FC2ブログ

4人の彫刻

 さて今日は雨、そしてその中でも新年度1発目のお仕事、そこでほかのコースの車が急きょ、エンジン・トラブルでボツったために、その後の処理がちょっと難儀した中、終わった後で本社に呼ばれて、今後のお話を聞いてきた「霧中の」私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。今週は「番外」ということで、地域性を加味しまして、渦中のアメリカ、ここにしました。
(これ、アンタはどないなるんよ、ミーシャ。)

03f52e445b07741def38-L.jpg

 今回はこちら。「ラシュモア山国立記念公園」です。アメリカ中西部、サウスダコダ州のキーストーンというところにあります。超硬質の花崗岩の岩山、ラシュモア山に巨大な4人の大統領の顔が刻まれています。左から順に、ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、セオドア・ルーズベルト、エイブラハム・リンカーンです。自由の女神と並び、アメリカの民主主義のシンボルとして知られており、1925年3月3日に国定記念建造物に指定されました。1959年のヒット映画「北北西に進路を取れ」(監督:アルフレッド・ヒッチコック)のクライマックスシーンで使われ有名になり、今では年間で25万人以上の人が訪れる人気の観光スポットです。

 この巨大な彫刻は、アメリカ人彫刻家 ガッツォン・ボーグラムが彫ったものです。ラシュモア山の岩盤は非常に硬質なので、ダイナマイトで砕きながら作業を進め、14年の歳月(1927年から1941年10月31日)をかけて彫られました。ただ、ガッツオンはこの過程の途中で逝去したため、息子のリンカーンが引き継ぎましたが、資金不足のために顔の部分が完成した時点で断念しました。掘り始めた当初は世界大恐慌の真っただ中で、当時仕事にあぶれていた地元の鉱山労働者や、牧場主、農場主などが作業員の多くを占めた」ということで恐慌時の公共事業、雇用対策でもあった分けです。彫刻作業は困難を極め、ダイナマイトで砕きながらの作業となりました。(そのため、事故云々は続出していました。普通に考えたら途中で止めるべきところでしょうな。)硬質な岩盤が選ばれた理由は、アメリカの象徴ともいえるこのモニュメントが長期にわたって風化しないようにという配慮からです。

 ということで今日のお話はここまで。どうやら、新しい部分に絡むお話らしいのですが、私の位置づけという部分がちょっと見えてこないことに「さて?」と思う次第です。
(まぁそんなに気にせんと、意外とええかもせーへんよ、ミーシャ。)

スポンサーサイト



最近見なくなった

 さて年度末のラストのオーラスに「コーヒーカップ」を運んでいたお仕事、とりあえず、何とか1年が経ちました。あれこれと色々あった今日は火曜日、映画のお話。今週は「番外」ということで、こんなお話を書いてみましょ。
(これ、そこで「ひ×かたパーク」行ってグルングルンと回ってくるんやろ、ミーシャ。)

 4月以降も殆ど変更なく、このお話は進んでいきます。ただし、細かい部分は変わっているかもしれません。ただ3枠目の「ドラえもん」は、今年が連載50周年ということで「ドラえもん」自身にフォーカス(フライデーではありません。)を当ててみたいと思います。

 そんな中で、最近の映画、ドラマではほとんど出てこないシーンがあります。それが「喫煙」、映画でも刑事モノやアクションシリーズ、時代劇などで、喫煙シーンは台詞をつなぐ「間」に使われたり、場面転換、煙による空間演出を表現したりするのに欠かせないアイテムでした。 ところが、近年の過度なたばこバッシングにより、作り手も委縮せざるを得ない状況に追い込まれています。大手映画会社の幹部はこんな風に言ってます。

「昔の刑事モノといえば、捜査班のボスが事件解決後に決まって一服し、どうかしたら足で吸い殻を揉み消して颯爽と去っていくシーンもありましたが、今そんな作品を撮ったら大変です。

 もちろん、敢えて荒唐無稽な作品にする必要はありませんが、合法でもあるたばこを使ったシーン自体がNGになれば、劇場の大画面だからこそ味わえる場面の深みや登場人物の感情表現、時代背景などの演出効果も薄れてしまいます。映画はわざわざお金を払って観に来てもらうもの。『表現の自由』を手放してしまったら終わりです。」

 映画評論家の一部の方々もWHO(あの「龍の国に丸め込まれた事務方トップがいる」組織ですな。さて、「誰」でしょう?)の勧告は「まったくのナンセンスで、憲法で保障されている〈表現の自由〉の侵害にあたる」と断罪しています。弁護士の中には、未成年者の「基本的権利」を奪うものだ――との指摘も出ています。

 事実、今年最大の話題作(と勝手に思っている)「007シリーズ」、かつては堂々と煙草の広告(第11作「ムーンレイカー」でボンドがリオデジャネイロのロープウェーでドツキあいをやった際に出てくる看板など)も出てきましたが、最近になって問題視されたシーンが第20作「ダイ・アナザー・デイ」(2002年)でボンドがキューバで葉巻1本ふかしているシーンが出て、かなり問題になりました。

 そりゃ昔は「学校の先生が堂々と職員室でタバコ吸いながら説教してた」「ゴールデンタイムにタバコのCMが流れていた」なんてのはざらにありました。私がタバコの規制について知ったのは「プラモデル」、「一部の国ではタバコのロゴが出せないからバーコードなりその他ロゴに変わっている」というのを知ったのはタミヤのマクラーレンMP4/4です。これで「へぇ~っと」と当時は思ったものでした。

 ということで今日のお話はここまで。明日、明後日はまたもや「早番」のお仕事です。そろそろ「異動」がちらつき始めるころですが、明日はいい日になるといいなと思っています。
(これ、何かあったんかな?そんな「意味深な」言い方してからに、ミーシャ。)

今日も書いてる

 さて今日はまたもや「早番」のお仕事、あっさりと終わったのは終わったのですが、この転々とすることにちょっと不安な「遊牧民の」私。今日は月曜日、プールのお話。今週は「番外」ということで、こんなお話になります。
(これ、そこでテントで野宿とか言うてんやないんよ、ミーシャ。)

 ここも基本的にはフォーマットは変わりません。ただ、「アンタのドヤ顔を見せられてるだけやないかい?」と言われる「調教日記」枠はマンネリ化しそうな部分もありますので、この辺をちょっと文体を変えるかもしれません。しかし、出てくる人物があまり変わり映えの線以上、どうしても似てくる文章になってしまうのは否めませんが…。

 とはいえ、「沈めていい?」という状況にならん(私の前に誰も行こうともしないし、調教師も行かそうとしない、裏を返せば、わら氏への「体のいい」バッシングととらえてもよさげな気も…。ただ、例の「知障の子」ならば、私は「ヤラセなし」で沈めてきますがね。)のは結構、フラストレーションがたまるもので、これも何とかせんといかんところです。

 ということで今日のお話はここまで。志村けんの死去に「え~っ!!」と思う中、「私ってダメなお馬ね。」とならないように、今日もプールで搾ってきましょ。
(ほれ、ミーシャ。そんな古いネタもってきても、だ~れも知っとってやないんよ、全くもう!)

お部屋の改装

 さて今日も雨、この時期は雨続きになることが多いわけですが、お部屋で過ごしていることの多い「冬眠」の私。今日は日曜日、ミニカーのお話。今週は「谷間」の週になるため、今日はこの後のお話を書いてみましょ。
(これ、アンタはそのまま出てきてもらわへん方が世間様のためなんやけどね、ミーシャ。)

 2011年から現在のフォーマットになったわけですが、その間に多少の題材の入れ替えはありました。「発掘」「道具」「ミニカーのブランド」などを書いてきたわけですが、4月以降も基本的にはフォーマットの変更はありません。

1週目  「市販車」    2週目  「F1」     3週目「フェラーリ あるある」  4週目  「考察」

ただ4週目の「考察」については、実車のお話が若干増えるかもという気がします。現在、私がたま~に行く「会合」が例のコロナ騒ぎでほぼほぼ自粛(このため、3月は盛大にやる予定でしたがこの騒ぎで「ボツ」、4月以降も未定です。)のため、「やれ車で新名神高速を下って、サービスエリアでお茶飲んで~」とかいうありきたりなお話が使えなくなる(ここで無理やり「捏造」してはいけません。)ゆえに、「実車」ネタが増える次第です。

 後は怪しいのは「F1」、そろそろネタが切れかかっているため、これはちょっと今のうちに手を打っておかんといかんのですが、このサイズ(64サイズ)で適当なものがあまりないため、ここも「いいネタない?」という状態です。

 ということで今日のお話はここまで。只今、日曜日の朝はこれから始まる「皇室アルバム」を見ています。雨降りの中ですが、今日は静かにしてましょ。
(これ、そんな正座してまで見るような番組かいな、おばあちゃんがよう見とったけどさぁ、ミーシャ。)

ありがちな…。

 さてコロナ騒ぎ、よもやあの「ノッポちゃん」に陽性反応が出たことにびっくり、そして愛するタイガースはただいま「隔離中」、そして昨日は大雨、そんな中で再び「手伝い」に行くことになった中、今日も真面目に書いている私。今日は土曜日、グルメのお話。4枠目の今週は「食べること」、今日は最近、売り上げもガタ落ちのお店も多いこんなお話です。
(ほれ、今日もまた無理やりネタ押し込んで、ハイ終わりとかいうオチになるようにこのお話は始まっていくわけやね、ミーシャ。)

 レストランの店名、この料理ならこういう名前という例は結構あります。例えば…。

中華料理   「~軒」「~飯店」(ただし、中国語で「飯店」というと「ホテル」のことを指します。)「天安門」「長城」など中国がらみの名前

フランス料理 「エスポワール」(Espoir)(フランス語で「希望」という意味です。)「エトワール」(Etoir)(フランス語で「星」という意味です。)など

イタリア料理 「イル・ホニャララ」「ラ・ホニャララ」(il/la)(il、laはイタリア語の定冠詞、英語ではTheに当たります。この後にはilならば「男性名詞」、laならば「女性名詞」が入ります。例として、「il leone」(leone(レオーネ) ライオンの意味)、「la piazza」(piazza(ピアッツァ) 広場という意味です。)

そしてド定番のように出てくるインド料理には「マハラジャ」「タージ・マハル」、ネパール料理「エベレスト」などがあります。ちなみに「インド料理 タージマハル」と入れてネットをググってみますと、結構な数のお店が全国各地にあります。この理由は「とりあえず、インドらしいもの」=「タージ・マハル」という恐ろしくアンチョコな発想から来ていると思われます。

 ただ、名前というのは難しいものでして「覚えてもらうためにあえてややこしい名前にする」という例があります。ミーシャの勤務地である「枚方」(これで「ひらかた」と読みます。 大阪の北東部にある府内5番目の人口の市です。)にあるこんなパン屋さんがあります。その名前はこちら。

 「わたし入籍します」

 最初見た時、その外観から「こりゃ結婚相談所かなんかでしょ?」と思っていた私(ここで、「アンタにとってドストライクに必要なネタやないかい?」とツッコまないでください。)、でもその実は「パン屋」だったという、またこの店は結構流行っています。店主曰く、「食パンと結婚したくなる(=毎日食べたくなる)、そんな食パンを作って皆さまに届けたい」という思いが詰まったコンセプトとネーミングからこんな名前になったわけです。同僚と2人で駅までの帰りに寄り道して買いに行って、それを別の同僚に「フライデー」された(ちなみにその日は「金曜日」でした。「これがホントのフライデーだ!」とうまい事丸め込んではいけません。)

 ということで今日のお話はここまで。今日も1日、雨のようですが、さてこれから朝ごはんにしましょ。
(ほれ、アンタも「結婚」の2文字とはまるっきり「無縁」やからね~、ミーシャ。)

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム