保存の12気筒

 さて昨日はちょっと電車でウロチョロしていた私。今日は日曜日、ミニカーのお話。1枠目の今週は「市販車」、そろそろ次のネタを考えつつも、今日はこんなお話です。
(ほれ、アンタはどこを「徘徊」しとってやったんかな、ミーシャ。)

P1020219_convert_20170430070109.jpg

P1020220_convert_20170430070122.jpg

 フェラーリのトップモデルは12気筒エンジンのモデルですが、1996年の「550マラネロ」以降は再びFR(フロントエンジン・リヤドライブ 前にエンジンがあって、後ろのタイヤを動かしています。代表例はトヨタ・クラウン、メルセデス・Sクラスなど比較的大型のセダンに多い例です。)に戻りました。そのFRで700馬力以上の「日本国内では出る場所がない」パワーを操る「F12ベルリネッタ」(2012年)というモデルがあります。2012年3月、ジュネーブ・モーターショーで発表されました。

 短縮されたホイールベース、より低められたエンジンとドライバーズシート・ポジション、新型サスペンションの採用とギアボックス・レイアウトによって、前作599GTB フィオラノよりもコンパクトかつ低重心に仕上がりました。スペースフレーム・シャーシとボディシェルは12種類もの異なるアルミ合金の組み合わせによるまったく新しいものです。その中には自動車製造分野では初めて採用された素材もあり、様々な接合・組み立て技術を駆使して仕立てられています。この結果、車重は1525㎏まで軽量化、一方パフォーマンス効率(ねじれ剛性は20%向上)は最大限に引き上げることに成功しました。

 そして、フェラーリはついに12気筒エンジンにも直噴技術を採用、これにより740馬力というエゲツないパワー(ここで「馬鹿力」と言ってはいけません。)を生み出しています。直噴エンジンの利点は燃費がいいこと、またガソリンを直接燃焼室に噴射するためにその気化熱で冷却効率がいい事(誰ですか?それならあのお馬さんのエンジンにも直噴にしたら?とか言ってるのは?)、逆に難点はエンジン内部にススがたまりやすくなるために、燃焼効率が悪くなることがあります。(そのため、エンジンの洗浄性能に優れたガソリンを使いましょうとか言ってますね。ちなみにミーシャは車にも馬にもShell V-powerです。)これを7速DCTで動かしています。

 ミニカーはサンクスのフェラーリ(9)(2013年)から、そして今日も出るんだ、諸元はこちら。

車名          F12 ベルリネッタ

デビュー        2012年
製造          2012年~2017年
全長          4618mm
全高          1273mm
全幅          1942mm
ホイール・ベース    2720mm
トレッド(前)     1665mm
    (後)     1618mm
車重          1525kg

エンジン        フェラーリ ティーポF140FC
形式          水冷レシプロ 直噴V型12気筒 DOHC5バルブ
総排気量        6262cc
ボア×ストローク    Φ94×75.2(mm)
Vバンク角       90度
最大出力        740馬力/8,250rpm
最大トルク       70.3kg-m/6,000rpm
圧縮比         13.5
燃料噴射システム    ボッシュ社製 モトロニックM5.2 電子制御
点火システム      マニュエッティ・マレッリ社製 電子制御

駆動方式        後輪駆動方式(FR)
変速機         前進7速 セミ・オートマチック横置き(+後退1速)/
差動システム      リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        鋼管スペース・フレーム
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式 
       (後)  独立懸架 マルチ・リンク
ブレーキ   (前)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS、カーボン・コンポジット)
       (後)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS、カーボン・コンポジット)
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ+ホイール(前) 9.5J×20+255/35ZR20
        (後) 11.5J×20+315/35ZR20
燃料タンク容量     92リットル

ボディ・スタイル    2ドア・ベルリネッタ
乗車定員        2名

 ということで今日のお話はここまで。今週はちょっと詰め込んで書く週になるためにあれこれと仕込んでおかんとという次第です。
(これ、その辺は段取りよくしとかんといかんよ、ミーシャ。)
スポンサーサイト

お皿の色

 さて昨日は職場の歓迎会、年甲斐もなく若手と飲んだ後、電車の駅を降りると、テニスの関係者とバッタリ、「週刊誌ネタだ~!!」とか思っている「プレミアム・フライデー」な私。今日は土曜日、グルメのお話。4枠目の今週は「食べること」、今日はこんなお話です。
(これ、どこがプレミアム・フライデーやの、アンタのネタは「映す価値なし」やと思うんやけど、ミーシャ。)

 最近、テレビでもよく出てくる「お料理の盛り付け」、才能あり、なしを批評しているわけですが、それぞれの効用を見てみましょう。
(1)お皿の材質
a)陶磁器  陶器はホンワカ、磁器はシャープに見えます。  
b)ガラス  ガラスのお皿も光を通したり光を反射して料理が明るく見える傾向にあるそうです。夏は涼しげに見える効果もあります
c)木     木のお皿は優しく温かみのある雰囲気になります。

(2)お皿の色
a)白    無地の白いお皿は、どんな料理にも合い、料理が映え美味しそうに見える代表カラーと言われています。彩りが際立ってキレイに見えます。
b)黒    黒のお皿も料理が美しく見える色と言われています。料理の色とお皿の黒のコントラストが印象的に映ります。また、黒のお皿は料理を高級に見せる効果もあるそうです。
c)その他 青いお皿は盛り付けたものをくっきり浮き立たせる様な印象に。特に紺の様な濃い青のお皿では、コントラストがはっきりするので、お料理が主役の一皿が仕上がります。(よくあるのが吉田類じゃなかったパスタ類です。)また和食でよく出てくるのは「緑色」、笹の葉などのバランと同じ効果が期待出来ます。

 料理を生かすも殺すもお皿次第ということで、落として割ったお皿を予備のものと取り換えて、ごまかそうとしたのを誰かにチクられて大激怒の果てにその皿を叩き割った(映画「続 西太后」にこのくだりがあります。)なんて例もあります。今日の締めは「選ぶのは慎重に」ということでいかがなもんでしょうか?
(これ、ミーシャ。アンタの場合は「人生の選択は慎重に」でしょ、全くもう!)

世紀の大番狂わせ

 さて昨日は一日雨、そんな中で一日、ちょっとお休みした中、おかげさまで大分と良くなりました。しかし、この先がちょっと気になる私。巨は木曜日、テニスのお話。4枠目の今週は「名勝負百選」、今月はこんなお話です。
(これ、治りかけで無理するのが一番、マズいんやからね、ミーシャ。)

 女子プロテニス史上に残る名選手、マルチナ・ナブラチロワ。この方は数々の記録を持っていますが、その中でも年間最高勝率98.9%(86勝1敗)というのがあります。1983年にたたき出したものですが、その唯一の1敗が1983年のフレンチ・オープンの4回戦、結果はこうでした。

 キャシー・ホーバス  6-4   マルチナ・ナブラチロワ
               0-6
               6-3

 まさかまさかの番狂わせ、第1シードのナブラチロワはここまでの3試合を失セットなし、ここまで連勝中の勢いそのままに圧勝に次ぐ圧勝で勝ち上がってきました。一方、ノーシードのホーバス、これで左利きならこの番狂わせはわからなくはないんですが、右利き、バックハンド両手打ちという「ありふれた」選手、3回戦で第15シード、クラウディア・コーデ・キルシュを倒してこの4回戦まで上がってきました。世間は「ナブラチロワ圧勝」と見ていました。

 しかししかし、この試合は何だか妙な雰囲気で始まります。第1セット、ホーバスが6-4で取ります。(この6-4というスコアは1度相手のサーブをブレークしてしまえばいいわけですので、ある意味、運に左右されるともいえます。)これでも観客は「フルセットを見られるだけ儲けものじゃない♡」とかノー天気に考えています。実際、その次のセットはナブラチロワが6-0.観客も「やっぱり、最後はお約束ね♡」と考えていました。しかしここで一発、名を売ろうとした(?)ホーバスは6-3(これは順番にもよりますが、2回ブレークする必要があります。これはちょっと実力の部分が出てきます。)でこのセットを取りまして、世間は「20世紀最大の番狂わせ」と大騒ぎになりました。

 この試合の後ホーバスは次のベスト8で負け、その後もあまりぱっとすることなく1989年に引退することになります。一方ナブラチロワはこの後のウィンブルドンから4大メジャー6連勝、そして最多連勝記録の74連勝、13大会連続のツアー優勝など数々の記録を打ち立てることになります。

 ということで今日のお話はここまで。今年はこの「番狂わせ」ネタを書こうかなと思いますが、いかんせん、マニアックな選手のネタばかりになりますので、ネタを探す次第です。
(ほれ、あんまし無茶せんようにね、ミーシャ。)

バッグの箱

 さて昨日はちょっとお医者さんに行っていた中で、帰りの電車の中でえっらい体格のいい女子高生が、隣に座っていたわけですが、その腕の太さに思わず腰を抜かした私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。4枠目の今週は「アリーナ」、今月はその女子高生の持っていたサンドバッグじゃなかったボストンバッグからこんなお話です。
(これ、アンタもシバかれておいでな、ミーシャ。)

aerial.jpg

boston.jpg

 今月はこちら。アメリカ、マサチューセッツ州ボストンにある「TDガーデン」です。元々は「フリート・センター」という名前でしたが、命名権の関係でこの名前になりました。(「TD」というのは「トンマなドラゴンズ」ではなく、地元の地方銀行、TDバンクノースの事です。)1995年開場の収容人員18000人、NBAのボストン・セルティックス、NHLのボストン・ブルーインズが本拠にしています。

 またここの名物が、「寄せ木細工模様の床」、これは以前の本拠地、ボストン・ガーデンへのオマージュですが、このガーデンの特徴の1つに大恐慌中に建設費の削減を狙って作られた、廃材を利用したものです。でこぼこでボールが不規則に跳ね返るこの床は元々は、ボストン・アリーナの一部であり、1952年にボストン・ガーデンに移されました。現在のTDガーデンの完成に伴い、床は新しいものに換えられましたが、以前のガーデン時代と同じような寄木細工模様のものが新アリーナでも使用されています。

 ということで今日のお話はここまで。今週末からちょっとハードな週になりますので、体調の管理に悩むところです。
(これ、私はアンタのお守りしてるんが悩むんよ、ミーシャ。せやけど、早よ治しや。)

南と東

 さてのどの痛みは相変わらず、これはちょっとお医者さんにが厄介になった方がいいかもと思う中、今日も真面目にこのお話を書いている私。今日は火曜日、映画のお話。4枠目の今週は「ドラマ」、最近話題の東芝からこんなドラマのお話です。
(これ、早い事治しや、ミーシャ。)

 現在も続く日曜日の21時枠のドラマ、元々は1956年(昭和31年)に始まった「東芝日曜劇場」というものがその始まりです。当初は1話完結のものでしたが、1993年(平成5年)からは連続ドラマ枠になりました。2002年(平成14年)10月に東芝はスポンサーを降板しますが、今でも続いているものです。そこから今回は「南極大陸」(2011年(平成23年) TBS系列)というドラマのお話です。

 TBSの開局60周年を記念して製作されたこのドラマは、北村泰一の『南極越冬隊タロジロの真実』を原案に制作されました。当初は仮題として「神の領域に挑んだ男と犬の物語」の副題がありました。ただ、この作品は実話を基にしてはいるものの、あくまで創作(フィクション)であり、登場人物の名前・設定をはじめ、数々のエピソードは実際の史実とは異なる部分が多々出てきます。

 あらすじはこんなところで…。
昭和30年代、敗戦からの復興を進める日本は、戦勝国を中心とした国際地球観測年による南極観測への参加を表明する。しかし、他の参加国からは敗戦国であることを理由に罵倒される。そして、日本に割り当てられた観測場所は「inaccessible(接岸不可能)」とされていたプリンス・ハラルド海岸であり、日本は全く期待されていなかった。その中で、倉持岳志(木村拓哉)たちは日本が世界と肩を並べる時が来たとして、南極観測のために尽力する。そして戦争が終わって夢と希望を乗せた船「宗谷」は南極へ向かっていた。目の前には巨大な南極大陸、過酷なブリザード、仲間との大喧嘩、そして愛する犬たちとの別れが待っていることも知らずに・・・。1年間南極で過ごした越冬隊員達は帰路に就くことになる。しかし衝撃の事実が彼らを待っていた。犬たちを連れて帰れないのだ。犬の管理責任者の倉持は必死に交渉を重ねるが、結局犬たちは南極に置き去りになった。その1年後、倉持は第3次越冬隊員に選ばれる。そして南極の大地に足を付けた。そこで目にしたものとは・・・。

 とどこかで見たようなあらすじ、そう、映画「南極物語」のタロとジロのお話にそっくりです。ただ何も考えずにゲラゲラ笑う感じではありません。もっと深くてしっかり感動したい、という方向けですね。一度見た方は分かると思いますが1話が結構長いです。(初回は2時間5分、2,3,8,9回は70分、最終回は90分枠です。現在のTBSがやたらと拡大枠を使うのはここから来ているような気も)

 ということで今日のお話はここまで。早い事、この鼻詰まりが治らないかなと思う中、私を巡るお話もちょっと気になる次第です。
(これ、あんまし悩んだらいかんよ、ミーシャ。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム