ブルブルの馬車

 さて愛するタイガース、昨日は留さんの「罰ゲームは怖くないか~!! シーズン2」でとりあえず1勝、こうなると後は「どんなことをしても、第1ステージを突破するぞ~!!」という事ですが、その裏で最近、妹を側近に抜擢した某ロケットマンもちょっと気になる「覇気ダメ」の私。(一介の党副部長クラス(と言っても、出た当時の所属と言われていた組織指導部は党の人事を握る、現在の所属の宣伝扇動部は体制の代弁者というかなり重要な立場にありますが(注釈))の30代のひよっこが党最高幹部の政治局員候補になるなんてのは前代未聞の出来事です。ただ、最高指導者の実妹という立場が立場だけに、ちと元老世代の反発もありそうな気もしますが。)今日は日曜日、ミニカーのお話。3枠目の今週は「ミニカー・ブランド大図鑑」、今日はこんなお話です。
(これ、アンタは私のことを「ヨジョン」とか言うてんと違う。ミーシャ?)

BRUMM-LOGO-PROF-STORE-300.png

 今月はこちら。「ブルマー」じゃなかった「BRUMM(ブルム)」(イタリア)です。同じイタリアの老舗ミニカーメーカー、リオの創業者の三兄弟の一番上、レノ・タッタレーティと彼のパートナーの二人によって1972年に創立されました。ブルムの初期のミニカーがリオのものと似たような作りとなっているのはその為です。最初のミニカーは馬車のシリーズで、その後に蒸気自動車のシリーズが作られており、これは馬車の関連とみることができます。 一番最初のロゴも「馬車」をモチーフにしたものでした。BRUMMという名前も英単語の「brougham:軽馬車」を意味するイタリア方言からとったものだそうで、会社の最初のロゴも馬車の図柄です。 
 
 ブルムのミニカーの特徴は車種選択がユニークなこととそのバリエーション展開が多いことです。モデル化しているのはほとんどがクラシックカーですが、リオが手がけているような大型の高級車は対象とせずスポーツカー、レーシングカー、小型乗用車に絞ってモデル化しています。初期の馬車モデルや蒸気自動車は極めてユニークな存在ですが、その後のサイクルカー、戦前のレーシングカーなどもあまり他社が手がけていないものです。
 
 バリエーション展開については最近のミニカーでは珍しいことではありませんが、特にレーシングカーのモデルが多いことからレースやドライバーによるマニアックなバリエーション展開がされています。乗用車でもフィアットの小型車では車体カラーや車両グレードによる実車さながらの膨大なバリエーション展開を行っています。ミニカーの出来ですが、馬車、蒸気自動車、初期のレーシングカーについては当時のミニカーの標準以上の出来映えでした。ただその後発表された製品については比較的安価な価格設定に見合ったレベルで細かな仕上げにややアバウトなところもありましたが、最新のミニカーではずいぶん改善されてきています。現在もイタリアで製造していること(スローガンは「100% メイド・イン・イタリア」です。)で他メーカーの画一的な中国製ミニカーとはひと味違うイタリア的なスパイスが効いた味わいがブルムの魅力であると思います。

 という事で今日のお話はここまで。外は雨が降っています。ホントは金曜日からのはずですが、さてしばらく降り続くような気もしますが、今日も1日、頑張りましょ。
(ほれ、転寝しとったらいかんよ、ミーシャ。)

(注釈)組織指導部 朝鮮労働党の最高権力機関の1つ、中国共産党では「中央組織部」という言い方をします。金日成体制時には実弟の金英柱や実子の金正日が組織指導部長を務めていました。金正日体制時に部長席が空席となり、金正日自身が事実上の部長職を兼務し、金正日直属の第一副部長(有名どころでは張成沢や李済剛など)が北朝鮮の権力層に属する人物たちの思想検閲や人事査定や粛清権を掌り、国家安全保衛部(現 国家保衛省 いわゆる秘密警察)を手足のように使ったことから、北朝鮮の真の権力中枢機関と呼ばれるまでになりました。幹部課、生活指導課、検閲課、通知課などがありますが、一番恐ろしいのはその検閲課の第4課、高級幹部だけを専門的に管理・監視することから、北朝鮮の権力高位人物の粛清には必ず関わっているとされています。
スポンサーサイト

複雑怪奇

 ♪仕~事が~、終~わ~ら~ん~、青~息吐~息~、終われ~ば~、、ワ~インが~、待っている~んだ~わ~♪(高橋真梨子の「桃色吐息」のメロディでどうぞ)この数日、豪雨と泥沼の中でのお仕事、まさに映画「ブラックホーク・ダウン」を地で行くような泥沼の中で何とか終わらせた私。今日は日曜日、ミニカーのお話。2枠目の今週は「F1」、今日はこんな車のお話です。
(これ、あんまし無理したらいかんよ、ミーシャ。)

P1020129_convert_20171008074949.jpg

 今月はこちら。「MP4-26」(2011年)です。2010年はマルチ・ディフューザー(多段ディフューザー)を開発しておけばリヤでダウンフォースを獲得できたのに、禁止された2011年は別の手段でダウンフォースを稼がなければいけない。どうやるか。その解決法が各チーム各様で、ルノーは高速の排気をフロアの前端から吹き込んでダウンフォースを稼ごうとしているし、ウィリアムズはギヤボックスを超小型にしてリヤデッキを低くし、大量の空気を誘い込もうとしています。マクラーレンはサイドポッドを(正面から見て)U字形にし、コクピット脇に空気の通り道を設けてきました。

 また、排ガスをディフューザー内に流して(間違っても車内に流してはいけません。)、車体の底を流れる気流のスピードを上げてダウンフォースを得るわけですが、これってある意味、「二律背反」なわけです。つまり、本来ダウンフォースが必要であるカーブ部分ではスロットルを戻しているために、排ガスはあまり流れません。でもそうなるとダウンフォースは減る、それならば意図的に排ガスを流し続けりゃいいんじゃない?という発想から注目されたのが「オフスロットル・ブローイング」、エンジンのECUをいじって、排ガス量をコントロールする仕掛けですが、レッドブルと共にマクラーレンはこのシステムを完全にものにしていました。またそれをするために、排ガスのパイプをやたらと扁平にしていました。(ただし、これはエンジンのトラブルその他で排ガス量が変わった場合、車のバランスが崩れてしまう危険性もあります。そのため、2012年以降は排気口の位置、形状などにかなり細かい規定が追加され、事実上禁止されました。)

 そして迎えた2011年シーズンは、シーズン前のテストでは問題続出、「ここ20年で最悪の立ち上がり」ともいわれるほどだったのですが、シーズン本番に入ると、予選ではレッドブルに太刀打ちできないものの、決勝では優れたレースペースを披露しました。第3戦中国GPではルイス・ハミルトン、第7戦カナダGPではジェンソン・バトンがレッドブルのセバスチャン・ベッテルをコース上で逆転して優勝しました。2011年のトレンドとなったオフスロットル・ブローイングに関して、マクラーレンはレッドブルとともに開発に成功しており、第9戦イギリスGPで使用が禁止されると大きな影響を被りました。しかし、次戦から使用が再解禁されるとペースをとり戻し、後半戦は予選・決勝ともレッドブルに迫るポテンシャルを発揮しました。第16戦韓国GPでは開幕戦から続くレッドブルの連続ポールポジションを阻止しました。最終的にチームは6勝を挙げてコンストラクターズでは2位を確保し、ドライバーズランキングではバトンが2位、ハミルトンが5位となりました。

 ミニカーはサンクスの鈴鹿レジェンド(その5)(2014年)から、そして今日も探しましたよ、諸元はこちら。
(車体寸法に関するデータはなかなか探してもないものでして…。)

車名          MP4-26

デビュー        2011年
全長          
全高          
全幅          
ホイール・ベース    
トレッド(前)     
    (後)     
車重           640kg(燃料、ドライバー含む)

エンジン        メルセデス・ベンツ FO108Y
形式          水冷レシプロ V型8気筒 DOHC4バルブ + KERS
総排気量        2398cc
ボア×ストローク    (mm)
Vバンク角       90度
最大出力        不明/18,000rpm
圧縮比         
燃料噴射システム   MES(マクラーレン・エレクトリック・システムズ)社製 デジタル電子制御
点火システム      MES(マクラーレン・エレクトリック・システムズ)社製 電子制御

燃料          モービル
オイル         モービル

駆動方式        後輪駆動方式
変速機         前進7速 セミ・オートマチック縦置き(+後退1速)
差動システム      ZF社製 リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        カーボン・コンポジット・モノコック
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式プッシュ・ロッド(+トーション・バー)
       (後)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式プル・ロッド(+トーション・バー)
ブレーキ        カーボン・インダストリー社製 4輪ベンチレーテッド・ディスク
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ         ピレリ
ホイール        エンケイ 13インチ
燃料タンク容量     

デザイナー       ニール・オートレイ/パティ・ロウ
ドライバー       ルイス・ハミルトン/ジェンソン・バトン

 という事で今日のお話はここまで。今日は町内会の廃品回収とテニスの後は実家に行ってきます。
(ほれ、休めるうちにゆっくり休んどきや、ミーシャ。)

ダウン・サイジング

 さて昨日はテニスに行って、髪を切り、昼からは車がらみのことをしていて、帰りに危うく人身事故に巻き込まれかけたものの、無事に何もなかった後は、愛するタイガースがGを沈めて、2位抜け確定にグフフのフ。ちなみにその人身事故とは、車で青信号で走っていた目の前を小学校5年生くらいの子が自転車で横切った(当然、向こうの信号は「赤」です。)ために、危うくというところですが、この「温厚な」私が久々に「大激怒」。これでヒネた態度に出るのならば「親御さんを呼んどいで。」と親子共々説教してやろうかと思ったのですが、その子は案外、あっさりと「すんません。」といったことにチョロッと拍子抜けの私。(単純に車を降りてきたのが190cm近い男性だったために、「下手にものを言うと殺される。」と思ったからかもしれませんが…。)今日は日曜日、ミニカーのお話。1枠目の今週は「市販車」、最近流行りの、そして私にも必要な、こんな車のお話です。
(これ、車には気をつけるんよ、ミーシャ。)

P1020230_convert_20171001064116.jpg

P1020231_convert_20171001064135.jpg

 今月はこちら。現在のV8スモール・フェラーリの「488GTB」(2015年)です。「488」とは1気筒当たりの排気量(この辺はフェラーリの伝統ですな。この場合は3900ccを8で割った数字です。最初、私は「4リッター」「V8」「8代目」のそれぞれから取ったと思っていました。)V8スモール・フェラーリとしては8代目、2015年のジュネーブ。ショーで公開されました。

 先代、458イタリアからエンジンは排気量4.5リッターから、488GTBでは3.9リッターに縮小されました。しかし、最近流行りの「ダウン・サイジング・ターボ」を導入したことで、、パワーとトルクは4.5リッター自然吸気(NA)の570ps/540Nmから、ターボ過給により670ps/760Nmへと大幅にアップされました。ターボ化によりボア×ストロークもまったく新しくなり、ボアを少なくしてシリンダー壁の厚みを確保しています。ストロークは少し伸びたものの、それでもショートストローク型です。ちなみにこの「ダウンサイジング・ターボ」、最近ではヨーロッパ車を中心に流行りですが、エンジンの排気量を小さくしたものです。そして足りなくなったパワーは高効率のターボで補い、もともとあった性能を維持ないしはそれ、以上にさせています。排気量が小さくなる分、燃費と環境性能が向上します。また、自動車税が安くなるなど税制上のメリットもあります。(日本車によくある2500ccというのもこの税制の産物です。)日本ではトヨタ・クラウン(アスリートのみ)、レクサス・GS、ホンダ・ステップワゴンなど、輸入車ではプジョー・508、フォルクスワーゲン・ゴルフなどがあります。

 デザインは初代、308GTBをほうふつとさせるものです。かつてピニンファリーナのレオナルド・ダ・ヴィンチでもクマでもなかったフィオラバンティが手がけたそのスタイリングは、エンジンを横置きミドシップにしたレイアウトを役立てながら、美しさとパワー感を上手に表現していました。ただ、そんな「懐古調」だけのモデルではなく、現代的に車体のエアロダイナミクスも徹底的に考えられています。なかでも特徴的なのは、ダウンフォースを生み出すために「ブロウン・スポイラー」と呼ばれるシステムが採用されている。ディフューザーに設けた可動式フラップなどを使いながら、ダウンフォースを先代より50%も増大させているといわれています。

 ミニカーはサンクスのフェラーリ(11)(2015年)から。そしてお約束の諸元はこんなものです。

車名          488GTB

デビュー        2015年
製造          2015年~
全長          4568mm
全高          1213mm
全幅          1952mm
ホイール・ベース    2650mm
トレッド(前)     1679mm
    (後)     1647mm
車重          1370kg

エンジン        フェラーリ ティーポF154 CB
形式          水冷レシプロ 直噴V型8気筒 DOHC4バルブ + ツイン・ターボ
総排気量        3902cc
ボア×ストローク    Φ86.5×83.0(mm)
Vバンク角       90度
最大出力        670馬力/8,000rpm
最大トルク       77.5kg-m/3,000rpm
圧縮比         9.4
燃料噴射システム    ボッシュ社製 モトロニックME7.3 電子制御
点火システム      マニュエッティ・マレッリ社製 電子制御

駆動方式        後輪駆動方式(MR)
変速機         前進7速 セミ・オートマチック横置き(DCT +後退1速)
差動システム      電子制御 リミテッド・スリップ・デファレンシャル(E-Diff)

シャシー        アルミ/ジュラルミン・スペース・フレーム
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式 
       (後)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式
ブレーキ   (前)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
       (後)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ+ホイール(前) 9J×20+245/35ZR20
        (後) 11J×20+305/30ZR20
燃料タンク容量     78リットル

ボディ・スタイル    2ドア・ベルリネッタ
乗車定員        2名
 
 という事で今日のお話はここまで。さてこれから「皇室番組」でも見てましょという次第です。
(これ、アンタの年はいくつやの、ミーシャ?)

車輪の数字

 さて愛するタイガース、昨日はパンダの大爆発、そしてけしからん某全国紙Gは再び沈んだ中、テニスに行って、車のタイヤを探しに行った私。最近の車にはホイールに空気圧センサー(TPMS Tire Pressure Monitoring System)なるものがついてまして、これをつけとかないと、警告ランプがつきっぱなし(間違ってもつきっぱなしで、球がジャラジャラと出てくるわけではありません。)になるため、ちょっとその辺も考えとかないとという今日は日曜日、ミニカーのお話。4枠目の今週は「考察」、本来であれば、先週行く予定だった例会のお話でしたが、それが台風のためにボツになったために、この「タイヤとホイール」から、こんなお話です。
(これ、アンタはパチンコをせ~へんのに、なんでか「台の名前」はよう知っとるね、ミーシャ。)

 車のタイヤとホイールにはサイズがあります。決してSとかMとかいう表示ではありませんが、例えば、こんなもの。

 225/45 ZR17        225/45 R17 90Y  

 17×8J5 - 100   

 上はタイヤのサイズ、下はホイールのサイズによく見られる表示です。何のことかと言いますと…。

 225/45 ZR17        225/45 R17 90Y

 この「225」というのはタイヤの幅(mm)、この場合は225mmのタイヤ幅ですよという事です。(ちなみにミーシャのカムリは215mmです。)当然幅が広い方が安定します。(フェラーリの「ラ・フェラーリ」という車は前265、後ろ345とかいうサイズです。)ただし、当然のことながら転がり抵抗も大きくなり、車自体には負担がかかります。そしてその次の「/」の次の「45」という数字、これが偏平足じゃなかった扁平率というもので、タイヤの高さをタイヤの幅で割って100をかけた数字です。最少は30、最大で70くらいです。高い(数字が大きい)と路面からの衝撃をしっかりと和らげることができ、乗り心地が良くなる傾向にあります。また、高偏平なタイヤほど接地幅が狭くなるので、転がり抵抗が小さくなり燃費も向上するため、経済性も高まります。ただし、ハンドリングについては劣ります。逆に低い(数字が小さい)と接地幅が広がります。そうすることでハンドリングの応答性が高くなるため、スポーツ走行を重視する車両の多くに低偏平(ロー・プロファイル)タイヤが装着されています。

 そして左側の表示「Z」、右側の最後の「Y」ですが、これは速度記号と呼ばれるもので、「このスピードまではタイヤは耐えられますよ」という事です。この場合、「Z」は240km/h以上、「Y」は300km/hまで耐えられますよという意味です。LからYまでの8段階、30km刻みで決められています。さらにその次の「R」は「成人指定」ではなく「ラジアル構造」という意味、その次の「17」とはホイールのリム径のサイズ(インチ表示)を指しています。(軽自動車で13、最近では20インチなんてものもあります。)そして右側の表示、最後の「90」という数字は「ロード・インデックス」と呼ばれる定められた条件下で、タイヤ1本あたりが支えられる最大荷重を示した指数です。(「90」で600Kg程、数字が大きくなればなるほど、耐荷重は上がります。フェラーリやメルセデスで90~110ほどです。)

 そしてホイールの方はこんなもの。

 17×8J5 - 100

 この場合の「17」はホイールのリム径のサイズを指します。そして「×」の次の「8」はタイヤがはまる部分(リム)の幅をインチサイズで表記しています。(この場合は8インチという事です。)0.5(1/2)刻みで設定されています。そっしてその次の「5」はホイールを留めるナットの本数、最近は5本が多くなりましたが、軽自動車などは4本、トラックは8本です。ちなみにレーシングカーでは1本(センターロック)ですが、、安全性の観点から市販車では禁止されています。(唯一の例外はトヨタ 2000GTです。)最後の「-」以後の「100」という数字、これはP.C.D(Pitch Circle Diameter)の略で、ボルト穴の中心を結んでできる円の直径をミリメートルで表記しています。国産車であれば100、114.3が主流ですが、輸入車には様々なサイズが存在します。

 という事で今日のお話はここまで。長々と数字について書いてみましたが、「台風のバカヤロ~!!」と思う次第です。
(これ、私はアンタに「バカヤロ~!!」って言いたいんやわ、ミーシャ。こないだはお姉ちゃんのプリン勝手に食べたしさぁ。)

乗り込まれた

 さて昨日は1日雨、そしてプールで美女軍団に追い回されて(間違っても写真週刊誌に追われたのではありません。また決してパ×ツをかぶった写真が出てきたわけでもありません。)「ジョーズ」のトラウマで眠れなくなったそんな中、台風対策でベランダにあるものをたたんでいたものの、広島で野球の試合を強行したことにびっくりの私。「下手したら、ドーム球場でも「観客の行き帰りの安全を考慮して中止にします。」っていう例があるのに…。」という今日は日曜日、ミニカーのお話。3枠目の今週は「ミニカー・ブランド大図鑑」、今日はこんなお話です。
(これ、そこでアンタは「アナタのことが好きなの♡」って絶叫でもするんやろ、ミーシャ。)

quarzto_logo_convert_20170916064510.jpg

 今月はこちら。ポルトガルの「カルツォ」(Quartzo)です。現在はフランスのヴィテス(Vitesse)の傘下に入っていますが、18サイズのF1ミニカーが有名です。ポルトガルは他にもオニクス(Onyx)などのミニカー・ブランドがあります。(意外なところで、イクソ(ixo)もポルトガルです。)人件費も安い(トミカにおけるベトナムとは似て非なるものです。)、さらに同じヨーロッパという事で色々下請け業がありました。1982年、1986年からのEC(ヨーロッパ共同体 現在のEU)加盟が認められたことで、ポルトガルは高い経済成長が実現され、さらに国営企業の民営化も進みました。そんな中で、ヴィテスが人件費の安い、かつその下地もあるポルトガルに乗り込んできました。出来栄えは現在の京商やポールズ・モデル・アート(ミニチャンプス)に比べれば劣りますが、バリエーションは結構ありまして、同じモデルでもここしか出してないというものも多数あります。

 そして全然関係ないお話ですが、ドーム球場での台風による試合の中止は意外に結構ありまして、多い理由はこんなもの。
(1)観客の行き帰りの安全を考えまして・・・。
最近では2014年10月のオリックス-日本ハム(京セラドーム)が一番近いのですが、一番落としどころのつけやすい理由です。
(2)相手さんが来なかった。
過去に3例あります。1990年9月の巨人-中日(東京ドーム)は中日の選手が新幹線の移動の際に新幹線が止まったから(ドーム球場での日本初の試合中止)ですが、2004年8月のダイエー(当時 現ソフトバンク)-西武、2007年のソフトバンク-西武(福岡Yahoo!Japanドーム)は飛行機の欠航によるものです。(2004年はダイエーの選手の帰り、2007年は西武の選手の行きです。)
(3)球場自体に影響があった。
過去に1度しかありませんが、2000年9月の中日-巨人(ナゴヤドーム)、この際に球場自体が冠水したために試合が中止になった例があります。(この際に「死神」岩瀬仁紀の車は地下駐車場に止めてあったために水没してしまいました。雨の日は地下駐車場に車を止めないようにしましょう。)

 という事で今日のお話はここまで。「台風さん、いらっしゃい。」となるのか、今日はちょっと気になります。
(こら、それはお昼にやってる「新婚さん、いらっしゃい」やろ、ミーシャ。あんなもんが来てもうたらえらいことになるんやわ、全くもう!)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム