振れば振るほど

 さて昨日は豪雨とぬかるみに悩まされた「ぬか喜びの」私。今日は土曜日、最後に残ったテニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、この「降る」、そして例のノッポちゃんの「イップス」疑惑からこんなお話です。
(これ、アンタの場合は「糠に釘」やないの、ミーシャ?)

 テニスが上達してきて、試合に出場したりすると練習以上にミスの重要性がわかってきます。そうすると、相手コートにとにかくミスをしないで返球するような意識が高まり、思いっきり打てなくなるような時期があったりします。(いわゆる「イップス」とは似て非なるものです。)ここで、「丁寧に打つ」という部分ではいいのですが、得てして、そんな場合は「置きに入っている」場合がほとんどです。野球でもそうですが、カウントをそろえに行こうとしてスライダーなどを投げることが多々ありますが、そうなると、相手にとってはしめたものでして、レベルが上がると、相手のそういったショットを待って、攻撃に転じるのが上手いです。

 そこで重要なのが「回転」です。回転をかければ、ショットを打つ時に振りきっても、相手コートに入る確率が上がります。力加減でショットの強弱を調整すると、繊細なタッチが必要になりますし、ちょっとした力加減のミスで、相手のチャンスボールになってしまいます。その点、回転を意識して常に振りきれるようになれば、相手にとっては打ちづらくなります。またグリップをギュッと握ると(誰ですか?アンタが握ってるのは別のものだろ?とか言ってるのは?)、ボールは飛びます。逆に緩~く握るとそこでボールの力を吸収しますんで、そんなに飛びません。

 これをやるには「ミニ・テニス」、カラオケボックスじゃなかったサービス・ボックスの中でラリーをする練習がありますが、これをフルスイングで出来たら大したもんです。ショートラリーの時に振りきって回転をかけながら、サービスライン内におさまるように打てるようになると、回転をかける感覚が養われます。得てしてアウトするのが怖くて、スイングが縮こまる方がいますが、この場合は逆にヘッド・スピード(スイング・スピード)を上げれば上げるほど、回転がかかってコートに入ります。(ただし、ボールの真後ろをモロに当てないようにしましょう。)ミーシャの必殺技、「ショートアングル・ショット」、ボールの外側をこすってネットを超えた後に急速に落ちて、外へ逃げるショットですが、この練習をやると、打てるようになります。ただし、フォアハンドの方がやりやすくなります。ボールの外側をこするため、外から巻き込むような打ち方になります。フォアハンドの場合はそのまま巻いたらいいのですが、バックハンドの場合は両手打ちの方の方が打ちやすくなります。(左手のフォアハンドというイメージのためです。) 

 という事で今日のお話はここまで。今日からちょっと短い「夏休み」です。その一つ目は「お墓参り」、コーヒー飲んで、朝ドラ見て、行ってきましょ。
(ほれ、ご先祖様にちゃ~んとお願いしといでや、ミーシャ。)
スポンサーサイト

雲の上のそば

 さて愛するタイガース、昨日は留さんが犠牲フライのサヨナラ勝ち、しかし、ベテラン頼みの現状は果たしてどうか?と思う中、ちょっと詰め込んでこのお話を書いている私。今日は金曜日、グルメのお話。3枠目の今週は「ご当地」、先日のニュース「錦織圭、今シーズン残りを全休」から、こんなお話です。
(これ、昨日はちゃんとおうちに帰ったんかな、ミーシャ?)

pic20101004161059.jpg

 今月はこちら。錦織圭の出身地は島根県松江市ですが、俗に全国一の地味~な県のイメージがありますが、何の何の、神様がいる(出雲大社です。)、かつては三位一体の鉄壁だった(後でこのお話は解説します。)、製鉄は有名(安来に有名な製鉄所があります。)文字色など意外なイメージがあります。そこから「出雲そば」というお話をはぐってみましょ。(ちなみに「はぐる」とは出雲弁で「(ページを)めくる」という意味です。間違ってもスカートをはぐってはいけません。)

 日本三大そばの一つでもあるこのお蕎麦(ほかの二つはわんこそば、戸隠そば)ですが、蕎麦粉を作るときソバの実を皮ごと石臼で挽くためそばの色は濃く黒く見え、香りが強い。その始まりは江戸時代にはじまります。出雲地方の松江では野外でそばを食べるために、弁当のように重箱にそばを入れていました。この地方では当時重箱のことを割子と呼んでおり、形も四角いものが多かったといいます。しかし四角形だと隅が洗いにくく、衛生上良くないということから、今のような丸い形になったそうです。そして食べる直前に器の中にそばつゆを直接かけて食べていました。その当時の形式が、今に引き継がれています。

 また前述の「三位一体の鉄壁」というお話ですが、これは1980年代から90年代の島根県の政治を指しています。衆議院に竹下登(当時の首相、1924-2000)、参議院に青木幸雄(のちの参議院議員会長 1934-)、県知事が澄田信義(知事としては最長の5期20年在任です。1935-2009)、この三位一体は1986年に青木幸雄が参議院選挙に当選し、その翌年、竹下登と澄田信義がそれぞれ首相と県知事になったことから始まりました。しかしその20年後の2007年、2000年の竹下の死去に始まって、保守王国の崩壊は続き、2007年の参議院選挙の惨敗、澄田の県知事退任という事で、三位一体は崩壊してしまいました。

 という事で今日のお話はここまで。なかなか書く間がないわけですが、なんとか時間を見つけて書いています。お部屋のこぐまちゃんたちも昨日はお風呂に入ったとか言ってましたが、夏休みもあと少しです。今日も1日、頑張りましょ。
(これ、ミーシャ。あんまし無理したらいかんよ。)

桜とデイジー

 さて例の議員秘書の掛け持ち騒ぎ、これはどう考えても当の本人が釈明しないと収まりがつかないような気もする中、昨日は京都、五山の送り火をテレビで見ていた私。今日は木曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「サーキット」、今日はこんなお話です。
(これ、静かに見とったの、ミーシャ?)

Misano_World_Circuit_Marco_Simoncelli.jpg

2012MotoGP_rd13_Misano_CI_convert_20170813163401.jpg

 今月はこちら。イタリア、ミサノにある「ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ」(Misano World Circuit Marco Simoncelli)というサーキットです。イタリア東海岸、アドリア海沿岸のミサノという町にあります。2007年より、ロードレース世界選手権(MotoGP)の一戦であるサンマリノ・グランプリを毎年の9月に開催しています。(4輪のサンマリノ・グランプリはここから150kmほど内陸に入ったイモラで2006年まで行われていました。)全長4064m、高速コーナーが設置された前半セクションとテクニカルな後半セクションからなるコースで、どちらの特性にも対応できるセッティングとライディング技術が求められます。海風の影響で絶えず変化する路面コンディションも特徴です。

 1970年から1972年にかけて建設され、同年開業しました。ただし、当時は「左回り」(時計と逆向き、有名どころではイモラ(イタリア)、インテルラゴス(ブラジル)などがあります。)のコースでした。初期の距離は 3488mであり、小さなオープンピットエリアしかありませんでした。この距離の時代、1985年から87年までにサンマリノグランプリを開催しています。1993年に初めての改修が行われ、距離は 4060mまで延長されました。この改修により新しいロングコースと古いショートコースが使用できるようになり、新たな施設およびピットガレージが建設されました。しかし、回収後のこけら落としとなったイタリア・グランプリではディフェンディングチャンピオンのウェイン・レイニーが転倒して背骨を骨折、そのキャリアを終えることになってしまいました。1996年から2001年にかけてピットおよびスタンドが増設され、全ての施設がさらに改良されました。2004年にサーキットへのアクセス道が新設されましたが、2003年に鈴鹿で事故死した加藤大治郎を追悼して、「加藤大治郎通り」(Viale Daijiro Kato) の名が付けられています。2006年には2度目の改修が行われ、この際に現在の右回りになりました。また、マルコ・シモンチェリとは人名で2011年10月にマレーシア、セパンでレース中に事故死した元250㏄クラスの世界チャンピオンです。2011年11月、現在のサーキット名になりました。

 ということで今日のお話はここまで。今日はおうちに帰る日です。たまりにたまったものが気になるところですが、ちょっと楽しみにしてましょという次第です。
(これ、ドア開けたら爆発するから、開けるのは慎重にね、ミーシャ。)

猫とタコ

 さて昨日はお仕事、雨の降る前に決着はついたので、やれやれの中、その裏で高校野球は中止。この日は「黙とうの日」だったのですが、それがないというちょっと異例の中、このお話を書いている私。今日は水曜日、映画のお話。3枠目の今週は「ボンド」、先月末に一部マスコミが「25作目のボンド「007 シャッターハンド(仮題)」は2019年に公開され、その主演はダニエル・クレイグである。」と報じられましたが、今日はそのボンドに登場するこんな方のお話です。
(これ、アンタも出られへんかって、残念やったね~、ミーシャ。)

blofeld.png

 ボンドの宿敵、スペクター(SPECTRE, SPecial Executive for Counter-intelligence, Terrorism, Revenge and Extortion、「対敵情報、テロ、復讐、強要のための特別機関」、間違っても外人芸能リポーターのことではありません。)、直近の作品「スペクター」にも出ていましたが、ここの首領に(決して「偉大なる」とかいう枕営業じゃなかった枕詞はついていません。)「エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド(Ernst Stavro Blofeld)」という人物がいます。

 この「スペクター」という組織は、東西冷戦下でありながら取引相手を「西側」や「東側」と区別せず公平に接し、犯罪をビジネスとして捉えています。spectreには「幽霊」という意味もある通り、幹部たちはお互いを番号で呼び合い(第2作「ロシアより愛をこめて」など)、そして構成員がタコのシンボルマークを模した指輪をつけていること以外はすべてが謎に包まれています。最初は顔のわからないペルシャ猫を飼っている謎の人物として声と体の一部分だけが登場しました。その後、ボンドは徐々にスペクターを追い詰め、ついに第5作「007は二度死ぬ」でブロフェルドの顔が明らかになります。髪型はスキンヘッド、顔の右側に大きな傷跡があり、威圧的なギョロ目を持つその姿は衝撃的でしたが、さらに驚いたのは彼が次のシリーズに現れた際はまったくの別人として登場したことです。(ブロフェルドは常に整形を繰り返し、影武者がたくさんいるという原作設定によります。)

 そして第6作「女王陛下の007」のラストでボンドの妻となったトレーシーを殺すが、次の第7作「ダイヤモンドは永遠に」ではついに最期を迎えます。ただし「ダイヤモンドは永遠に」ではっきりとは死が描写されておらず、最後の出演になった第12作「ユア・アイズ・オンリー」では人物がブロフェルドだとは明言されていないので、ブロフェルドが死んだという確証はありません。(この作品で、ボンドはこの男の乗った車いすをヘリコプターの足で引っ掛け、煙突の中へ落とすというくだりが出てきます。)

 そして第24作「スペクター」では大幅に設定を変えて登場します。本名はフランツ・オーベルハウザー(Franz Oberhauser)といい、彼の父ハンスは両親を亡くした幼少期のボンド(第23作「スカイフォール」にて)の後見人であり、ブロフェルトとボンドは血はつながってはいないが実質的な兄弟の関係にありました。父ハンスがボンドに愛情を注ぐことに嫉妬し、雪崩を起こして殺害。自らも死を偽装して行方を眩まします。以後、母方の血統より名前を拝借し、エルンスト・スタヴロ・ブロフェルドという新しい名前で組織スペクターを設立しました。この作品において「007 カジノ・ロワイヤル」「007 慰めの報酬」「007 スカイフォール」における出来事すべてにスペクターが関わっていたことが明かされています。

 ということで今日のお話はここまで。雨は上がったのですが、今日も1日、ドタバタとしそうです。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)

お山のお休み

 このお話を読んでもらっているお兄さん、お姉さんのみなさん、おはようございます。ボク、久々のブランコです。今日はボクたちのお休みのお話を書きます。
(おや、ブランコ、泣き虫さんのアンタが今日は書くんやね、どんなお話かな?)

 ボクたちは「山の日」の金よう日、ミーシャといっしょに「静かな車」でみんなでこの山のおうちにやってきました。でも今年はミーシャも忙しいようで、電話の受話器は上がったまま。ボクたちはお部屋でお話していたんですが、いつもこの時期に来るお客さんが来るために、ボクたちはみんなでひなんすることになりました。

 そして昨日、ミーシャはさっさとお仕事を終わらせた後、おうちに帰ってきて、お外で何やら、お食事です。そこでおばさんがまたいい年して、花火をやっています。ミーシャがボクたちのひなん先に来て、「ごめんね。」といったとき、起きていたのはボクとモンちゃんだけでした。

 今度の木よう日、ボクたちはミーシャといっしょにおうちに帰ります。ミーシャも大変なんですけど、みなさんもこのお話を読んであげてください。
(これ、ブランコ。ミーシャがアンタのことをす~ごい気にしとったよ。また今度もみんなでそろっておいでね。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム