FC2ブログ

オリに触れて

 さて昨日はお仕事終わってちょっと中華料理のフルコースをお相伴して、そのまま家に帰ってスヤスヤの私。今日は土曜日、グルメのお話。3枠目の今週は「ワイン」、今日はこんなお話です。
(これ、その中華料理のフルコースって「×将」のことやろ、ミーシャ。)

7c1efcb6fe68b1882b95a6d189f6ac2c_convert_20200125051825.jpg

 先月のブドウ「ミュスカデ」から、「ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー ヴィエイユ・ヴィーニュ/シャトー・ド・ラゴティエール(Muscadet Sèvre et Maine Sur Lie Vieille Vigne / Chateau de la Ragotiere)」というワインです。 この場合は「ミュスカデ」がワインの種類、「セーブル・エ・メーヌ」は場所(ロワール=アトランティック県の21の村とメーヌ=エ=ロワール県の2つの村のことです。1936年にAOCに指定されました。)、「シュール・リー」とは製法、ヴィエイユ・ヴィーニュとは「古い木」という意味のフランス語です。そして最後の1枠が製造元、14世紀よりロワール川流域の大西洋に近いヴァレ郡に畑を所有するシャトー・ド・ラ・ラゴティエール。1979年にベルナール、ミシェル、フランソワのクイヨー3兄弟が取得したワイナリーです。自然環境に配慮した農法を行う団体「テラ・ヴィテス」にも参加し、伝統的なワイン造りを行う、家族経営の生産者です。

 またこの「ヴィエイユ・ヴィーニュ」という名前は他のワインでもたまに出てきますが、樹齢40~60年の、しっかりと畑に根を伸ばしたブドウの木を使います。ブドウは植えられてから3~5年程度でワイン向けに収穫ができるようになるのですが、一般的に30年以上のしっかりと根を伸ばした木の方が味わいが安定する傾向にあります。また、地中の滋養をしっかりと吸い上げるため、独特の奥行きをもったワインが出来上がるとも言われます。とはいえ、ヴィエイユ・ヴィーニュのワインが必ず全てワンランク上の美味しさを保証しているわけではありませんが、樹齢を重ねた古木はその土地に馴染み、ヴィンテージごとの味のぶれが落ち着き、しっかり安定してくる傾向にあるようです。

 そしてこのミュスカデしか使わない製法が「シュール・リー」、フランス語で「澱の上」という意味ですが。発酵の際に出る細かな澱と一緒にワインを寝かせ、澱の旨味成分を取り込む製法を指します。シュール・リーのおかげでワインは優しく穏やかな味わいそのままに、どんなお料理も受け止める懐の深さを手に入れるのです。同時にパン生地を発酵させているときのような酵母の香りが仄かにつき、香りにも奥行きが出てきます。

 ということで今日のお話はここまで。今日は「春節」です。テニスに使うラケットのバッグもこの時期限定のものになりました。そんな中で「今日もドタバタになりそうです。
(ほれ、あんましドタバタせんと、お部屋でおとなしいしとき、ミーシャ。)
スポンサーサイト



投げたらいかん

♪ラケット投げ~れ~ば~、ちょ~っと、怒~ら~れ~る~、なおみは~勝~った~、どう~か~、コケな~い~で~、試合~が~終わ~る~、次の~相手は~、だ~れ~♪(Superflyの「フレア」のメロディでどうぞ 現在の朝ドラ「スカーレット」の主題歌です。)さて今日は雨、とはいえ帰りはやんでいた今日は木曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、今日は昨日の「なおみのラケット投げ」からこんなお話です。
(これ、ま~た妙な替え歌考えてんやないんよ、ミーシャ。)

 ラケットを投げたり、ボールを叩きつけたりなどの行為で警告を受ける場面は皆さんも時々、ご覧になると思います。これは「ラケットや用具の乱用」という違反です。(ただ、「道具を大事にせん奴」にロクな奴はいません。)もちろん、ラケットを折ったり投げたりするのは褒められたことではありません。ただ、選手は日常では決して起こりえない精神状態で試合をしています。ただ、警告をとられたくないので、折れないように、たたき方や投げる角度を考えながらやっているのは面白いところです。選手によっては、「やってまった?」と気づいているのに、1回使ってから交換する人もいます。すぐに交換すると、ラケットを折ったとして警告を取られる可能性が高いので、壊れていないように装うアナタもいます。

 そこでやってる相手がこのようになった場合、「今がやりごろ♡」とやってしまうと、のちにえらい事になったりします。つまり、相手が打ち気満々で来ているのに、こっちもそれに対抗して打ち合ったりするなどです。この場合はそうしてしまうと試合中に修正されるなど、ちょっと危険性の高い部分があります。相手のペースに乗ったりせず、逆に相手のミスを誘うようにボールを動かして、相手が崩れるのを待ちましょう。とどめを刺しに行くのはその後でも十分です。

 またほとんどのメーカーが採用している「暗黙のルール」があります。それは「ラケットをへし折ると違約金(罰金)をとる」というものです。錦織圭のラケット破壊騒動でちょっとニュースにもなりましたが、世界のトップ選手になると用具提供する以外に年間のスポンサー契約料を受け取ってラケットを使用しているので、「ラケットを故意に破壊した場合は違約金として契約料の10%(パーセンテージはメーカーや選手によって異なる可能性はありますが)を違約金として支払う」という取り決めがあります。錦織圭もラケットを破壊してしまった試合の直後にラケットを提供しているウィルソンへ謝罪の電話をしたそうです。(ただし、ウィルソンは「ラケットを投げるような選手とは契約しない。」と言ってます。この理由は「自分たちが一生懸命作ったものをあんな扱いされるのは…。」というプライドから来ています。そのため、ミーシャは今までラケットを投げたことはありません。)

 ということで今日のお話はここまで。明日が「除夕」、春節のお休みになりますが、この新型肺炎騒ぎも何とかならない?と思う次第です。
(せやね~、でもアンタは大丈夫やね、ミーシャ。)


 

謎の城

 さて今日もまたトチ狂ったプール・ネタを延々とやり倒して、ラストに「15分泳いでみましょか?」とかいう調教師の悪魔のささやきに乗って再びその「悪魔の末脚」を見せてきた「ジョーズ」な私。このお話は来週やりますが、今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「お城」、ついに始まりました2020年モデルの大河ドラマ「麒麟がくる」からこんなお城のお話です。
(これ、ま~たアンタは悪さば~っかりしてんやろ、先生からお話は全部回って来とってなんやわ、ミーシャ。)

pic_kameyama-castle02_sp_convert_20200122214220.png

kameokatyo_convert_20200122214155.jpg

 今年の大河ドラマの主人公は明智光秀、その光秀は1571年の比叡山焼き討ちの後、長らく近江坂本(滋賀県大津市)に居城を持っていましたが、1578年に丹波攻略の拠点とするために丹波亀山城を築城しました。今日のお話はここです。保津川と沼地を北に望む小高い丘(荒塚山)に築かれましたが、正確な史料が残っていないため全容は分かっていません。光秀は近隣の村から人を呼び寄せ、城下町を形成しました。その後1580年に丹波国を拝領した光秀は、本格的な城下町の整備と領国経営に着手します。ただ光秀は畿内総括という立場上、この城にいるわけにもいかないため、通勤にも便利な元の近江坂本城に住んでいました。そこでこの地には光秀の家臣筆頭、斎藤利三(娘はお福、のちの「春日局」です。)が城代並びに支配代として居住することになります。そのわずか2年後に「本能寺の変」が起こります。

 亀山城はその後、羽柴秀俊(小早川秀秋)によって修築され、1610年、岡部長盛の代に天下普請により近世城郭としての亀山城が完成します。この築城にあたっては城づくりの名手・藤堂高虎が縄張りを務め、五重の層塔型天守が造営されました。現存する古写真は、明治初期に撮影されたものです。明治の廃城令により、廃城処分となり、所有者が転々とします。紆余曲折の末、荒れ果てた城跡を宗教法人大本が入手し現在に至ります。石垣は大本によって修復されており、総合受付で見学を申し込むと内堀跡や本丸付近の石垣を見学することが可能です。またこの時に「亀山」の地名を現在の「亀岡」と改めました。

 またこの地は山陰道の抑えとして、かなり重要な位置にあり(京都市内へ西から入る最終の関門です。この先の老ノ坂峠を抜ければ五条通(国道9号)を通って京都市内まで道は一本です。)、徳川政権も京都の公家勢力、西国大名の抑えとして譜代の大名を送り込んでいました。(同様の例は彦根(滋賀県)、大和郡山(奈良県)、和歌山(和歌山県)、姫路(兵庫県)などがあります。)

 ということで今日のお話はここまで。色々とありますが、日々頑張りましょということで、これからちょっとお食事です。
(ほれ、あんまし夜更かしせんようにね、ミーシャ。)

 

名前は変わる

 さて今日もまたお仕事終わった後で、プールで搾ってきた「被虐の」私。ラストの100m1本で隣を冷静にロックオンして、沈めにかかったわけですが、TCS、VSCなどの電子デバイスをすべてキャンセルして、マニュアル(本能)で行ったために「ジョーズ」だ「原潜だ」と大騒ぎになった今日は火曜日、映画のお話。3枠目の今週は「(今週見ていた「ネンドロイド」のしずかちゃんの線が妙にリアルな気がする)ドラえもん」、今日はこんなお話です。
(これ、そこで「上手に終われない」とかベッタなボケをやってんやないんよ。ミーシャ。)

65075edd93b0f7d175934994b90fe24e_600_convert_20200121215414.jpg

 のび太たちが通う学校、原作では名前の設定はされていないのですが、アニメでは各年代でそれぞれこのように設定されています。

(1)日本テレビ時代              「下町小学校」
(2)テレビ朝日時代(大山のぶ代時代)  「〇×小学校」「〇△小学校」
(3)テレビ朝日時代(水田わさび時代)  「月見台小学校」

 また普通は主要キャラのほとんどが同じクラスになるという設定は、よほどの小規模の学校でない限りはあり得ないのですが、この学校ではそのような設定になっています。ちょっとお話が脱線しますが(誰ですか?「アンタは人生も脱線してんだろ?」とか言ってるのは?)、「学校のクラス替え」はちゃんと理由がありまして、「1つのクラスで入学から卒業までず~っと行くと、人間関係が固定化されてしまう危険性がある」ということからクラス替えをやるということの根拠になっています。そしてそのわけ方も各クラスの出来、不出来が均一に近くなるようにします。テストの点の上位から順番に分けまして、その後「諸事情」(まとめられるか?とかややこしいことがある、人間関係なども入ります。変わったところではピアノが弾けるかとかいうのもあります。)を考慮しながら決めていくわけです。

 ということで今日のお話はここまで。今年は「ドラえもん」が世に出て50年、映画になって40年になります。2020年モデル「のび太の新恐竜」の主題歌はなんとミスチル、ちょっと楽しみです。そして明日もまた早起きさんです。
(ほれ、ちゃ~んと起きといでや、ミーシャ。)

都の東北

 さて昨日は名古屋から帰ってきて、あれこれして、今年の大河ドラマ「麒麟がくる」を大真面目に見ていた私。なんかようわからんようなイメージでしたが、そこはそれ、大河ドラマの鉄板「戦国時代」をネタにするだけに、そう外しはしないでしょと思いますが、そんなこんなで今日も真面目にお仕事して、プールで搾ってきた月曜日のプールのお話。3枠目の今週は「スイミングスクール・ブランド大図鑑」、今日はその2020年モデルの大河ドラマの主人公、明智光秀からここにしました。
(これ、ま~た無理やりつなげてハイ終わりとかいうネタやろ、ミーシャ?)

tousuikai.png

history-headline-photo_convert_20200120213810.jpg

 千年の古都、京都、その東北の方に左京区という区があります。その区にある聖護院というところ、近くには京都大学、岡崎公園、鴨川を挟んで京都御所がありますが、ここに「(公財)京都踏水会」という京都でもかなり老舗のスイミングがあります。その歴史は1896年(明治29年)に、大日本武徳会遊泳部(いわゆる、「日本古式泳法」というやつですな。)としてスタートしました。戦後に「社団法人」となった踏水会がスイミングスクールに乗り出したのは1968年(昭和43年)、1970年には「財団法人」になります。その後の法改正などで、現在の「公益財団法人」になったのは2013年(平成25年)からです。その120余年の歴史は健康づくりの歴史そのものであり、その中でオリンピックメダリストなど、多くの優秀な選手たちも送り出してきました。栄えある歴史、伝統を確かなバックボーンとして、踏水会は健康づくりに取り組んでいます。

 そしてここの名物に「アーティスティック・スイミング」(シンクロと言ってしまうそこのお父さん、ドン引き間違いなしですよ。)と「水球」があります。どちらも全国区のレベルで、毎年ジュニアオリンピックなどで名前が挙がっています。

 ということで今日のお話はここまで。ちょっと「やっつけ感」がありありな部分はありますが、ないネタを探してくる苦労をお考えいただきましてという次第です。
(これ、ミーシャ。そ~んなさも「大変なんです~!!」とか言うてんやないんよ、全くもう!!)
 
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム