で、最近の映画、ドラマではほとんど出てこないシーンがあります。それが「喫煙」、映画でも刑事モノやアクションシリーズ、時代劇などで、喫煙シーンは台詞をつなぐ「間」に使われたり、場面転換、煙による空間演出を表現したりするのに欠かせないアイテムでした。 ところが、近年の過度なたばこバッシングにより、作り手も委縮せざるを得ない状況に追い込まれています。大手映画会社の幹部はこんな風に言ってます。

「昔の刑事モノといえば、捜査班のボスが事件解決後に決まって一服し、どうかしたら足で吸い殻を揉み消して颯爽と去っていくシーンもありましたが、今そんな作品を撮ったら大変です。

 もちろん、敢えて荒唐無稽な作品にする必要はありませんが、合法でもあるたばこを使ったシーン自体がNGになれば、劇場の大画面だからこそ味わえる場面の深みや登場人物の感情表現、時代背景などの演出効果も薄れてしまいます。映画はわざわざお金を払って観に来てもらうもの。『表現の自由』を手放してしまったら終わりです。」

 映画評論家の一部の方々もWHO(あの「龍の国に丸め込まれた事務方トップがいる」組織ですな。さて、「誰」でしょう?)の勧告は「まったくのナンセンスで、憲法で保障されている〈表現の自由〉の侵害にあたる」と断罪しています。弁護士の中には、未成年者の「基本的権利」を奪うものだ――との指摘も出ています。

 事実、今年最大の話題作(と勝手に思っている)「007シリーズ」、かつては堂々と煙草の広告(第11作「ムーンレイカー」でボンドがリオデジャネイロのロープウェーでドツキあいをやった際に出てくる看板など)も出てきましたが、最近になって問題視されたシーンが第20作「ダイ・アナザー・デイ」(2002年)でボンドがキューバで葉巻1本ふかしているシーンが出て、かなり問題になりました。

 そりゃ昔は「学校の先生が堂々と職員室でタバコ吸いながら説教してた」「ゴールデンタイムにタバコのCMが流れていた」なんてのはざらにありました。私がタバコの規制について知ったのは「プラモデル」、「一部の国ではタバコのロゴが出せないからバーコードなりその他ロゴに変わっている」というのを知ったのはタミヤのマクラーレンMP4/4です。これで「へぇ~っと」と当時は思ったものでした。

 ということで今日のお話はここまで。明日、明後日はまたもや「早番」のお仕事です。そろそろ「異動」がちらつき始めるころですが、明日はいい日になるといいなと思っています。
(これ、何かあったんかな?そんな「意味深な」言い方してからに、ミーシャ。)
スポンサーサイト



どこまでつぎ込む?

 さて昨日はミス続出のテニス、でも必殺のサービス・エース4連発で世間の度肝を抜いて、その後は1週間ぶりのプールで搾ってきた「搾乳な」私。今日は日曜日、映画のお話。4枠目の今週は「ドラマ」、今日はその「搾乳」からこんなお話です。
(これ、アンタを搾ってもな~んにも出てけ~へんでしょ、ミーシャ?)

001_size5_convert_20200322075449.jpg

002_size7_convert_20200322075554.jpg

001_size7_convert_20200322075529.jpg

001_size6_convert_20200322075510.jpg

natsu4.jpg

 搾乳とくれば牛、その牛をネタにしたものがつい最近、ありましたな。この4月から土曜日の放送がなくなるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)から「なつぞら」(2019年(平成31年/令和元年)なるお話があります。連続テレビ小説としては100作目にあたるこの作品ですが、戦後の北海道・十勝を舞台に、広瀬すず演じる両親を失った少女・奥原なつが成長していく姿を描く。強くて優しい大人たちに囲まれ、たくましい女性へと成長したなつは、“漫画映画”といわれていた草創期のアニメーションの世界へ踏み出して行くというお話です。

 あらすじはこんなところで…。
1946年(昭和21年)初夏、戦争が終わり、奥原なつ(9)は柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。剛男となつの父は戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。剛男の父・泰樹は偏屈者で知られていた。泰樹は、なつを厄介者と言いながらも内心、不憫に思っていた。子供ながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳絞りを懸命に手伝う。なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術をとことん叩き込む。なつも天真爛漫な子供らしさを取り戻していく。やがて、なつは素敵な馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。天陽から当時、アメリカで流行っていた漫画映画の魅力を教えられ、〝絵が動く″夢のような世界があるのかと感動する。高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。なつの旅立ちの日が近づいていた―。やがて東京でアニメの作画の仕事を始めたなつは、数々の人々との出会いと共に最後はテレビアニメの制作にかかわるようになる。そして自分で手掛けた「ミルコスまんが広場」(イメージは「カルピス子供劇場」、のちの「世界名作劇場」ですな。)の「大草原の少女ソラ」の校了と共に十勝に帰るのだった。

 という中、結構変わったものが出てきます。
(1)全編アニメーションのオープニング
史上初めて、アニメーションを使ったオープニング、これはスタジオジブリ、シンエイ動画など数々の大手アニメーション制作会社が関与しています。どことな~く「アルプスの少女ハイジ」とか「フランダースの犬」のイメージが強い感じもします。またここで出てくる動物、キツネ、クマ、リス、シカは全て北海道にいる動物です。

(2)頑固なお爺さん
草刈正雄が演じる「泰樹さん」、偏屈なお爺さん、でもなつには優しいとまるで「アルプスの少女ハイジ」に出てくる「アルムおんじ」をそのままパクったキャラクターです。また牛乳を届けに行く際に馬車で行ったのですが、これも「フランダースの犬」のネロとジェハンおじいさんのパクリのような気もします。

(3)出てくる、出てくる
100作目ということで、これまでに出てきた歴代ヒロインがぞろぞろと出てきます。例えば…。

松嶋菜々子  なつの十勝での母親役 第54作「ひまわり」(1996年)のヒロインです。
小林綾子   なつの親友、天陽の母役 第31作「おしん」(1983年)のヒロインの幼少期を演じていました。
山口智子   なつが東京で世話になるおでん屋「風車」のおかみ役 第41作「純ちゃんの応援歌」(1988年)のヒロインです。
比嘉愛未   なつの兄、咲太郎と関係の深いカフェのおかみ役 第76作「どんど晴れ」(2007年)のヒロインです。
貫地谷しほり なつの先輩アニメーター役  第77作「ちりとてちん」(2007年)のヒロインです。

さらに出てきた順番では   
北林早苗   なつと千遥に焼け跡でサツマイモを渡す老婆の役 第1作「娘と私」(1961年)のヒロインです。
岩崎ひろみ  なつの小学校の時の担任の先生役  第55作「ふたりっ子」(1996年)のヒロインです。
原日出子   なつの妹、千遥の養母。東京の置屋の女将役。第28作「本日も晴天なり」(1981年)のヒロインです。
三倉茉奈   なつの友人、信哉の結婚相手 第55作「ふたりっ子」、第79作「だんだん」(2008年)のヒロインです。
藤田三保子  なつの夫、一久の母役 第14作「鳩子の海」(1974年)にヒロインです。
田中裕子   なつが妊娠した際の産婦人科の医師役 第31作「おしん」のヒロインです。
藤澤恵麻   なつが通う産婦人科の待合室で出会う妊婦役。第70作「天花」(2004年)のヒロインです。
安藤サクラ  なつが手掛けた「大草原の空」のナレーション役 第99作「まんぷく」(2018年)のヒロインです。
浅茅陽子  なつの妹、千遥の姑。料亭「杉の子」の女将役 第17作「雲のじゅうたん」(1976年)のヒロインです。
戸田菜穂  なつの実母役 第49作「ええにょぼ」(1993年)のヒロインです。

 ということで今日のお話はここまで。今日はこれからちょっと出ていくところがありまして…。(間違っても隣の県には行きません。)慌てず、焦らず、ご安全にということで1日、頑張りましょ。
(ほれ、車には気をつけるんよ、ミーシャ。)

しずかと香る

 ♪こんな場所いいな、見えたらいいな、のれんの向こうにいっぱいある~けど~、みんなみんなみんな見させてくれる、どこでもド~アで見させてく~れ~る~♪(もうこれしかないでしょう。アニメ「ドラえもん」のド定番、「ドラえもんのうた」のメロディでどうぞ)さてこの休み明けに急きょ「助っ人」依頼が来たために、そっちに行くことになった「身軽な」私。今日は金曜日、映画のお話。3枠目の今週は今年で連載50周年、さらには映画になって40周年の「ドラえもん」、お待たせいたしました。今月、一番書きたかったこんな場所のお話です。
(これ、その「トチ狂った」テンションの高さは何か打ってんかいな、ミーシャ?)

ミルク風呂

sizuhuro.jpg

55d19a38991a9.jpg

 ドラえもんのド定番、これがないとこの作品は始まらない、これに対抗できるのは「水戸黄門」の由美かおるぐらいしかないでしょうと言う名物が「お風呂」、ちなみにミーシャも大好き。(知人の娘さんが「お風呂大好き♡、ハダカ大好き♡」と言ってるのを聞いて、間違っても「こりゃ、フー×ク嬢決定やね。」とかよからぬことを想像してはいけません。)そこで持ってきましたよ、「しずかちゃんの家のお風呂」でございます。のび太がどこでもドアで「しずかちゃんの家」と言ってドアを開けると、ほぼ間違いなくここへ出てきます。(似たような例で「電車ごっこ」という道具が出てきますが、これも「ニューヨーク」行きと書いて、ドアを開けると銭湯に出てきたというくだりがあります。)

que-1288959537.jpg

 とはいえ、「なんでまたそんなにお風呂に入ってばかりなの?」という疑問も多々起こります。巷のうわさでは1日3回、いや7回とかいう説もあるほど。この理由は諸説ありますが、一番有力、かつ根拠のありそうなのが「からだの洗いすぎで出る臭い>お風呂に入らない臭い」、つまり、お風呂に過剰に入ったり、からだをごしごし洗いすぎると皮膚についている常在菌という良い細菌まで剥がれ落ちてしまうそうです。常在菌は肌を守る役割があるので、はがれ落ちたら肌が無防備な状態になってしまい、悪臭を放つことも…ということのようですね。このため、のび太が逆ギレすることも…。

fca9330b.jpg

EOjMe2qUYAA2bHJ_convert_20200320081444.jpg

EOjN-AFU4AELJRc_convert_20200320081503.jpg

EOjNUccVAAEy_Jo_convert_20200320081522.jpg

 また、最近では「児童ポルノ禁止法」の関係で、このような全裸シーンはほとんど出てこなくなりました。この法律が議論されたとき、『しずかちゃんの入浴シーンはセーフかアウトか』ということが盛んに話し合われたんです。結局、結論は出ませんでしたが、最近になって「アウト」に近い形の方向性が出てきたような感じです。そして最近放送された「ねんどろいど」という回ですが、これもよ~く見ると、かなりリアルな線を描いています。

 ということで今日のお話はここまで。何やら「往来の自粛」(ちなみに、ミーシャの家から隣の県までは川を渡った向かいです。)とかわけのわからん騒ぎに右往左往しそうですが、今日もバシッと締めましょ。
(これ、アンタはこういうネタ書かしたら、生き生きと書くんやけどさぁ、もうちょいそこらへん他にネタもっていかれへんの、ミーシャ?)

ダニエルの抵抗

 さて今日は本来の所に帰ってきてのお仕事、でも雨が降る中で、私が留守の間にかなり状況が変わっていたことに「あれまぁ?」と思う「浦島太郎」な私。今日は火曜日、映画のお話。2枠目の今週は「ミーシャのマニアック映画劇場」、今日は延期になった「007」、そのダニエル・クレイグからこんなお話です。
(これ、ま~たマニアックなものをもってくるにゃろ、ミーシャ。)

 今月はこちら。ダニエル・クレイグが主演した「ディファイアンス」(原題:Defiance「果敢な抵抗」の意味です。)(2008年 アメリカ)という作品があります。第2次大戦中のナチス・ドイツ占領下でのポーランドにおけるビエルスキ兄弟の1200人にも上るユダヤ人救出を描いたネハマ・テクの小説『ディファイアンス ヒトラーと闘った3兄弟』を、エドワード・ズウィックが映画化した作品です。

 あらすじはこんなところで…。
1941年、第二次世界大戦下、ドイツ軍はベラルーシを占拠。ナチス親衛隊と地元警察はユダヤ人狩りを始める。8月。両親を殺されたユダヤ人兄弟、トゥヴィア(ダニエル・クレイグ)、ズス(リーヴ・シュレイバー)、アザエル(ジェイミー・ベル)は子供の頃から遊んでいたリピクザンスカの森に逃げ込んでいた。そこへ、3人と同じように逃げ惑うユダヤ人が次々と合流する。トゥヴィアは食料と武器を入手するため、父の親友だったコシュチュクを訪ねると、そこにも数人のユダヤ人が身を隠していた。トゥヴィアは、コシュチュクに頼まれ、他のユダヤ人たちも森の中へと案内する。10月、数十人となったユダヤ人の共同体は森の中に家を建て、やがて彼らは“ビエルスキ・パルチザン(武装組織)”と名乗り、銃で武装し始める。だがドイツ軍への攻撃を行なっていたある日、銃撃戦で2人の犠牲者を出し、アザエルも行方不明に。森の中で、仲間の喪失や空腹、不安を抱え、同胞の間でもいざこざが起き始めていたとき、トゥヴィアは皆でこの森で暮らすことを提案。生き残ることが復讐だという彼の意見に仲間たちも賛同するのだった。そんな中、トゥヴィアがコスチュクの家に食料をもらいに行くと、2人のユダヤ人女性と共にアザエルがかくまわれており、コスチュクが納屋の先に吊るされ殺されていた。1942年、ソ連軍キャンプは敵の攻撃から逃れるため、撤退を始める。それを拒むズスだったが、ソ連軍は受け入れず、森を後にする。まもなくして森の中に爆弾が打ち込まれた。逃げ惑う人々。アザエルら数人が残り、銃を手に時間を稼ぐ。その間、トゥヴィアが仲間たちを誘導、森の奥へと進んでいった。ロープやベルトで全員をひとつ繋ぎにして、大きな沼をようやく渡りきると、そこにはドイツ軍が待ち受けていた。激しい銃撃戦が繰り広げられ、トゥヴィアたちは劣勢を強いられていく…。

基本的には「ビエルスキ・パルチザン」という実話に基づいているが、一部に映画的結末を描くための脚色があり、特にエンディングの戦車との戦闘シーンについては原作者も当初は戸惑いを覚えたことを告白しています。また、ビエルスキ兄弟が率いたユダヤ人組織に対する歴史的評価もポーランド内では分かれており、同じポーランド人から略奪することで生き延びた山賊集団ととらえる向きもあります。またこの子孫にはトランプ大統領の娘婿であるジャレッド・クシュナー元大統領上級顧問がいます。

 ということで今日のお話はここまで。突然降ってくる出張依頼をどうさばくか?本来の所属の関係共々、ちょっとお悩みです。
(まぁそれだけ、引く手あまたというのはええ事かもしれんよ、ミーシャ。)

公開の日

 さて今日もえらいあっさりと終わったお仕事、そしてまたもや明日から来週初めまで「手伝い」に行くことになって、ウチとこの上がちょっと不機嫌なのをやや気にする「深謀遠慮な」私。今日は火曜日、映画のお話。1枠目の今週は「ボンド」、最近ブームの『公開延期』からちょっとこんなお話を語ってみましょ。
(これ、アンタは「公開延期」やなくて、「公開処刑」やないの、高射砲かなんかでも使う、ミーシャ?)

 この4月に第25作「ノータイム・トゥ・ダイ」が公開される予定になっていますが、これもコロナ騒ぎで何だかんだと流動的です。中国でのプレミアは中止になってしまいました。(中国で正式に裏切られるじゃなかった封切られるようになったのは第21作「カジノ・ロワイヤル」、現在のボンド、ダニエル・クレイグからです。)そこで今日のあるあるはこちら。

 「世界で最も遅くに公開されるのは日本である。」

 これはその通りです。歴代作品の公開日を並べてみますと…。(イギリス/日本)
第1作 「ドクター・ノオ」(Dr.No.)   1962年10月5日/1963年6月1日
第2作 「ロシアより愛をこめて」(From Russia with love) 1963年10月10日/1964年4月25日
第3作 「ゴールドフィンガー」(Goldfinger)  1964年9月17日/1965年4月1日
第4作「サンダーボール作戦」(Thunderball)  1965年12月29日/12月11日
第5作 「007は二度死ぬ」(You live only twice)  1967年6月12日/6月17日
第6作「女王陛下の007」(On her majesty's secret service) 1969年12月18日/12月27日
第7作「ダイヤモンドは永遠に」(Diamonds are forever)  1971年12月17日/12月25日
第8作 「死ぬのは奴らだ」(Live and let die)  1973年6月27日/7月28日
第9作 「黄金銃を持つ男」(The man with the golden gun) 1974年12月19日/12月21日
第10作「私を愛したスパイ」(The spy who loved me)  1977年7月7日/12月24日
第11作「ムーンレイカー」(Moonlaker) 1979年6月26日/12月8日
第12作「ユア・アイズ・オンリー」(For your eyes only) 1981年6月26日/7月11日
第13作「オクトパシー」(Octopussy) 1983年6月6日/7月2日
第14作「美しき獲物たち」(A view to a kill) 1985年6月13日/7月6日
第15作「リビング・デイライツ」(The living daylights) 1987年6月29日/12月19日
第16作「消されたライセンス」(License to kill) 1989年6月13日/9月9日
第17作「ゴールデンアイ」(Goldeneye)  1995年11月17日/12月16日
第18作「トゥモロー・ネバー・ダイ」(Tomorrow never dies) 1997年12月12日/1998年3月14日 
第19作「ワールド・イズ・ノット・イナフ」(The world is not enough) 1999年11月19日/2000年2月5日
第20作「ダイ・アナザー・デイ」(Die another day)  2002年11月20日/2003年3月8日
第21作「カジノ・ロワイヤル」(Casino Royale) 2006年11月16日/12月1日
第22作「慰めの報酬」(Quantum of solace)  2008年10月31日/2009年1月24日
第23作「スカイフォール」(Skyfall) 2012年10月26日/12月1日
第24作「スペクター」(Spedtre) 2015年10月26日/12月4日
第25作「ノータイム・トゥ・ダイ」(No time to die) 2020年4月3日/4月10日(予定)

 この理由は吹き替え版を用意する都合にあります。当然のことながら、英語と日本語では文字も違うし、しゃべりも違う。そのため、時間がかかるというわけです。また、日本では「お正月映画作品」としての部類を与えられる傾向があり、どうしても12月上旬の公開になりがちです。

 ということで今日のお話はここまで。さてちょっとどうなるかというお仕事はさておきまして、その辺、ちょっと様子見です。
(ほれ、あんまし気にせんときね、ミーシャ。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム