猫とタコ

 さて昨日はお仕事、雨の降る前に決着はついたので、やれやれの中、その裏で高校野球は中止。この日は「黙とうの日」だったのですが、それがないというちょっと異例の中、このお話を書いている私。今日は水曜日、映画のお話。3枠目の今週は「ボンド」、先月末に一部マスコミが「25作目のボンド「007 シャッターハンド(仮題)」は2019年に公開され、その主演はダニエル・クレイグである。」と報じられましたが、今日はそのボンドに登場するこんな方のお話です。
(これ、アンタも出られへんかって、残念やったね~、ミーシャ。)

blofeld.png

 ボンドの宿敵、スペクター(SPECTRE, SPecial Executive for Counter-intelligence, Terrorism, Revenge and Extortion、「対敵情報、テロ、復讐、強要のための特別機関」、間違っても外人芸能リポーターのことではありません。)、直近の作品「スペクター」にも出ていましたが、ここの首領に(決して「偉大なる」とかいう枕営業じゃなかった枕詞はついていません。)「エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド(Ernst Stavro Blofeld)」という人物がいます。

 この「スペクター」という組織は、東西冷戦下でありながら取引相手を「西側」や「東側」と区別せず公平に接し、犯罪をビジネスとして捉えています。spectreには「幽霊」という意味もある通り、幹部たちはお互いを番号で呼び合い(第2作「ロシアより愛をこめて」など)、そして構成員がタコのシンボルマークを模した指輪をつけていること以外はすべてが謎に包まれています。最初は顔のわからないペルシャ猫を飼っている謎の人物として声と体の一部分だけが登場しました。その後、ボンドは徐々にスペクターを追い詰め、ついに第5作「007は二度死ぬ」でブロフェルドの顔が明らかになります。髪型はスキンヘッド、顔の右側に大きな傷跡があり、威圧的なギョロ目を持つその姿は衝撃的でしたが、さらに驚いたのは彼が次のシリーズに現れた際はまったくの別人として登場したことです。(ブロフェルドは常に整形を繰り返し、影武者がたくさんいるという原作設定によります。)

 そして第6作「女王陛下の007」のラストでボンドの妻となったトレーシーを殺すが、次の第7作「ダイヤモンドは永遠に」ではついに最期を迎えます。ただし「ダイヤモンドは永遠に」ではっきりとは死が描写されておらず、最後の出演になった第12作「ユア・アイズ・オンリー」では人物がブロフェルドだとは明言されていないので、ブロフェルドが死んだという確証はありません。(この作品で、ボンドはこの男の乗った車いすをヘリコプターの足で引っ掛け、煙突の中へ落とすというくだりが出てきます。)

 そして第24作「スペクター」では大幅に設定を変えて登場します。本名はフランツ・オーベルハウザー(Franz Oberhauser)といい、彼の父ハンスは両親を亡くした幼少期のボンド(第23作「スカイフォール」にて)の後見人であり、ブロフェルトとボンドは血はつながってはいないが実質的な兄弟の関係にありました。父ハンスがボンドに愛情を注ぐことに嫉妬し、雪崩を起こして殺害。自らも死を偽装して行方を眩まします。以後、母方の血統より名前を拝借し、エルンスト・スタヴロ・ブロフェルドという新しい名前で組織スペクターを設立しました。この作品において「007 カジノ・ロワイヤル」「007 慰めの報酬」「007 スカイフォール」における出来事すべてにスペクターが関わっていたことが明かされています。

 ということで今日のお話はここまで。雨は上がったのですが、今日も1日、ドタバタとしそうです。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)
スポンサーサイト

夫婦共々

 さて台風一過の後、泥沼の中でもお仕事は何とか終わり、今日も真面目にこのお話をを書いている私。今日は火曜日、映画のお話。2枠目の今週は「ミーシャのマニアック映画劇場」、明日、8月9日が長崎への原爆投下日、そして今日から始まった高校野球、波佐見(長崎)がサヨナラ負けしたことから、こんな作品のお話です。
(これ、ま~た無理やりひっかけてからに、ミーシャ。)

 2度目という事で、どうしても最初の広島への原爆投下よりもイメージが薄い「長崎への原爆投下」ですが、今月はそこから「この子を残して」(1983年(昭和58年) 松竹)という作品があります。元々は永井隆の随筆だったのですが、それを映画化。永井は、旧制長崎医科大学(現在の長崎大学医学部)で放射線医学担当の助教授・医局員となり、第二次世界大戦が始まる前から放射線に被曝し、1945年6月には白血病と診断されていました。さらに、1945年8月9日11時2分、原爆によって被爆し、妻を亡くす。この著書は、自分の子供を残して死んでゆく悔しさと、自分の専門にかかわる病気と戦争で死ぬ悔しさを訴えたものです。監督は木下恵介、反戦映画として、主演の加藤剛(永井役)、および淡島千景(永井の義母・ツモ役)に、戦争を非難する数多くの言葉を語らせています。

 あらすじはこんなものです。
昭和20年8月7日、長崎医大放射線科の医師、永井隆は日増しに激しさを増す空襲に、10歳の息子・誠一と5歳の娘・茅乃を、妻の緑の母・ツモの居る木場に疎開させた。その夜、緑は診察のため長い放射線をあび、自ら命を縮めようとしている隆に休息するよう懇願するが、彼は患者が増えているからと聞き入れない。8月9日、午前11時2分。川で泳いでいた誠一は、浦上の方で空がピカッと光るのを見た。そして突風が津波のように押しよせてきた。街の方で何かあったのかもしれないと様子を見に出かけたツモは、日が暮れてから漸く緑の骨を缶に拾って戻って来た。次の日、ツモが誠一を連れて焼跡を訪れると小さな十字架が立てられていた。ツモは隆がここに来たと言う。隆はその頃、被爆者の救護活動をしていた。ツモと骨を拾っていた誠一は焼け焦げた縁のクルスを拾う。8月15日、日本は無条件降伏し戦争は終った。隆は放射線医として原爆の記録を綴っていたが、子供たち二人のために、たった一人の母の思い出と、人間としての尊厳を守る強い愛を残そうと自分の体験を執筆し始めた。新学期から誠一が大村の学校に変わることになった頃、緑の妹・昌子が尋ねて来た。彼女は修道院へ入ると言う。そして、昌子は原爆の落ちた日、生徒たちを置き去りにして防空壕へ逃げ、ついて来た一人の生徒が仲間を助けようとし眼の前で死んだこと、自分は何もせず怖くて茫然としていたことを告げる。隆は執筆のために建てた如己堂で何冊も脱稿するが、進駐軍の検閲が厳しく一冊も本にできなかった。そして、3年後の4月1日、「長崎の鐘」が発売された。1951年、隆は43歳で亡くなり、翌年、ツモが後を追った。誠一は成人し、今は世界の戦地を回る通信記者になっていたが、父の教えを立派に守っていた。

 なお、長崎が原爆投下地に選ばれた理由は諸説ありますが、あくまでも予備目標だったというのはどの説も語っています。なぜなら、長崎は細長くて2つの山(風頭山と稲佐山、稲佐山はライブ会場などでよく使われます。)の間にあり、爆弾の効果が十分に発揮されないうえ、これまで原爆投下以前に5回の空襲を経験し、すでに多大な被害を被っていたので、実際は『原爆投下には不適』という意見も出ていました。ただ、戦艦「大和」と同型の「武蔵」を造った三菱造船所(現 三菱重工業 長崎造船所)があったこと、ハワイの真珠湾攻撃時に使用された「魚雷」を造った三菱兵器製作所があったことなどから、最終的には原爆投下の候補として残った、と言われています。

 という事で今日のお話はここまで。これからちょっとプールに行って、冷却してきます。
(これ、あんまし冷やしすぎてもいかんのよ、ミーシャ。)

ぞうとおじさん

 さて登板過多のせいか、ちょっと疲労もたまる中、今日はプールはお休みした私。そのため、順番がちょっとずれます。そのずれた月曜日、映画のお話。1枠目の今週は「(いい年して書いてんじゃないのよの)ドラえもん」、今日は先週の金曜日に放送された屈指の名作、「ぞうとおじさん」からこんなお話です。
(これ、アンタはこのお話はず~っとウルウルしながら見とったね、ミーシャ。)

yubin-rocket.png

o0451024812627579633.jpg

 今月はこちら。「ゆうびんロケット」です。郵便ポストの形をしていて高さは50cmほど。投函口から、または本体横の蓋を開けて、送りたい手紙や荷物を入れます。それから本体裏に宛先を記入すると、打ち上がって目的地まで飛んで行きます。「ぞうとおじさん」では東京からインドのジャングルまで飛ばして、そのまま回収しませんでした。このことから、ゆうびんロケットは地球全土が射程範囲で、また一回こっきりの使い捨てだとうかがい知れます。なおドラえもんが言った「あて先へ着いたら、元通りに大きくなるからね~」については、ゆうびんロケットの機能ではなく、“スモールライト”の「およそ3日で効果が切れる」という特性のことだと推測されます。

 ただ、ちょっと考えると、結構「危険な」ものです。「ぞうとおじさん」の作中にはゆうびんロケットの到着する様子が描かれていません。そのため、どのように着陸するのかは不明です。大抵のひみつ道具は「細かいことは言いっこなし」な設計なので、墜落に近い形での着陸もあり得ます。空から飛んできたこんな物が頭にでも当たったら即死します。着陸の仕方しだいですが、かなり物騒なひみつ道具です。また、発射したゆうびんロケットが軍のミサイル監視システムに感知された場合、弾道ミサイルだと誤認される恐れもあります。国際問題に発展しかねない、由々しき事態です。(最近、静かなブームになってますな。) 

 とはいえ、そんなお話は置いておいて、この「ぞうとおじさん」というお話は太平洋戦争時の1943年(昭和18年)9月に上野動物園で行われた戦時猛獣処分を描いた童話『かわいそうなぞう』をモチーフにしています。戦時猛獣処分とは、空襲で破損したケージから猛獣が逃げ出して人を襲う事態を懸念して、あらかじめ動物園の猛獣を殺処分しておくことです。あらすじはこんなもので…。

「のび太のおじさん、のび四郎(のび助の弟)が、インドから帰ってきて不思議な話を披露する。戦争中、好きでよく見に行ってはずの動物園のゾウは戦争中に殺されてしまうのだが、現代になって自分がインドの山奥で死にかけたときにやってきて助けてくれたというのである。ドラえもんとのび太は、ゾウが殺されたという情報を聞いた時点で憤激し、タイムマシンでゾウを助けにいくのであるが…。」

 また、この「かわいそうなぞう」は小学校の国語の教科書の題材として、1974年(昭和49年)から1986年(昭和61年)まで使われていました。(教材として使われるのは2年生の時点です。他にも「一つの花」(4年生もしくは5年生)などがあります。このことから、このお話を学校でやったという記憶のある方は今の40代の方ですね。)その上野動物園にはこの象舎のすぐそばに動物慰霊碑が建立され、この戦争で命を落とした動物たちに対しての慰霊の行事は、現在も続いています。

 という事で今日のお話はここまで。ちょっと無理したような気もしますが、書いてみたいお話だったので、書いてみました。今日はゆっくり早寝をしておきましょ。
(ほれ、あんまし早寝しても、ま~た夜中に起きてゴソゴソしてしまうよ、ミーシャ。)

警部の系譜

 さて最近、暑い中でのお仕事、新しい部分もあるために気苦労も多い中、このお話を書いている「取り越し苦労の」私。今日は火曜日、映画のお話。4枠目の今週は「ドラマ」、最近渦中の「ミスター2時間ドラマ」船越英一郎から、こんなドラマのお話です。
(これ、アンタはテレビの見過ぎでしょ、ミーシャ。)

 「2時間ドラマの帝王」船越英一郎ですが、この方が主演になったのは比較的新しく、2003年の「火災調査官 紅蓮次郎」(テレビ朝日系)からですが、この方はそれまでにも色々と相手役などで出ていたために既に「帝王」と呼ばれていました。そんな2時間ドラマのお約束が「サスペンス」なのですが、その中で登場する警察官をネタにした「狩矢警部シリ-ズ」(2005年~ TBS系)というものがあります。これまた2時間ドラマのド定番、山村美紗の推理小説に登場する京都府警捜査一課の警部、狩矢荘助が主人公のシリーズです。ただ、狩矢警部が主人公とする原作小説は殆ど無いため、ドラマ化にあたっては、他の山村作品を原作に謎解き役の主人公を狩矢警部に置き換えて制作されています。

 ここで出てくる「お約束」はこんなもの。
(1)和菓子を食う警部
甘いものが好きで、特に和菓子が大好物(洋菓子は苦手)であり、野外で行う捜査会議のときは他の刑事たちも和菓子を食べています。
(2)家に帰ると出てくるヒント
「紅蓮次郎」でもありましたが、家に戻ると家族とのやり取りから解決の糸口を掴んで仕事に戻るのがお約束です。

 という事で今日のお話はここまで。暑い中ですが、明日もまた頑張りましょという次第です。
(ほれ、みんなが言うとったよ、「ミーシャが最近、お話してくれないんだ~」ってね、というても無理せんようにね、ミーシャ。)
 

200年以上早く

 さて今日は晴れて、降っての中、帰りは洗車機状態で帰ってきた私。お部屋のこぐまも「おかえり、ミーシャ。ボクたち、おりこうさんにしてたよ。」という中、ドタバタでやることを片付けている今日は火曜日、映画のお話。3枠目の今週は「(40回ったおっさんが大真面目に語るのはどうかと思う)ドラえもん」、今日はこんなお話です。
(これ、雨の日は気をつけるんよ、ミーシャ。)

o0480017413169110459.jpg

 今月はこちら。映画の中では出てくることはありませんが、漫画で出てきました「メカ・メーカー」という道具です。紙に自分の考えた戦艦を書いて想像を膨らませるのび太。実際に作ってみたいと話すのび太にドラえもんは「メカ・メーカー」を出します。この中に自分で書いた設計図と材料を入れれば、本物を作ることが出来るんです。早速作り損ないのプラモデルを原料にして、自分の戦艦を作る2人。それを自慢されてうらやましがったスネ夫はドラえもんからメカ・メーカーを借り、本格的な設計図とプラモデルやそのほかのプラスチック製品を材料として、巨大戦艦「ジャイアントスネオ号」を作り出します。2人は遊んでいるのび太たちを襲い、のび太の戦艦を壊してしまいます。悔しがる2人は仕返しをしようと、ドラえもんは機械を取り戻しに行き、のび太は紙を貼り繋げて大きな設計図を描きました。だがへたくそな絵はそのままなので、「設計機」にかけて図面を清書し、さらに材料はプラスチックではなく鉄を使うため、それを集めるために奔走します。そして捨てられてある自動車を見つけた2人はこれを「スッパリぼうちょう」で砕き、超巨大戦艦を完成させます。やって来たのび太の戦艦にはスネ夫たちの攻撃も通じず、秘密基地の土管も壊されてしまうのでした。(そりゃそうですな、プラ製と金属製ですから。)だが後日、あの車の持ち主が現れて、車を返してほしいと訴えてきたので、2人は戦艦をそのままプレゼントするのでした。

 というお話ですが、これ、よ~く考えると、21世紀の現在ではすでに実用化されてますね。いわゆる「3Dプリンター」とほぼほぼ同じようなものです。そう言える理由はこちら。
(1)書いたものそのまま
のび太は出てきたものがカッコ悪いとゴネます。しかしドラえもんは書いた図の通りに出てくるわけだからとクギを刺します。この辺りは3Dモデリングに慣れていない初心者がうまくデータが送れないのと同じことです。
(2)材料を入れて
のび太は作り損ねたプラモデルを使いましたが、スネ夫は新品のものを使いました。3Dプリンターもプラスチックを溶かして重ねる「熱溶解積層方式」や液体(紫外線硬化樹脂)に紫外線レーザーを当てて硬化、積層させる「光硬化方式」(これは「歯の治療」でも使われています。)、粉末造形方式と作るものによって適切な方法を選ばないといけません。

他にも「設計機」なる清書アイテムが出てきますが、これもパソコンの設計支援ツールソフトですでに実用化されています。

 という事で今日のお話はここまで。雨降りの中ですが、やらんといかんことは多々積もっています。その辺は段取りよく済ませましょという次第です。
(ほれ、今日はブランコやモンちゃんと一緒におったげや、ミーシャ。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム