これでしょ?

 さて1年で一番短い2月、なかなか稼働日数も少ない中でお仕事していた私。ある意味、開き直っているといえば開き直っている感もありますが、そんなお話はさておいて、今日は月曜日、順番入れ替わりまして、映画のお話。1枠目の今週は「ボンド」、今年度のテーマ「乗り物」からこんな車のお話です。
(これ、あんまし気にしたらいかんよ、ミーシャ。) 

P1020269_convert_20170226212322.jpg

P1020270_convert_20170226212336.jpg

 「ボンドカー」と聞いて、どの車が思いつくか、これは「ボンドと言えば誰?」という質問と同じような答えになってきますが、ほとんどの方はこの車を上げると思います、それがアストンマーチンの「DB5」(1963年)という車です。イギリスの自動車メーカーであるアストンマーチン社のラインナップの中でも名車との呼び声が高いモデルであり、かつてボンドカーとして一世を風靡した高級スポーツカーです。DB5は、アストンマーチン・ラゴンダ社が同社のDB4の後継車種として誕生させました。

 1963年から1965年まで製造したスポーツカーであり、DB4のエンジンを改良した3995cc、水冷直列6気筒全軽合金製のDOHCエンジンを搭載。標準型には3基のイエローキャブじゃなかったSUキャブレターを積み、1964年から登場した高性能版のヴァンテージ仕様はウェーバー社製のキャブレターを3基積んでいました。(間違っても巨乳の女性を多数抱えていた芸能事務所の事ではありません。)2年間の生産期間中でわずか1023台しか製造されませんでした。創業以来品質を重視した車作りを手がけており、現行にいたるまで叩き出し、塗装、内装、組み立てといった製作工程の大半が熟練した職人の手作業によるものです。

 映画の中で登場するのは3作目の『ゴールドフィンガー』(1964年)からです。劇中では走行中にナンバーは変わる、機関銃はぶっ放す、煙幕は出す、オイルは吹き出すと、様々なギミックが人気を博し、以降、007シリーズに最もボンドカーとして登場することの多かった車種でもあります。出た中身はこんなもの。

第3作「ゴールドフィンガー」  可変ナンバーシステム、カーナビシステム、スピンナー、せり出し式防弾装甲・携帯発信器ホーマーの受信機(有効距離240km)・煙幕・オイル散布装置・イジェクトシート・攻撃用バンパーガード、運転席下の武器、無線電話などがついています。スイスにあるオーリック社の工場で前方からの追手の車両を避けた際に壁に衝突・大破してしまいました。

第4作「サンダーボール作戦」 放水銃・せり出し式防弾装甲などがついています。

第17作「ゴールデンアイ」   ボンドのマイカーとして登場。冒頭でゼニア・オナトップのフェラーリF355GTSと心理学者を隣にノセてカーチェイスするシーンがあります。峠道を抜けて、コンソールを開けるとシャンパンが出てくるとかプリンター(MI6本部からの情報用)などがついています。

第18作「トゥモロー・ネバー・ダイ」  ボンドのマイカーとして登場します。

第21作「カジノ・ロワイヤル」 バハマのカジノでターゲットから巻き上げた車、シリーズ初の左ハンドル・モデルです。

第23作「スカイフォール」  ボンドが隠れ家の倉庫に駐車していたもので物語後半、Mをスカイフォールへ連れていく際に使用しています。ゴールドフィンガーに搭乗したボンドカーと同型でシフトレバーのグリップにシート射出の隠しスイッチが内蔵されている他、フロント部に機関砲を内蔵しており、終盤、敵への待ち伏せ攻撃に使用しました。最終的に敵ヘリからの機銃掃射で蜂の巣にされ、破壊されてしまいます。

第24作「スペクター」 前作で大破した個体をQ課が復活させたものでボンドがQのところに赴いた際に組み立て作業が行われていました。またラストでは完璧に修復できたようでボンドがQ課から取りに行き助手席にマドレーヌを乗せて走り去っていきました。

 ミニカーはサンクスの「イギリス車(その2)」(2009年)からです。そして今日も出ました諸元はこんなもの。

車名          DB5

デビュー        1963年
製造          1963年~65年
全長          4572mm
全高          1346mm
全幅          1676mm
ホイール・ベース    2489mm
トレッド(前)     1372mm
    (後)     1359mm
車重          1465kg

エンジン        アストンマーチン 
形式          水冷レシプロ 直列6気筒 DOHC2バルブ
総排気量        3996cc
ボア×ストローク    Φ96×92(mm)
最大出力        286馬力/5,500rpm
最大トルク       39.8kg-m/3,850rpm
圧縮比         8.8
燃料噴射システム   3連SUキャブレター
点火システム      シングル・プラグ、2コイル

駆動方式        後輪駆動方式(FR)
変速機         前進5速 マニュアル縦置き(+後退1速)
差動システム      リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        アルミチューブ・フレーム
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式
       (後)  独立懸架 ライブ・アクスル式
ブレーキ   (前)  ディスク
       (後)  ディスク
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ+ホイール(前) 5.50×15インチ 6.70-15
        (後) 5.50×15インチ 6.70-15
燃料タンク容量     86.4リットル

ボディ・スタイル    2ドア・クーペ
乗車定員        2名+2名

 ということで今日のお話はここまで。さて来月はどうなるのやらと思うのですが、その辺は割り切っておきましょという次第です。
(ほれ、この場であーだこーだとベラベラいうたら言うたらいかんよ、ミーシャ。)
スポンサーサイト

ゲームの話ではありません

 さておとといの晩はフェラーリの新車「SF70H」、2017年モデルのF1マシンの発表を見たものの、な~んか今年もダメそうに見えてしまった私。そのせいか、昨日はちょっとミスが続く中、気を取り直しての今日は日曜日、ミニカーのお話。また1枠目に戻りましての今週は「市販車」、今月はこんな車のお話です。
(これ、あんまし気にしなや、ミーシャ。)

P1020217_convert_20170226081139.jpg

P1020218_convert_20170226081156.jpg

 今月はこちら。458のGT仕様の「458 GT2」(2011年)です。このGT2というのはFIA(国際自動車連盟)が定めるクラスのことで、他にもGT1、GT3、グランダムといったクラスがあります。GT1は2011年に消滅してしまいましたが、GT2、GT3は現在でも残っています。ただし、GT2は「LM-GTE」と名前が変わっています。それぞれの違いは…。

 GT2  プロ、有力チーム向け  車体寸法に関する規定あり、空力パーツ可、TCS以外の電子デバイス不可
 GT3  アマ、一般向け      車体寸法に関する規定なし 空力パーツ不可、TCSなどの電子デバイス可(ただし市販状態でついている場合)

 というところです。

 そしてフェラーリは2011年、ミケロット・オートモビリとの共同開発によって「458 GT2」のレースデビューを果たし、2006年から2010年までの間に多大な成功を納めた「F430」の伝統を受け継ぎました。ミッドに搭載する4.5リッターV8エンジン(F142ユニット)は出力が470PSまでと定められた新しいリストリクター(吸気制限です。吸気口のサイズに制限を加えることで、エンジン出力を下げる効果があります。イメージとしてはマラソン選手がマスクをして練習するのもこの例です。)規制により、578PSを発揮するストリート仕様の458イタリアや458チャレンジよりも低い出力となっています。 しかしボディ各部にカーボン素材を多用することで軽量化し、純粋なレーシングマシンに仕立てられております。 トランスミッションはパドルシフトも可能なヒューランド製6速シーケンシャルが搭載され、フロントのフレックス・スプリッターの廃止によって設けられた大きなインテーク及びアウトレットがレーシングカー然としたエクステリアを形成しております。 458GT2はルマン24時間レースやヨーロッパのルマン・シリーズ(LMS)のほか、アメリカのルマン・シリーズ(ALMS)等で活躍しており、また日本では2011年の SUPER GT に1台の458GT2が出場しています。

 ミニカーはサンクスのフェラーリ(9)(2013年から、そしてその諸元はこんなものです。

車名          458 GT2

デビュー        2011年
製造          2011年~
全長          4518mm
全高          1160mm
全幅          2036mm
ホイール・ベース    2650mm
トレッド(前)     1720mm
    (後)     1688mm
車重          1246kg

エンジン        フェラーリ ティーポF142
形式          水冷レシプロ 直噴V型8気筒 DOHC4バルブ
総排気量        4497cc
ボア×ストローク    Φ94×81.0(mm)
Vバンク角       90度
最大出力        471馬力/6,250rpm
最大トルク       53.3kg-m/5,750rpm
圧縮比         
燃料噴射システム    ボッシュ社製 モトロニックME7.3 電子制御
点火システム      マニュエッティ・マレッリ社製 電子制御

駆動方式        後輪駆動方式(MR)
変速機         フェラーリ/ヒューランド製 前進6速 シーケンシャル・マニュアル縦置き(+後退1速)
差動システム      電子制御 リミテッド・スリップ・デファレンシャル(E-Diff)

シャシー        アルミ/ジュラルミン・スペース・フレーム
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式 
       (後)  独立懸架 マルチ・リンク式
ブレーキ   (前)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
       (後)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ+ホイール(前) 8.5J×18+325/650-18(ピレリ)、30/65-18(ミシュラン)、300/660-18(ダンロップ)
        (後) 10.5J×20+325/705-18(ピレリ)、31/71-18(ミシュラン)、310/710-18(ダンロップ)
燃料タンク容量     95リットル

ボディ・スタイル    2ドア・ベルリネッタ
乗車定員        1名

 ということで今日のお話はここまで。この後はそろそろ始まりました「関口宏のサンデーモーニング」を見ましょという次第です。(ただ、「週刊 ご意見番」(喝とあっぱれ)はかなり質が落ちたような気がします。)
(ほれ、ブランコもモンちゃんも言うとったよ、「ミーシャが最近、寂しそうなんだ…。」ってね、あの子らにはアンタしかいてへんから、その辺ちゃんと見たりや、ミーシャ。)

 

プレミアム

 さて昨日は何とか一発当てまして、と言っても午後3時には終わっていませんが、「プレミアム・フライデー」の効果をどうも疑問視している私。今日は土曜日、グルメのお話。4枠目の今週は「食べること」、今日はその「プレミアム」からこんなお話です。
(これ、そこで「花金」とか言うてんやないんよ、ミーシャ。)

 プレミアムと聞いてポンと出てくるのは「ビール」、トップの「ザ・プレミアム・モルツ」(サントリー)、対抗馬の「ヱビスビール」(サッポロビール)、「スーパードライ・プレミアム」(アサヒビール)などがありますが、原料や醸造方法にある種のこだわりを持たせた高級志向のビールや、それが属するカテゴリーのことを指しています。一般的には、大手ビール会社が醸造する定番商品に対して、価格が高く設定された高級志向の商品を指すのですが、実はプレミアムビールの明確な定義は存在しないんです。

 日本において、プレミアムビールは一般的に高いため、定番商品と比べると贅沢品、嗜好品の面が強いわけですね。消費状況は、日常的に飲むのではなく週末や記念日、あるいはハレの日(祝い事)などの特別なシーンで飲まれることが多く、飲用イメージも褒賞や来客用と特別なビールとする傾向があります。(そのため、私は実家に帰省する際には必ず1ケース持って行ってます。)また、歳暮・中元などの贈り物としても需要があり、もらって嬉しい物や贈り物向き商品として高い支持があります。(この例が2013年(平成25年)に出た「スーパードライ・プレミアム」です。元々は贈答用のギフト商品として世に出ましたが、売れ行きも良かったために2014年から通常のバラ売り物になりました。)ただ、世間のイメージは日本地ビール協会がメールマガジン会員に対して行ったアンケート、「レギュラービールとプレミアムビールの違いを具体的にどこで判断しますか?」という質問に対し、「メーカーがプレミアムとして販売したものがプレミアムビール」との回答が1位となっています。

 ということで今日のお話はここまで。今月も読んでいただきまして、ありがとうございました。とはいえ、そろそろネタ切れに悩む次第です。
(ほれ、ないんならやめといたらええのにさぁ、ミーシャ。)
 

女神の姉

 さて明日は「フェラーリのF1 新車の発表」ということで「さて、どんなもんが出てくるんでしょ?」と思う中、今日も真面目にお仕事して、結果の残っていない私。今日は木曜日、テニスのお話。4枠目の今週は「名勝負百選」、今日はこんなお話です。
(これ、あんまし引きずったらいかんよ、ミーシャ。)

 先日のオーストラリアの決勝、36歳のヴィーナス・ウィリアムズと35歳のセリーナ・ウィリアムズの姉妹対決でしたが、この年齢でまだそれが起こるというのはちょっとビックリ、ここまで28回の対戦のうち、妹セリーナの17勝、姉のヴィーナスの11勝という成績ですが、4大メジャーでは15度対戦しています。それでもセリーナの10勝、ヴィーナスの5勝という成績です。そんな2人が初めて4大メジャーの決勝をやったのは2000年のウィンブルドンですが、そのヴィーナス・ウィリアムズからこんな試合がありました。2005年のウィンブルドンの女子シングルス決勝、結果はこちら。

 ヴィーナス・ウィリアムズ     4-6   リンゼイ・ダベンポート
                  (4)7-6(7)
                     9-7
 
 第1シード、ダベンポートはここまでの6試合で、4回戦のクライシュテルス、準決勝のモーレスモ戦でタイブレークの末に1セットずつ落としています。しかし世界ランク1位の貫禄でここまで勝ち上がってきました。一方の故障明けのヴィーナス・ウィリアムズは第14シード、ここまで失セットなしで6試合を勝ち上がってきましたが、4回戦で当たるであろうと予想された妹セリーナがコケ、ベスト8ではマリー・ピエルス相手にタイブレーク12-10の壮絶なシバキ合いの果てにピエルスをコートに沈めて、準決勝はシャラポワとの「絶叫対決」を制してここまでやってきました。

 過去26試合やって、ヴィーナスの14勝12敗のほぼ5分の2人、その27度目、そして最後の対戦となった女子シングルス決勝は、前日雨で流れた男子シングルス準決勝のために1時間ほど繰り下げられました。そうして始まった女子決勝の第1セットは、ダベンポートがヴィーナスのサービスゲームを2ゲームブレークし、5-2とリードするという展開。そこから2ゲームを奪い、4ゲームまで追い上げたヴィーナスでしたが、ダベンポートに6-4と逃れられます。第1セットは33分で終了、しかしその後に続く厳しく長い戦いはまだ誰も予想していませんでした。

 第2セットも終盤、5-4でヴィーナスリードの場面では、ダベンポートのサービスゲームでブレークポイントを握りながら、そのチャンスをつかむことができませんでした。しかし、6-5でサービング・フォア・ザ・チャンピオンシップスを迎えたダベンポートは、今度はそのゲーム1ポイントを取っただけでヴィーナスにブレークを許してしまいます。こうなると追いついた方が有利になるのはよくある例で、タイブレークに入ると、ヴィーナスが一方的な展開で5-1とリードし、7-4でヴィーナスが第2セットを奪い返し、2年ぶりの最終セットに突入しました。

 最終、第3セットもダベンポートのリードで試合は進みます。4-2とダベンポートがリードを奪ったときには、センターコートの誰もがダベンポートの勝利を予想しました。しかし、その直後、ダベンポートは背中の痛みを訴え、治療を受けることになります。(「メディカル・タイムアウト」と言いますが、偶然に起こったケガの治療の場合、3分以内で試合を中断することができます。)痛みを抱えながら、それでも戦い抜くダベンポートは、5-4で一度はチャンピオンシップポイントまでこぎつけます。しかし、満身創痍のダベンポート、ヴィーナスの粘りに勝つことはできませんでした。第3セット、9-7でついにヴィーナスはウインブルドンの3度目のタイトルを手にしました。

 ということで今日のお話はここまで。ややもするとあれこれ悩みがちですが、その辺は割り切って取り組みましょうという次第です。
(ほれ、ちゃ~んとやっとったら、みんなが見とるよ、ミーシャ。)

パラは箱

 さて昨日は職場のお食事会、さっさと終わらせて、お誘いなども来なかったので、そのまま帰って早寝した私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。4枠目の今週は「アリーナ」。今日はこんなお話です。
(これ、早い目に帰ってくるのはええ事やと思うよ、ミーシャ。)

300px-PalaTrento1.jpg

images_immagini_14news_19092013palatrentpo,461807

 今月はこちら。只今佳境に入ってきましたバレーボールのイタリア・リーグ(スーペル・レガ(セリエA1))から「パラトレント」(PalaTorento)というアリーナです。イタリア東北部、トレントにある収容人員4360人、2000年に開場しました。現在はセリエA1最強のトレンティーノ・バレーの本拠地です。他にもバスケットボール、またバレーボールのイタリア代表チームの合宿地にもなっています。

 またこのセリエAと言えば、サッカーが有名ですが、バレーボール、バスケットボールもプロ・リーグはこの言い方をします。バレーボールの場合、男子は14、女子は12チームが、男子は9月(女子は10月)から翌年3月上旬までの2回戦総当たり、ホーム&アウェイのレギュラー・シーズンの後、上位8チームによるプレーオフ(5戦3勝)を5月までやるパターンです。外国人枠(イタリア国外の選手)については、チーム所属人数は自由であるが、男子の場合はコート上には常に3人以上のイタリア人選手がいなくてはいけません。また女子の場合は登録メンバーに4人以上のイタリア人、コート上には2人以上のイタリア人がいなくてはいけません。(この場合、サッカーのようにEU域内であればとかいうわけではありません。)

 ということで今日のお話はここまで。最近、どうも「青い字のかっこ」がなかなか出てこないもので、♪同様ちょっと悩んでいます。とはいえ、今日も1日、頑張りましょ。
(ほれ、今日はええ1日になると思うよ、ミーシャ。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム