FC2ブログ

50年続くもの

 さて「タマネギ女」に「偽装射殺」、さらには「都構想」と周りは色々語っているテレビを尻目に、今日も真面目にお仕事してきた私。今日は火曜日、映画のお話。「番外」の今週は「50年」というところから、こんなお話を語ってみましょ。
(これ、ま~た無理やり感がありありなんですけど~、ミーシャ。)

 50年続くテレビ番組、今日日はそうそうないものです。今年、2020年に放送開始50周年を迎えたものに「NHK のど自慢」という番組があります。また来年には私が最も出てみたいテレビ番組「新婚さんいらっしゃい!」も50年になります。そこでこの1970年に始まったテレビ番組にはこんなものがあります。

(1)大岡越前(TBS系列)   1999年まで続く、裏の「ナショナル劇場」枠のド定番、「水戸黄門」の合間で放送されていました。
(2)のど自慢(NHK)      今も続いています。日曜日のお昼のド定番、ここから「新婚さんいらっしゃい!」を見て「アタック25」を見るわけです。
(3)どっきりカメラ(NNN系列) バラエティのド定番、思いっきりビビらせといて、最後に「実は…」とやるオチは今でも使われています。(賭けマージャンで警察の御厄介になった元プロ野球選手が「どっきりカメラだと思った」と言って話題になりましたね。)
(4)遠くへ行きたい(NNN系列) 今も続いています。国鉄(日本国有鉄道 現JR)が提供している、日曜日の朝は「ちょっと旅した気分にでもなりましょか」ということでよくある紀行番組です。ミーシャの場合は「皇室アルバム」「ゲンキの時間」「がっちりマンデー!!」「関口宏のサンデーモーニング」という新・ゴールデンパターンのため、ほとんど見ていません。(ちなみに、旧・ゴールデンパターンとは土曜日のゴールデンタイム、「料理天国」「ニュース」「マンガ日本昔ばなし」「クイズダービー」「8時だヨ!全員集合!」「Gメン’75」と続くパターンです。)

 ということで今日のお話はここまで。まぁ最近の流れでほとんどがなくなりましたが、その中でも続いているのは「のど自慢」「遠くへ行きたい」と定番ネタが残るわけです。そんな中、このお話も「長~いこと続くといいな」と思う次第です。
(こら、アンタの話が長いこと続いてもうとってやったら、世間はえらい事になるんやわ、「害毒垂れ流し」の状態やのに、どないかしようという気はないの、ミーシャ?)
スポンサーサイト



50m

 さて今日も激込みの道をハイエースで大爆走、先週の金曜日から続く「泥沼」の中、昨日のドラマで「アリが羽をどこかに持っていこうとしている」ことに、「将軍になるべきか」云々というくだりが「何やら私と似てますね。」と思う「麒麟な」私。(何のことかわかった方は、昨日の大河ドラマを見てましたね。)今日は月曜日、プールのお話。「番外」の今週は「50」という数字からこんなお話です。
(これ、アンタもえらい文化的なことを言うとってやないの、ミーシャ。)

 元々、スイミングスクールの発祥については以前に書いたことがありますが、1965年(昭和40年)に東京、代々木にできた「代々木スイミング」が最初です。そして今から50年前の1970年(昭和45年)ごろには現在のような形、ガラス張りでサウナなどを備えた近代的なスイミングスクールが増え始めました。(ちなみにミーシャと現在縁の深い「履正社」はこの年にできました。)

 ただ、ほとんどの所は25mプールです。50mプールを持っているところ(そしてそれを普段から使っているところ)は日本でもそう数えるところくらいしかありません。私の知る限り「東京スイミングセンター」(東京都豊島区)くらいなものです。でも50mプールを横に使って(縦50m、横25mでプールを組んでいます。)普段の授業をやっているため、ホントに50mプールで泳いだことのある方はそうそういないはずです。

 またこれも以前に書いたことがありますが、25mプールと50mプールを比較すると「同じ距離をやった場合、25mプールの方がタイムは速い」ことが知られています。これは折り返しで壁を蹴る回数が増えるため、その蹴る回数が増える分、楽できるためです。(100mの場合、50mプールでは1回ですが、25mプールでは3回になります。これって結構大きいんですな。)

 ということで今日のお話はここまで。ちょっと無理やりな部分はありますが、今日はゆっくり休みましょ。
(ほれ、アンタは文章を書いとる量はあるから、そこから後は切った貼ったして無理やりつなぎ合わせてドンとかいうことができるからね~、ミーシャ。)

50年の博覧会

 さてビックリ仰天のお話が天から降ってきたことで、それを受けるも、断るもちょっと難儀な中、さて、どうしよう?とお悩みの「迷える子羊」の私。今日は日曜日、ミニカーのお話。今週は「番外」ということで、こんなお話です。
(これ、「迷える子羊」ってどこにおってか?アンタが「人生を迷走しとる」のは世間様はみな知っとってなんよ、ミーシャ。)

 今から50年前、1970年(昭和45年)、世は大阪万博(5年後に埋め立て地でやるものではありませんよ。顔の怖~い塔があったやつですよ、「社会科の教科書でしか見たことない!」とかいうこのお話を読んでいただいている「平成」生まれの皆さん。)、よど号ハイジャック事件、天六ガス爆発事故などがあり、世に出たものは歩行者天国、マンダム(整髪料)、炊飯器(タイガーの「炊き立て」です。)、ほんだし(味の素)、ジョア(ヤクルト)、車ではジムニー(スズキ)、セリカ(トヨタ)などが出ました。そしてこの年、日本でのミニカーとしては「始まり」ともいえる「トミカ」が生まれた年です。

 そのトミカ、年に何度か全国各地で「トミカ博」なるイベントをやっています。ただいま、大阪、「天下無敵の遊園地」ひらかたパークでやってますが、今日はこのお話を書いてみましょ。

 始まったのは比較的最近の2000年、誕生30周年記念ということで始まったわけです。主催は地元の放送局が担当しており(関西地区では毎日放送(TBS系列 今から今晩の半沢が気になってソワソワしてはいけませんよ。)です。)、タカラトミーは特別協力の形を取っています。毎年、ゴールデンウィークに開催される大阪で展示テーマが一新され(トミカの一部は8月に開催される東京(横浜)で新作が発売)、以降夏の東京(2015年以降は横浜)・安比高原、冬の名古屋・札幌が定期的に開催されるほか、それ以外の都市でも不定期に開催されます。会場はこんな所で…。

横浜     パシフィコ横浜(東京時分は幕張メッセ) 毎年8月下旬
大阪     ATCホール(インテックス大阪)   毎年5月
安比高原  安比プラザ  毎年8月上旬
名古屋   吹上ホール  毎年12月
札幌     アクセスサッポロ    毎年1月

 会場の構成は大きく分けて、展示ゾーン、アトラクションゾーン、ショッピングゾーンの3つに分けられています。展示ゾーンでは、テーマに沿った巨大レイアウトや過去発売された数百台~数千台のトミカやテーマに沿った実車が展示されています。アトラクションゾーンでは、トミカに因んだゲームコーナーや乗り物アトラクション、トミカをその場で作る「組立工場」や「ミニミニドライバー工房」が設置されています。

 でも、おじさんたちはそんな展示はテキトーに流して、行くのは「ショッピング・ゾーン」、ここでお小遣いを貯めてやっとの思いで来た子供たち(入場料は大人1000円、子供800円です。結構高い目な気も…。)を尻目に、コ×トコばりにカートに詰めて「爆買い」するわけです。そしてその後は10トン車に乗って(そんなことはありません。駐車場の問題で無理です。)、転売する(決して全ての方がそうではありません。)わけです。

 ということで今日のお話はここまで。今週は「50年」というところで書いてみましょ。
(これ、やたらと( )が多いからごっつい読みにくいんやわ、ミーシャ。)

皮むき

 さて昨日は「豪雨」のお仕事、給料日の週末の雨降りのラストは「プレミアム・フライデー」(もはや「死語」ですな。)とラジオの交通情報を聴いていると「どこそこで横転事故で渋滞何キロ」とか連チャンでやらかしている(ちなみにこの場合、「3時間以上、高速道路を通行止めにした/電車の運行を止めた」の場合、やらかした運送事業者は30日以内に国土交通省に報告する義務があります。また横転とありますが、動作方向に対して左右35度以上傾いた場合は「転覆」事故扱いになり、50cm以上落下した場合は「転落」事故扱いになります。けっして飲酒のオートバイに追突されてはいけません。)のを聞いて、「今日の業務運行ってうまい事終わったんかな?」と思った「泥沼」の私。今日は土曜日、グルメのお話。4枠目の今週は「食べること」、今日はこんなお話です。
(ほれ、ま~た長い入りできたもんやね~、ミーシャ。)

 バナナ、リンゴ、ミカン、(決してしりとりでも「フルーツバスケット」でもありません。)ジャガイモ、サトイモなどなど、さてこの5つ、食べる時は何をやりますか?

ここで下手なボケを入れるにはネタがないんで、一気に答えを言うと「皮をむく」ですね。一部、リンゴなどは皮をむかずにという例もありますが、一般的には皮をむきます。とはいえ、その方法は様々です。

(1)手を使います。
バナナ、ミカンなどはこれです。そのため、お手軽に食べることができます。(そのため、ミーシャのおうちの冷蔵庫にも入っていますが、最近バナナはちょっと高くなりました。)

(2)刃物を使います。
リンゴ、梨、ジャガイモ、サトイモなどはこれですね。ただし、皮を薄くむくもの(リンゴ、柿など)と、厚くむくもの(芋類)があります。でもどちらも刃物を使いますんで、扱いには注意しましょう。

(3)へらなどを使います。
皮というにはちょっと無理がありますが、「牡蠣」などの貝類がこれになります。これもちょっとコツがいります。

 ちなみにミーシャは刃物を持つと「目つきが変わる」と言われています。(誰ですか?人様殺めてるんだろ?とか言ってるのは?)一度貰い物のリンゴを社食の調理場で皮をむいて食べようとしたときに、調理のおばちゃんに包丁を借りて剥きはじめたのですが、この時に「完全に料理人の目だ!」と言われてことがあります。

ということで今日のお話はここまで。私も「一皮むける」お話が出てきましたが、さてどうなる?という次第です。
(これ、そんなうまい事言うてんやないんよ、アンタはまだ「ぱおん」やないの、ミーシャ?)

超高速の9月

 さて怒りの出戻り生活も2日目、でも今日は木曜日のくせに何やら火曜日の感覚がする、「時計の狂った」私。そのせいかどうかはわからんのですが、電話に女子高生のようにジャラジャラ付けてる餃子のマスコットで小学生の男の子に声をかけられ、危うく「未成年者略取誘拐」になりかけた今日は木曜日、テニスのお話。4枠目の今週は「テニス・トーナメント」、今日はこんなお話にしましょ。
(これ、アンタは「時計が狂う」やなくて、「人生が狂ってる」んやないの、ま~たやらし~こと考えとったやろ?それにもうええ年してそんなジャラジャラと電話にぶら下げてんやないんよ、ミーシャ?)

b0298521_16234431.jpg

 この9月は男女とも極東、アジア地域での大会がメインになってきます。移動その他の負担軽減のために、2008年からこういう形になりましたが、今日はそこからこの時期に行われる予定の女子の大会「東レ・パン・パシフィック・オープン」というトーナメントがあります。WTAツアーの中でも比較的、規模の大きな大会になります。始まったのは1984年、前身となる大会は1973年より開催された日本初の女子プロテニスサーキット「東レ・シルックトーナメント」でした。最初の2回は年末(当時は4月に始まり翌年の3月に終わるフォーマットでした。)、その後9月後半、5月の連休と来て1989年からは1月末~2月初め、つまり。4大メジャーのオーストラリアの後に設定されました。真夏のオーストラリアから真冬の東京というかなり苛酷な移動、そして現在は有明コロシアムのハード・コートですが、当時は東京体育館に特設で造った(決して造る際に麦焼酎を5~6杯、ロックで飲んでハーレーで通勤してはいけません。)インドアコート、そしてそのコートは東レ「スパックターフ」と言われる超高速の人工芝コートでした。

 そんなこんなでも数々の事件簿はありまして…。
(1)次世代女王、日本でのお披露目
1986年、世界ランク3位のシュテフィ・グラフが日本へ初めてやってきました。来て早々に練習を始めたグラフ、あっさりシングルス、ダブルス共に優勝しています。

(2)黒塗りと色付き
1994年、前週のオーストラリアを圧勝したグラフ。この年からウィルソンのラケットを使い始めたのですが、オーストラリアではまだ黒塗りのものでした。しかしこの大会から正式にカラーリングの入ったものを使用、そして3度目の優勝を飾りました。

(3)過酷の果て
1997年、オーストラリアでまさかの4回戦負けを喫したグラフ、この時、身体はとてもじゃないが試合をやれる状態ではありませんでした。しかし無理して日本へ旅立った(この理由は「子供を迎えに行ったから」ではありません。)後、決勝までたどり着いたのですが、何となんとkその決勝を棄権する羽目になり、この2か月後に世界ランキング1位から転落することになります。

(4)お手玉事件
1999年、グラフのラスト・シーズン、ベスト8でヒンギスと当たったのですが、その際に膝のマッサージを受けることになります。その中断の間にヒンギスはなんとテニスボールを使ってお手玉(ジャグリング)をやる始末。でもこれでお手玉協会から表彰されました。

 今年はコロナの関係で中止になりました。また2014年以降は中国の台頭もあり、大会存続が危ぶまれたこともありました。とはいえ、この大会を楽しみという方も多く、そのヒンギスは最多の4度の優勝回数を持っています。

 ということで今日のお話はここまで。明日は金曜日ですが、ちょっと来週が異様に長く感じそうな気がします。 
(ほれ、それは「気のせい」やで、ミーシャ。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム