FC2ブログ

完全変形

 さて愛するタイガース、昨日は試合をぶち壊した22番に怒り心頭、でもその裏でドラちゃんたちが本拠地ワーストのボッコボコにされていたことにちとクスクス(Gならゲラゲラです。)、その前にテニスに行って超絶ショット連発、ラストは全くバウンドせずに滑るバックスピン・ショット(「テニスの王子様」ではありません。)で締めまして、おやつの後はお昼寝の「1人ビヤホール」な私。今日は日曜日、ミニカーのお話。2枠目の今週は「F1」、今日はこんなお話です。
(これ、今日もまた何を妄想してんかな、ミーシャ?)

P1020525_convert_20200712063614.jpg

 今月はこちら。エイドリアン・ニューウェイの完成形、「RB7」(2011年)です。前作「RB6」から引き続く流れの完成形ですが、この年から「2段ディフューザー」「Fダクト」などの空力飛び道具は使えなくなりまして、その代わりに登場したのは「DRS」(drug reduction system)です。これはF1におけるレースのエンターテイメント性をより向上させる目的として、コース上でのマシンの追い越し(オーバーテイク)がよりレースをエキサイティングにすると言われていますが、近年のF1マシンの性能が非常に高いためにコース上でのオーバーテイクが以前に比べて難しくなってきているとも言われており、反面に競技参加チームに対する運営費の高騰を抑えるために技術的な制限を含めたバジェットキャップと呼ばれるチーム運営費に上限を設ける措置をとる必要がありました。(フェラーリはこれに猛反対しています。)比較的開発費の低い手法で、より安全にオーバーテイクを演出させる手法として考案されました。やり方は後ろのウイングのフラップを動かして、隙間を開けて、空気抵抗を減らしてトップスピードを上げる仕掛けですが、コースのどこでも使えるというわけではなく、ほとんどの場合、ホームストレート部分のみです(鈴鹿の場合はシケインを抜けた後、第1コーナーまで、またモナコでも使えますが、トンネルの中で使ってはいけません。)

 そんな中で7は飛び道具禁止のダメージをカバーすべくということで登場しましたが、前作で注目された「ブロウン・ディフューザー」も採用してきました。排気管を延長し、後ろのタイヤの内側に吹き付ける(これで、後ろのタイヤが巻き起こす乱流を吹き飛ばすという効果を狙っています。)新方式となりました。さらに低速時にも一定の排気を保つ「オフスロットル・ブローイング」を使用しています。もともと「ディフーザーの中に排ガスを流す → その排ガスの勢いでマシン底面を流れる気流のスピードを上げる → ダウンフォースも増える」のは存在していた技術でしたが、高速時と低速時の排ガスの量が変わるためにその挙動の変化が大きすぎるという欠点もありました。2000年代には上面排気(ボディワークの上に排気口を開け、後ろのウイングの下の段に当てるやり方、排気流の空力的応用と共に、排気管が短くなりエンジン出力アップに貢献する事になります。一番最初にやったのはフェラーリ F300(1998年)です。)の登場とともにこの方式は絶滅しかけたのですが、レッドブルが復活させています。

 そして2011年シーズンは開幕から圧倒的な速さをみせ、セバスチャン・ヴェッテルがポール・トゥ・ウィン。得意とするハイダウンフォースサーキットだけでなく、エンジンパワーにハンディのある高速コースでも優勝しました。特に予選においてライバルに圧倒的なタイム差をつけ、ヴェッテルはシーズン最多記録となる15回のポールポジションを獲得。ポールポジションからスタートし、DRSが有効となる3周目までにギャップを確保して逃げ切るという勝ちパターンを確立しました。最終的に4戦を残してセバスチャン・ベッテルのドライバーズチャンピオンが決定。レッドブルとしても19戦中18回のポールポジション、12勝という圧倒的な強さで2年連続のダブルタイトル獲得しました。ただし、この年からタイヤがピレリのワンメイクになったことからその使いこなしに時間がかかり、スパでは標準よりもキツいネガティブ・キャンパー角度をつけたためにタイヤがバースト寸前まで負担がかかり、またウェバーが1勝どまりとちょっとアンバラも出たシーズンでした。

 ミニカーはマジョレットのもの、でも京商と比べると、そんなにリアルさがない、それをチョロッといじっています。また本来設定のないシャークフィンがついている、ある意味「6」に近いものですが、車番が1と2、そしてルノーと関係のある日産自動車の別ブランド「Infiniti(インフィニティ)」のロゴもあるということで、それらしく見えるようにしています。そして今日も出てくる「データの鬼」、諸元はこちら。

車名          RB7
デビュー        2011年
全長              mm
全高              mm
全幅              mm
ホイール・ベース        mm
トレッド(前)         mm
    (後)         mm
車重           640kg(燃料、ドライバー含む)

エンジン        ルノー RS27
形式          水冷レシプロ V型8気筒 DOHC4バルブ(ニューマチック・バルブ)
総排気量        2398cc
ボア×ストローク    
Vバンク角       90度
最大出力        750馬力以上/18,000rpm(推定)
圧縮比         不明
燃料噴射システム    MES(マクラーレン・エレクトリック・システムズ)社製 デジタル電子制御
点火システム      MES(マクラーレン・エレクトリック・システムズ)社製 電子制御
燃料          トタル
オイル         トタル

駆動方式        後輪駆動方式
変速機         前進7速 電子制御セミ・オートマチック縦置き(+後退1速)
差動システム      リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        カーボン・コンポジット・モノコック
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式プッシュ・ロッド(+トーション・バー)
       (後)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式プル・ロッド(+トーション・バー)
ブレーキ        ブレンボ社製 4輪ベンチレーテッド・ディスク(カーボン製ディスク)
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ         ピレリ
ホイール        O.Z 13インチ
燃料タンク容量     不明

デザイナー       エイドリアン・ニューウェイ/ロブ・マーシャル/ピーター・プロドロモウ
ドライバー       セバスチャン・ヴェッテル/マーク・ウェバー

 ということで今日のお話はここまで。これから「皇室アルバム」を見て、町内会の廃品回収に行ってきましょ。
(これ、ミーシャ。下まで下ろしてくるだけやのに、そんな大そうな風に言うてんやないんよ、全くもう!)
スポンサーサイト



止まると死ぬ

 さて愛するタイガース、昨日は運も味方にして途中雨降りで逃げ切った裏で、ボーアの確変は本物か?と思う「人を信じ切れていない」私。今日は土曜日、グルメのお話。1枠目の今週は「食材」、今日はこんなお話です。
(これ、アンタも雨降りには注意せんといかんよ、ミーシャ。)

kuromaguro.jpg

 今月はこちら。「マグロ」です。クロだミナミだビンチョウだとかいろいろありますが、日本では高級食材の1つにあげられます。食べ方は刺身、寿司種、葱鮪鍋(ねぎま)、焼き魚(塩焼き、照り焼き、かぶと焼き)、煮付け、佃煮など幅広く食べられています。魚肉の部位によって、赤身、中トロ、大トロなどに分かれ、価格も異なります。漁獲地域では目玉、心臓など、一般に流通していない部位も食用に利用されます。

 その生態は間違ってもベッドでずっと寝ている(俗に「地雷」とかいう例もあります。)わけではなく、体長3m、重さ400kgほどですが、ここまでいくには大体3年から5年ほどかかります。その間に日本周辺を回遊しています。このため、価格高騰に伴って乱獲が進み、漁獲規制だけでなく、自然界の資源量に影響を与えない完全養殖手法の確立が求められ、日本では近畿大学(通称「近大(きんだい)」、東大阪市にある日本屈指のマンモス大学です。大阪で「きんだい」というとここを指します。なお、これは大阪のみで金沢で「きんだい」というと国立の金沢大学(これも「金大」(きんだい)ですな。)を指します。)が2002年に養殖に成功し、「近大マグロ」というブランドで今や全国区の知名度です。他にも水産企業の数社が実用化しています。

 ということで今日のお話はここまで。またもや「雨」ですが、ウチとこの会社でやらかした「不祥事の連鎖」に悩む次第です。(その中には追突事故の当事者になって、出した免許証が再発行前のものだったという「前代未聞」ネタもあります。ただし、この場合は「無免許運転」ではなく「免許証不携帯」の扱いになります。ただし、再発行前のものは出てきた時点で警察に返納しないと罰金刑になります。)
(これ、その辺は続くから気をつけんといかんよ、ミーシャ。)

ハイテク・ブランド

 さて蒸し暑い中でのお仕事、そんな中、明日から1人同僚が休みを取っての行き先がなんと「東京」ということで、「ヤバいんじゃないの?」と大騒ぎになった中、このお話を書いているという「濃厚接触者1号」の私。今日は木曜日、テニスのお話。1枠目の今週は「道具」、今日はこんなお話です。
(これ、ま~たそんなややこしいネタをやってまぁ、ミーシャ。)

 オーストリアのラケット・ブランド、ヘッド。現在の男女の世界ランク1位、ジョコヴィッチとアシュリー・バーティが使用しているブランドでも有名ですが、かなりのハイテク・ブランドでもあります。また同じメーカー内でラケットを比較するには「ヘッド以上にわかりやすいメーカーはない」と考えており、メーカーにこだわりがなければヘッド内で完結できるという強みがあります。それぞれの性格が全然違い「好みを見つけやすい」「細かい味付けに派生しやすい」ため、結構ハマる方はハマります。

 ではそんなヘッドが生み出したテクノロジーはこんなもの。

(1)チタン素材
1999年に登場した「Ti S6」から始まったものです。元々チタンは衝撃や腐食、高温にも強い。 耐久力に優れたチタンをフレームに採用し中空構造で高い反発性を実現しています。そして一躍バカ受けしたのが「Ti ラジカル」、ラジカルシリーズの4代目ですが、ツアーモデルでありながらも295gという軽めな設定、よくチタンを使用しているからラケットが軽い・・・こんな言葉も飛び交ってましたが・・・実は「チタン」自体は素材としては重たい部類に入ります。但し強さが際立っていた事でラケットに使用するカーボン素材を減らす事で軽量化に成功し、これを使ったアンドレ・アガシの復活と共に大ベストセラーになりました。

(2)インテリファイバー
2001年に登場したピエゾ・エレクトリック理論を基にラケットが打球時に受ける衝撃を電気エネルギーに変えて、ラケットのしなりをコントロールするという仰天テクノロジー、衝撃を受けた瞬間だけ、一瞬硬度が上がり、しなりによるコントロールのずれを消すという仕掛けです。

(3)フレックスポイント
2006年に登場したもの。フレームの両サイドに細い丸い穴をあけて、そこの強度を意図的に落とすことで、ボールをくわえ込む度合いを上げたものです。

(4)グラフェン
2012年に登場したもの。現在はこの進化版、グラフェン360°となっていますが、この世で最強のカーボン素材(といってます。)グラフェンをフレームのトップ部とお尻部分に搭載して強度と軽量化を実現したといわれています。

 他にもCAPグロメット(ストリングが完全にフレームの中に入り込む形、これで振った時の空気抵抗が減る(振り抜きがよくなる)とい合われています。)、ノーダル・テクノロジー(ラケットのスイート・スポット(芯です。)、一番力の入るポイント、そして一番衝撃の来ないポイント、この3つは近いところにあるのですが、完全に揃えられるのは難しかったものを実現した。)などがあります。

 ということで今日のお話はここまで。ただグリップの形が合う人、合わない人がはっきりする(かなり扁平なグリップのため、他社から変えるとちょっと違和感がという人も多いんです。)ため、私も一時考えましたが、結局没にしました。今月の予定もそろそろ決まりつつありますが、何とか乗り切りましょ。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)

泡噴く、音出る

 さて今日も雨、最近ず~っと雨ばかり、そんな中最近できたクリームパンのお店に行ってきた「スイーツ男子な」私。今日は水曜日、プールのお話。1枠目の今週は順番入れ替えまして「考察」、こんなお話です。
(これ、アンタは何をバブリーなネタを持ってくるんかな、ミーシャ?)

 水中で手をかいている時、その際にはヘタなかき方をすると「泡」が出ます。この泡は結構難儀なものでして、これが出るとそれだけ「抵抗」も増えるわけです。スクリューのプロペラその他で出てくる「キャビテーション」という現象です。潜水艦などの場合は下手したらプロペラ部分の破損とか結構たいそうなお話になってきます。でも泡は、どんなに上手に入れても、まず指先に付いてしまいます。それにはどうすればよいかというと、手を入水した瞬間に、かるく外へふると泡が切れます。言い方を変えると、手を入水したら、しっかりと手を前に伸ばします。

 ちなみにミーシャは調子のいい時はほとんど泡が立たない、また無音になる(決してキャタピラー。システムなんて積んでません。)といわれています。この状態は最も速い状態ですが、いかんせん後ろが重い分、その分に食われています。また船の場合、キャビテーションの発生は、発生する気泡により、スクリュープロペラ等が十分な水を押し出せない、いわば空回りに近い状態を生み出すため、無駄なエネルギーが消費されて機器の効率を低下させます。また同時に発生する圧力波がこれらの機器の動翼表面のエロージョン(壊食)を起こして、効率を下げたり壊したりすることがあります。現代の潜水艦のスクリューは、東芝機械ココム違反事件(注釈)で話題になったスキュード・プロペラ(ブレード枚数が7枚と多く、個々の翼は細長くて面積が小さく翼の後退角が大きく、連続変化する複雑な曲線で構成されており、静粛性の向上が図られています。ただ、これをやるにはかなりのレベルの制度を持つ工作機械が必要です。)によって、プロペラ周囲に発生する水中圧力の低下を出来るだけ抑えてキャビテーションの発生を低減しています。とはいえ、潜水艦がキャビテーションを発生させるのはほぼ海面付近に限られており、数10mも潜航すればキャビテーションは水圧の影響で発生しなくなります。

 ということで今日のお話はここまで。早いとこ、プールに行っとかんとと思うわけですが、なかなかこの雨との兼ね合いになりそうです。
(ほれ、雨の日は気をつけるんよ、ミーシャ。)

(注釈)東芝機械ココム違反事件
1987年に日本の東芝の関連子会社、東芝機械(当時 現芝浦機械)がココム(対共産圏輸出統制委員会 Coordinating Committee for Multilateral Export Controls; COCOM)の規定に違反して、高性能の工作機械をソ連(当時)に輸出したことで発生した外国為替及び外国貿易法違反事件です。共産圏へ輸出された工作機械によりソ連の潜水艦技術(スクリューのプロペラ加工技術)が進歩し、アメリカ海軍に危険を与えたとして日米間の政治問題に発展しました。 また関与した東芝機械並びに東芝本社、仲介の伊藤忠商事なども幹部何人かの辞任沙汰になりました。

アナタにロックオン

 さて私は出戻り先に埋もれることが濃厚な「泥沼の」私。なぜかというと来た新人が1日でやめたというわけで、休みも取れないほどの超過密スケジュールを組んでくるウチの事務所に「バカヤロ~」といってやりたい今日は火曜日、またもや入れ替わった巨大建造物のお話。1枠目の今週は「野球場」、今日はそんなアナタにロックオンしたい、こんな球場のお話です。
(これ、アンタはいっつもロックオンされてんやないの?何なら今からピンポイントでミサイル撃ってあげようか、ミーシャ?)

MINNMLBP_0095_Bergerson_convert_20200707201559.jpg

TargetField-2010_convert_20200707201630.jpg

 今月はこちら。アメリカでも話題の街、ミネソタ州ミネアポリスにある「ターゲット・フィールド」(Target Field)という球場です。メジャーリーグ、ミネソタ・ツインズの本拠地として2010年に開場しました。収容人員39000人、センター123m、両翼103/100mの天然芝の球場です。からくり(東京)ドームのモデルになったメトロドームの後にオープンしました。ミネソタ州は冬はマイナス10度とかいう寒冷地にもかかわらず、ここの芝生は結構いいものになっています。またグラウンドの特徴としてはライトスタンド側のフェンスは高さ約7mあり、左打者に厳しい球場です。

 またこのターゲットとは、ミネアポリスに本社を置く、アメリカの大手小売業です。他にもモータースポーツで有名でした。(インディカーの3強の1つ、チップ・ガナッシ・レーシングの冠スポンサーを2016年まで務めていました。)そしてチーム名の「ツインズ」とはこのミネアポリスとお隣のセントポールという街を合わせて「双子の街」(Twin City)と呼ばれていたことからつきました。(決して善と悪の2面性を持つ双子の兄弟が現れるわけではありません。またその2人が属する集団を「黄金聖闘士」といってもいけません。)

 ということで今日のお話はここまで。最近疲労からかプールに行くこともできない中ですが、ちょっとゆっくりする間を探しましょ。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム