桜吹雪の入れ墨

 さて最近、かもめと燕のトークショーが結構面白いという事を知って、動画サイトでその映像を見るのについついハマってしまっている私。その中でも、かもめの巣での掛け合いが結構笑える(この実例はあとでやります。)んですが、今日は火曜日、映画のお話。4枠目の今週は「ドラマ」、ちょっと時期は過ぎてしまいましたが、私もこうありたいなという状態から、こんなドラマのお話です。
(これ、アンタの場合は「桜吹雪」やなくて、本物の「ブリザード」という吹雪やろ、ミーシャ。)

 今まで7人の俳優がやっている、お奉行物としては「大岡越前」と並ぶ「遠山の金さん」シリーズがあります。「水戸黄門」「暴れん坊将軍」と同様、「気のいい町人」が最後に「実は権力者」の正体を明かして悪を征し、視聴者はカタルシスを得るというお約束のネタですが、パターンとしてはこんなものです。

(1)事件が起こります。
ここで金さん(遠山景元)は「遊び人の金さん(正体を知らない岡っ引き等には「金の字」や「金公」と呼ばれていたりします。)」として自ら潜入捜査を行い、事件の真相と黒幕を突き止めます。その後、被害者や共犯者など関係者が全員揃った場所(多くの場合、黒幕の屋敷)に乗り込み、突き止めた悪事の数々を言い立てます。しかし悪人たちは金さんをただの遊び人と見下し、悪事を全て認めたうえで、被害者と共に抹殺しようとする。ここで金さんは「この桜吹雪、散らせるもんなら散らしてみろぃ!」などと啖呵を切って片肌を脱ぎ、桜の彫り物を見せつける(中村梅之助、市川段四郎主演版では片肌ではなく両肌脱いでおり、テーマ曲でもそのように歌っていたこともあります)。この後、金さんと悪人たちが入り乱れてチャンバラとなり、悪人たち全員が金さん一人に気絶させられます。
(2)奉行所のお裁き
後日、お裁きがあるわけですが、ここでのお約束は遠山が「これより何々について吟味を致す、一同の者、面を上げい」「さて○○(悪人)、××(罪状)とあるが相違無いか?」と悪人に罪状を問いただします。もちろんのこと、悪人は「とんでもございません…」と言って犯行を否認するのですが、被害者は証人として「遊び人の金さん」を呼ぶよう訴えます。(「遊び人の金さんを呼んで下さい。金さんが全てを知っています」)しかし悪人は金さんの存在を否定し、遠山に罵声を浴びせます。 (「お奉行様、さっさとお解き放ちくだせぇ」などですな。間違っても、膝を悪くしたポニーに浴びせているのではありません。)
(3)そこで、金さんがキレます。
遠山が「やかましぃやい! 悪党ども!!」「おうおうおう、黙って聞いてりゃ寝ぼけた事をぬかしやがって!」などと、今までの謹厳な口調とはガラリと変わった江戸言葉で一喝します。遠山が「この桜吹雪に見覚えがねぇとは言わせねえぜ!」などと言いながら片肌脱ぐと、そこには「金さん」と同じ桜の彫り物(このとき金さんが桜吹雪を見せている時の映像を回想の様に流す事もあります。)を見た一同、全てを「金さん」こと遠山に見られていた事を知って驚愕します。このとき多くの悪人は「ははぁ!!畏れ入り奉りました!!」などと観念し、被害者は「ああ、金さん!!」と驚きを交えつつ、つぶやいています。
(4)一件落着
、「さて△△(被害者)…」となり、被害者が「お奉行様とも知らずご無礼を…」などと言い、平身低頭します。最後に、小声で「金さん」になり「達者で暮らすんだぜ」「お父っつぁんを大事にしなよ」「良い大工になりな」などと温かい言葉をかけ(無罪になって江戸市中に留まることになった場合は「俺が金さんって事は内緒にしておいてくれよ」などとも言う)」、「これにて一件落着」でお開きになります。

 その中でも私は「金さん=この人」という「遠山の金さん」(1982年(昭和57年) テレビ朝日系)というドラマがあります。主演は金さんとしては5代目になる高橋英樹ですが、歴代2番目に放送期間の長い(1位は6代目、松方弘樹です。)ものです。さらに、この代を有名にしたものに「殺陣」が挙げられます。主演の高橋英樹は殺陣を得意としているのですが、当作品では町人姿で悪人と戦うことがほとんどであるため、基本的に日本刀を使った殺陣を行うことはないわけです。そこで当作品においては手ぬぐいを使った殺陣を披露しています。それは手ぬぐいを水で濡らし(酒や雪などを使うこともある)、片端を手に持ちもう片端を相手にぶつけることでダメージを与えたり、手ぬぐいを相手に絡めることで腕の動きを封じたり、刀などを奪ったりするというものです。これは高橋がそれまでとは違う金さんの役作りをする際に、好んで見ていた新体操のリボンやロープをヒントにして考え出されたもので、その威力については実際に敵役の俳優の頬にぶつけてみたところ、強烈に効くという感想が得られています。(読者の方に多いといわれる40代の男性の方、これをお風呂で真似してやったことあるでしょ?)

 また、この中で「片肌脱いで」(決して「全裸になって」ではありません。)のくだり、この関係で「毛は全て剃ってください」 という指示が来ていました。これは白洲のシーンは様式美だからそのシーンで片肌を脱ぐ際に毛が写ってはマズイからだそうですが、高橋英樹が演じることになった時、「俺は剃るのは嫌だ!(高橋英樹は毛深いことで有名)」と高橋英樹がゴネ倒し、揉めに揉めました。最終的に「カメラに映る部分だけ剃る」という事になりました。

 そして、「カモメと燕の掛け合い in かもめの巣」、千葉ロッテ・マリーンズのマスコット、かもめのマー君、リーンちゃん、ズー君と東京ヤクルト・スワローズのマスコット、燕のつば九郎が千葉ロッテの本拠地、ZOZOマリン・スタジアムでやる試合前、もしくは後のトークショーなのですが、例えば…。
(1)「Q×Cはどうしたの?」
2016年まではこの球場は「Q×Cマリンフィールド」と呼ばれていました。ところが、2020年までの命名権の契約を途中解約したわけです。ここをつば九郎はすかさず、ツッコんできました。
(2)「好物はビッ×マ×クとマ×クシェ×ク」
マリーンズのマスコット、マー君の好物はというお話でお約束のようにつば九郎が出してくるネタです。マリーンズの親会社、ロッテの系列企業、ロッテリアとモロにかぶるため、こなつお姉さん(タレントの「庄司こなつ」さんです。)に「ダメです!」といつも言われています。
(3)すべてさらけ出す
ここで登場するMCのこなつお姉さんが結構、うまいんです。「テングになってる」「結婚できない」「LINEのQRコードはこちら」など

 という事で今日のお話はここまで。ちょっと気になる膝もどうなりますか?早く良くなるといいなと思う次第です。
(これ、あんまし無理したらいかんよ、ミーシャ。)
スポンサーサイト

軽い不具合

 さて雨降りの中、来月からの段取りにちょっと悩む中、このお話を書いている私。今日は月曜日、プールのお話。4枠目の今週は「(被虐と快楽の)調教日記」、今日はこのポニーちゃんに起こったこんなことのお話です。
(これ、今日はまた何やの、ミーシャ?)

 先週の金曜日、来たのは新任調教師「備前」ですが、最後のネタがこんなものでした。

 「それじゃ、200m1本だけ、行っときましょ♡」

 ここで態勢充分の私、なんと個人メドレーをやったのですが、これがまた静かも静か(ここで「夕餉の煙」が上がっているわけではありません。)、周りも「そんなのしてたの?」というほどの静かさ、しかししかし、最後のクロール、べらぼうな馬鹿力でやってしまったわけです。これには「備前」も腰を抜かす驚愕パフォーマンス、「最初は一体、何だった」というところで先週は終わりました。

 そしてそこそこ調子の上がっているはずですが、ここで私を襲った左ヒザ、軽い違和感を感じまして、足がらみ(間違ってもここで、足が組んずほぐれつというわけではありません。)のメニューをすべてその足を止めなくてはいけない羽目に、また壁を蹴る動作も右足のみと結構なハンデをしょい込むことになりました。そして最後はこんなもの。

 50m/25m  2本/1本 (1’00/1’30”) 25mはトップスピードにて  4枠(間は30秒休み)

 いつもなら「どうってことのない」内容ですが、足が止まったこのかわいいポニーちゃんは「何とか、膝に負担がかからないように」とヒ~コラ。とりあえず、腕のみでこの中身は終わりました。その後マッサージをやって、ベルトで膝を固定しています。「ホントは25mは4本行くつもりだったけど…。」という馬主の声に「昨日の演歌歌手の馬の大失速と一緒だ~!!」とか思っていました。

 という事で今日のお話はここまで。ちょっと「様子見」の感はありますが、「ややこしいことになりませんように…。」と思う次第です。
(ほれ、あんまし無理無茶せんようにね、もうええ年なんやからさぁ、ミーシャ。)

日焼けのお泊り

 さて昨日から1泊で「いつもの」名古屋に行っていた「被虐の」私。先ほど、自宅へ帰ってきました。という事で今日は日曜日、ミニカーのお話。4枠目の今週は「考察」、うまいことハマるんですが、この1泊2日のお泊りの一部始終のお話です。
(これ、「考察」言うて考えさせるネタがないからって、無理やりネタを埋めてんと違う、ミーシャ?)

 その1週間前、私宛に「ご招待」が来ました。それは私が使うラケットのメーカー、ウィルソンからなんですが、「新製品の極秘の試打会」のお誘いが来ました。その場所は名古屋の郊外、豊田市にある「名古屋グリーンテニスクラブ」というちょっと辺鄙な、でもこのテニスクラブは日本国内でも屈指の規模、過去にも世界レベルの試合をやったこともあるところなのですが、その御呼ばれの時間は「朝の10時」、「昼からならば…。」と思いつつも、「時間には余裕をもって」朝の4時起きの5時に大阪を出ました。

P1020361_convert_20170625131849.jpg

 高速道路をひた走り、カーナビは「はい、そこ右♡」とか言う中、ふと見ると「トヨタ博物館」、つまりは長久手の近所まで来ていたわけですが、ここからまた田舎道(決して「けものみち」ではありません。)をひた走り、目的地に着いたのは朝の8時過ぎ、「早すぎた?」とか思う(誰ですか?「車の止め方がヘタクソ!」とか言っているのは?)中、メーカーの関係者とおしゃべり、そしてその試打会に出てきたものは…?

  「ごめんなさい、まだ公に公開できないものです。」 
 (これはメーカーの関係者からもクギを刺されています。) 

trackman.jpg

そしてメーカーの関係者が私のバッグを見て、「まだ世に出て2,3日しかたってないはずだが?」と度肝を抜いてしまう始末。そして最後は「トラックマン」と呼ばれるウルトラ・ハイテク計測マシン、軍用のミサイル弾道航跡の解析技術の民生用に応用して、赤外線レーザー・ビームと超音波ドップラー・センサーでボールの回転量だけでなく速度、軌道、飛距離、着地点も正確に計測できる代物です。(テニスの試合で使う「ホーク・アイ」(アウト、インの判定システム)もこれとほぼほぼ似たようなものです。)それぞれのラケットで球出しされたボールを約10球試打するというもの。トラックマンが1球ごとにデータを計測しているため、これにはかなりびっくりさせられます。パソコンに出てきたそのデータはこんなもの。(1段目が今回の試打品、2段目が現在の私が使うものです。)ただし、赤外線レーザーを使う関係であまりお外の明るい場所ではちょっと誤差が出ます。)左から順に回転数、ボールスピード、打球の打ち出し角度、ネットの上、どれくらいの高さを通っているかなどです。

P1020362_convert_20170625131909.jpg

 「回転はかなり少ない、その分ボールは速いことは速い。」
 「今のでも悪いことはないが、やや回転かけて打った?」

 30km/h差がつくのは私もビックリした(そして参考までに、錦織圭は回転数は3500ほど、スピードは140kmほどです。)後は、ちょっと別の場所へ移動、しかし車で直接は時間的に混みそうだったので、名古屋市内に車を置いて、電車で行くことにしました。本来ならば、「お昼は「鉄板ミラカンパスタ」にしましょ」と思っていたのですが、この関係でボツ、チョロッと遅刻して、2つ目の用向きを済ませ、名古屋に戻り、某所でミニカーの関係者と月1の懇親会をやっていたわけです。結構日焼けもキツい中、「最強Cカー」ポルシェ・956(1984年仕様)のミニカー(4万円します。)を眺めながら、「今年のルマンはどうの」というお話に始まりまして、からくりドームでけしからん某全国紙が地方紙球団にやられているのを見ていた、更には陽岱鋼がヘボ代官になってグフフのフ。そこでチャンネルを変えた私たちは、その後で陸上の100mを見て、ビールのジョッキが瓶に変わったことに「おや?」と思いつつ、最後に出てきた巨大オートバイ、今後のお話を含めて報告も終わりまして、その日は更けていくのでした。

P1020363_convert_20170625131921.jpg

 そして日曜日(今日ですね)、朝方に起こった「ミシッ!」という音、震度3の地震が起こったのですが、震源地は長野県南部、ここで震度5弱という中、雨降り(この車での名古屋行きでは初めてです。)の中、いつも通り、車での~んびりと帰ってきました。そしてこのお話を書いています。

 今回、ご参加の皆様にはお疲れ様でございました。ちょっと来月以降はお仕事の状況が変わってくるために、恒例の部分がなくなるかもしれませんという事で、今日のお話はここまでに…。
(これ、ミーシャ、何か最初のテニスのお話ば~っかりやったんと違う?それに、アンタ昼からどこ行っとったんよ、お姉ちゃんのLINEのQRコード開けたとか、グループにこっそり隠しキャラ忍び込ませたとかいう話は来てんやけどね、せやけど、人様にはようしてあげんといかんよ。)

南の空の3つ星

 さて私を巡るお仕事のお話、この7月から勤務地も変わるわけですが、それを聞いた後で、今週いっぱいお休みにしてしまった「レクイエムの」私。今日は金曜日、明日が多分書けないでしょうという事で、今週のラスト、グルメのお話。3枠目の今週は「ご当地」、今日は沖縄の「慰霊の日」という事で、その沖縄からこんなビールのお話です。
(これ、ま~た飲んでばっかりではいかんよ、ミーシャ。)

beer_8yer03.jpg

 沖縄、大西洋を両側から見てきた事もあり、さらにはこの海を飛行機で越えた事もある私は行った事がないんですが(これはホントの話。北海道も九州も生まれてこのかた、行った事がない。)、ここには独特の食文化があるんです。その中でも比較的有名な物に「オリオン・ビール」なるビールがあります。1957年(昭和32年)に登場した沖縄では圧倒的なシェアを持つこのビール、今日はこのお話にてお付き合いください。

 俗にオリオン・ビールというと『オリオン・ドラフト』という商品を指しますが、このビール、飲んだ感じは「意外と軽い」、私もこの間飲んだのですが「まあ、このビールは夏の野外で飲むもんだわ。」と思うようなビールでした。そのため、キリンやアサヒといった大手のメーカーのビールを飲みなれた方には、ちと物足りなく感じるかと思います。かくいう私もその1人。普段はキリン「クラシック・ラガー」、あるいはチョロっとミーハーにカールスバーグ、ハイネケンなんて飲んでるわけですが、それから比べると、「軽い」。

 またこのオリオン・ビールという会社は、アサヒビールの提携会社でして、沖縄県外で手に入る物はアサヒビールが「アサヒ・オリオンドラフト」という形で売ってます。逆に「おっさんが出張帰りの新幹線の中で飲むビールの代名詞」アサヒ・スーパードライなどのアサヒビール製品の沖縄での製造をオリオンの醸造所でやるという関係です。また酒税優遇措置により、沖縄県内出荷分に限り「酒税は20%引き」になるため、現在も県内シェア1位(77%)の企業です。またその立場から、ほとんどの文化事業に協賛しており、最大の物は毎年9月に行われる「オリオン・ビアフェスタ」というイベント、全国的にメジャーとなった連中が最初の踏み台としたのがここだったという例は多数あります。

 そしてその沖縄、高校野球の沖縄県予選は各都道府県のトップを切ってこの時期に始まりますが、これにはちゃんと理由があります。その理由は2つ。
(1)気候と地理
梅雨明け後の7月は台風直撃で大会が延期になる可能性があるので、梅雨明けの6月で台風接近の少ない6月の大会開催が効率がいいんです。また遠隔地のため、選手、関係者の移動の日程の確定を早めにする必要があるという理由からです。
(2)でも、ホントは…?
とか何とか言っても実際問題、応援団の派遣等、多額の費用がかかるので、資金の確保等の準備期間を確保するためともいわれています。

 という事で今日のお話はここまで。ちょっと今週末にかけてドタバタになりそうですが、することきっちりしときましょという事で、今日も1日、頑張りましょ。
(これ、そんな言うても、な~んかええ事あるよ、ミーシャ。)


 

安定、不安定

 さて新幹線の架線が切れて、缶詰めになって搾りとられた皆さまを尻目に最近、お仕事終わってプールに行って「搾っている」、「一番搾り」の私。でもな~ぜか「太目残り」の中、このお話を書いています。今日は木曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、今日はこんなお話です。
(これ、「一番搾り」ってそれはパパが飲んでるビールでしょ、ミーシャ。)

 ほとんどの方が「苦手」というバックハンド、確かに苦手なのはその通りですが、これは「力が入りにくいこと」に起因しています。どういうことかというと、「現実世界でバックハンドのような動作をすることがほとんどない」(フリスピーを投げる動作のようなものです。)ために、その動作に必要なパワーが不足しているという事なんです。それが故に反対の手で押し込むことのできる「両手打ち」が世に出たわけです。

 しかし、ある程度行くと、むしろバックハンドの方が安定します。これはフォアハンドと比べて打点、タイミングその他がかなり制約される(フォアハンドの場合、打点は多少遅れたとしてもごまかしは利くのですが、バックハンドの場合、必ず打点は前足のつま先よりも前になります。そうしないとボールにパワーが乗りません。)ため、一度タイミングさえつかんでしまうと後はラクになります。むしろフォアハンドの方が身体の自由が利くため、安定しないという方は結構います。

 そのため、テニスの試合では基本的に「相手のバックハンド側へ打つ」という事がメインになってきます。よくあるのがバックハンドのクロスコートでの打ち合い(右打ちの場合)、ここでひた~すら打ち合っているというのはプロ・レベルでもよくあります。そこで我慢しきれなくなって、コースを変えにいったりすると、得てしてロクなことのない結果に陥りがちです。(ただ、それが必要なこともありますが。)

 という事で今日のお話はここまで。お仕事もちょっと来月からは、多少変化が出てきました。その辺もちょっと考えつつ、今日もドタバタになりそうです。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム